アンダー18&オーバー60 運転講習会開催!! byくるま検定協会&AJAJ

■18歳以下でも「運転」を知れば事故は減る

 2019年9月14日(土)、ロングウッドステーション(千葉県長柄町)にて、アンダー18歳向けおよびオーバー60歳向けの運転講習会「U-18運転予備校、O-60運転予備校」 が、くるまマイスター検定協会主催のもと、日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ) 協力にて開催された。

トヨタ、日産、ホンダ、マツダなど各メーカーが車両協力。確かに「18歳以下と60歳以上の方々に運転講習をする」ってイベント、すげえ重要だよなあ…

 会場にはトヨタ新型スープラ、ホンダNSX、日産フェアレディZ、マツダロードスター、スバルBRZなどのスポーツカーがずらり用意され、まずは一般公募された18歳以下の(もちろんまだ運転免許取得前の)若者たちがクローズドコースで講習開始。

 AJAJ所属のジャーナリストたちの指導のもと、安全運転とはどのようなものか、クルマを動かすとはどういう作業なのかを学んだ。

 講習内容は、まず座学でシートポジションやシートベルトの重要性、操作手順を学んだあと、実車講習。グッとブレーキを踏み込んだ状態でギアを「ドライブ」へ入れ、ブレーキを少しずつゆるめることでじりじりと前進する「アリさんブレーキ」体験や、時速30km程度でのオーバルコース走行など。

若者たちもだんだん積極的になってきて、動かし方を具体的にレクチャーされる時点では「早く動かしたい」とわくわくしている感じだった。未来が楽しみだ!

「いま、日本で運転免許を持っている人は約8000万人おりますが、歩行者の交通事故死者の約半分は免許を持たない人です。つまり、多くの交通事故被害者はクルマがどう動くのか、ドライバーは何を考えているかが分かっていない。それが分かっていれば、少しだけ事故を避けられる可能性が上がるんです。クルマの知識を持つことは、事故に遭わないためにも大切なんですね。」(AJAJ会長 菰田潔氏)

 開始当初はやや退屈気味だった若者たち(中高生)だったが、菰田会長の柔らかなトークと、実際に自分の手でクルマを動かせる体験に、大いに学ぶところがあったようで、帰るころには親御さんに「早く免許がとりたい」と話すシーンが見受けられた。

■高齢者が免許をとった頃と今では事情が違う!!

 続いて開催されたのは、オーバー60歳向けの運転講習会。こちらもまずは座学から。

「皆さんが免許をとるために教習所へ通っていた頃は、【ハンドルは10時10分の位置を握る】と教わったと思うんです。しかし今ではそうは教えていません。エアバッグが全車標準装備だからです。10時10分の位置で持っていると、エアバッグが開いた場合、手をケガします。現代のクルマを運転する場合、ハンドルは水平の位置を持ちましょう。2時45分の位置です。」(菰田氏)

制動距離は速度に2乗に比例して長くなってゆく。だからこそスピードの出しすぎは恐ろしいし、少しでも早く減速することが重要、ということを体感してもらう

「これはあくまで一例にすぎません。もうひとつ例を出せば、シートリフターについて、教わっていない方が多いのではないでしょうか。以前はそういう装置は一部の高級車にしか付いていませんでした。けれど今は多くのクルマについています。シートに座ったら、シートポジションを合わせるのに、シートスライド、ヘッドレスト位置、そしてシートリフターを調整して高さを合わせましょう。どう合わせるかというと、最も視界が開けるポジションに合わせるんです。」(菰田氏)

スズキ、ダイハツ、三菱などが最新の軽自動車を用意。高齢者も実際に最新装備を試すことで、「ドライバーからはこう見えているのか」、「こう使っているのか」と理解した。こういう一歩一歩が事故を減らす

 座学を終えると、こちらもクローズドコースで実車講習。オーバー60の場合は「自分のクルマ」でフルブレーキのテストが出来たり、またスズキスペーシアギア、ダイハツ新型タント、三菱eKワゴンなど最新の軽自動車を使って、バックモニターや最新の運転支援装置の体験なども実施。

 高齢者のペダル踏み間違え事故などが増加しているなか、こうした講習はますます意義深いものになっていくはず。

 次回の開催はまだ決まっていないそうだが、参加すれば間違いなく事故を起こす可能性は減ると確信した。高齢ドライバーは皆さん「自分だけは運転に自信があるから事故は起こさない」と思っているものだが、そこは「自信があるからこそ行くべきだ」と周囲が説得すべく、ぜひとも身近な高齢者に声をかけていただきたい。

自分のクルマでフルブレーキから制動距離を測る機会って滅多にない。これだけでも参加したドライバーは安全運転のスキルが向上したはず

■知識自慢のクルマ好きは「くるまマイスター検定」へ(申し込み~11/5まで)

 なお、今回の講習会を主催した「くるまマイスター検定」は、現在「第8回」の受検者を募集中(11月13日(火)と17日(日)の2回開催、参加申し込みは11月5日まで)。クルマ好きといったら、腕自慢だけでなく知識自慢も多いはず。そんな皆さんはぜひ受検してみてほしい。なお本企画担当は昨年1級を受けてすぱーんと落ちました。無念(今年リベンジ予定)。

■くるまマイスター検定公式サイト https://www.meister-kentei.jp/car/

講習会の会場には、第8回くるまマイスター検定開催記念プレゼントである、スズキ スイフトスポーツも実車展示された。若者たちも高齢者たちも実際に乗り込んで「これほしい」と賑わっていたいた。たしかに。本企画担当も欲しい

■<企画概要>
企画名:U-18運転予備校、O-60運転予備校
協賛:ジャパンスマートドライバー
協力:AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)
自動車協力:トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、本田技研工業株式会社、マツダ株式会社、株式会社SUBARU、スズキ株式会社、ダイハツ工業株式会社、三菱自動車工業株式会社
<日程・会場>
・千葉県長生郡長柄町山之郷67-1(ロングウッドステーション)
・参加費:無料
・9月14日(土)
▼U-18運転予備校
9時20分:受付
9時30分:レクチャー開始
10時30分:実技
12時00分:撮影・修了式
12時30分:終了
▼O-60運転予備校
13時20分:受付
13時30分:レクチャー開始
14時30分:実技
16時00分:撮影・修了式
16時30分:終了

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ