なぜ、いい音の国産車は生まれないのか?


 クォォォ〜ン♪ という甲高いエキゾーストノートやブゥォォ〜ン♪ という地響きのようなターボサウンド。

 好みは違えどクルマ好きはその音に魅了されるものです。が、最近の、特に国産車では「いい音って聞かないよな」という声がチラホラ。なぜいい音のクルマが難しいのか、その理由を音作りの現場から探っていきましょう。

 文:ベストカー編集部
ベストカー2015年6月26日号


音量規制が、いい音作りを妨げているのか?

 いい音にも好みがあるけど、そうはいっても多くのクルマ好きが、スーパーカーの甲高いサウンドに「うぉぉ!! これだ!!」と、思うのもまた真なり。

 同時に「国産車じゃなかなかこの音はありませんね、なんでなの?」という疑問が生まれるわけだ。

 そこでまずは、日産やスバルなどにも純正オプションのマフラーを供給し、アフターマーケットで絶大な人気を誇るフジツボにその疑問をぶつけてみた。

 「たしかにレーシングカーのような甲高い音は『いい音』という評価が多いかもしれません。しかし、仮に音量の部分だけを日本の規制に当てはめたとすると、大幅にNGとなります」とのこと。

9000rpmの高回転で最高出力を発生する458イタリアのV8サウンドだって日本でも販売できるんです

 やっぱりというべきか第一の問題は規制なのか? 

 日本国内で販売するクルマのマフラー音量は、道路運送車両法のなかで決められていて、そのうち新車登録時だけでなく、車検時にもチェックされるのが「近接排気騒音」と呼ばれるもの。

 規制値も年々厳しくなっているほか、平成15年から規制値以上のクルマで走った場合、罰金刑・懲役刑を適用するなど、相当風当たりも厳しくなっている。

 さらに某新車装着向けマフラーメーカー開発者A氏は「実際、メーカー内ではその規制値よりさらに安全マージンをとった厳しい社内基準値を設けています」と、内情を教えてくれた。

 たしかに「大きい音=いい音」という単純な話ではない。

 が、国内マフラーメーカー大手のHKSに聞くと「あくまで保安基準内の話ですが、快感には音色だけでなく、ある程度の音の大きさも必要であると考えます」というように、ある程度の音量もいい音の重要な条件である。

 F1の1.6L、V6ターボのエンジン音だって、それまでの2.4L、V8に比べ猛烈に静かになり、「掃除機のよう」と大不評を買っている。

 そう考えると、じゃあ日本でも売られているスーパーカーたちの音ってなんでOKなの? となる。派手な排気音のイタリア系のスーパーカーたちは、日本で売られる以上きちんと規制をパスしている。

 加えて欧州にもECE規定やEU指令などがあり、それに適合しないクルマは販売できない。欧州での規制値が日本に比べて緩いのか? といえば、日本の規制値は「国際基準の調和」という方針で欧州と大差ないので、その答えはノーだ。

 そこで振り返って、日本の規制値の測定方法の話。細かい部分はおいておいて要はこれ、一定の状況だけ基準値をクリアすればOKということなのだ。

原因は、規制よりも現在のトレンド

 一定の状況で、基準内に収めればOKなら、「もっと音量が出る、“いい音”な国産車」が出てきてもおかしくないはず。

 ここで問題になるのが、お国柄なのだ。といっても「イタリア人は官能的な音が好きだけど、日本人は音に無頓着」とかそういう話ではない。

 「日本では近年、省エネルギー化が注目され、低燃費車を推奨する傾向にあるため(音が比較的大きく、いいサウンドを求める)需要や供給が少ないのではないかと感じます」とはフジツボの回答。

 前出のA氏いわく「今のマフラー開発は、静音&燃費がトレンドです。実際、いくら『いい音です』と言ったって、試乗して音がうるさいと思われたら、そのクルマは買わないお客さんが多いですから」というのが日本の実情というわけ。

次ページは : 音に対する需要にはそれぞれのお国柄がある!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ