「アンダー300万円」で買える!! 国産MT車コレクション

「アンダー300万円」で買える!! 国産MT車コレクション

DCTの登場で変速機もかなり進化を遂げたと感じる今日。それでも3ペダルが最高に面白い!! という方も多いだろう。そこで今回WEBベストカー では、いま新車で買える車両価格アンダー300万円のおすすめMT車を集めてみた。「90年代…、あの頃は5ナンバーのマニュアルが多くてよかったのに なぁ……」で止まっているのはもったいない!! 現行で楽しめるクルマたちを見ていこう。

文:WEBベストカー編集部/写真:奥隅圭之、トヨタ、マツダ、ホンダ、スズキ



オーバー250万円クラス


今回のセレクションでもっとも高価なクラスがこの「オーバー250万円クラス」。250万円以上、300万円以下という枠組みでセレクションを行ってみた。 ここまで出すなら中古のネオクラシックな1990年代スポーツも買えるが、そこはあくまでも現行車というくくりで見ていただきたい。

■やっぱり86&BRZはかかせない
トヨタとスバルのFRスポーツといえば86&BRZ。この2台はカスタムパーツも豊富だし、やはりマイナーチェンジでかなり質感もアップしたから素直におすすめできるクルマ。2Lの水平対向エンジンを6MTで操るのは最高に楽しい。

担当のおすすめオプションはザックスダンパー(5万4000円)。もちろん車高調を入れる選択もアリだが、「20万円も出すほどでもない」、もしくは「そこまで頻繁に減衰力を調整しない」というユーザーにはこのザックスはかなりおすすめ。86の中間グレードのGTは298万1880円(BRZはRAレーシン グが同額)。300万円ポッキリとはいかないが、スポーツ走行の教材としては最高の1台だろう。

■元祖"人馬一体"はテッパン!!
ロードスターはやはりその性格からしてもおおいに楽しめる1台。2シータ−という制約はあるにしても、ラゲージスペースは確保されているし、彼女や奥さんとの旅行にはなんの不満もでないはず。WEBベストカーがおすすめしたいのはNR-A。

ワンメイクレース用の車両でマツダコネクトのナビやサイドエアバックこそ装備できないが、それを補うだけの魅力があるのがビルシュタインダンパー。このダンパーの仕上がりはまさに"最高"のひと言で、街乗り、そしてサーキット走行でも違和感なく走ることができる。

昔の競技車両のイメージとは違ってエアコンもあるから市街地でも無理なく乗れる。本気でレースをするならロールケージも純正部品として購入可能だから、ドラテクを磨いた将来への展望も期待できる。価格は264万円。

次ページ:200万円〜250万円コース

200万円〜250万円コース


ミドルクラスとなるこの価格帯。ギリギリ200万円を切る価格帯のクルマも多いが、結局オプションであれこれ足すと200万円を超すグレードが多く、中間グレードをメインにセレクトしてみた。

■軽自動車に200万円の価値
S660といえばミドシップの軽自動車。しかし専用設計部品も多くその価格は上級グレードのαで218万円、ベースグレードのβでも198万円だ。この 20万円の差は走行性能には関係なく、塗色やインテリア配色の差になる。これは好みだが走りを楽しみたいならβを選んで、その20万円でカスタマイズする というのもあり。

今回はあえてαを選択してみる。というのも、このS660はカスタムする必要姓を感じないほど硬派であり、かなりガッチリ しているクルマだから最初からてんこ盛りのほうが、満足感も高いはず。タイヤはヨコハマのADVAN AD08R。500psものチューニングカーでも対応できるハイグリップのタイヤを、64psしかないS660が純正採用しているから、そのポテンシャル の高さは想像に難しくないだろう。

ハンドリングもクイックで楽しいが、いくつか難点を挙げるなら積載性だろうか。ラゲージスペースは皆無に等しく、ふたり乗りの旅行などにはあまり向かない。楽しく乗れるクルマだが、家族がいる場合はセカンドカーと考えるのが現実的だろう。

■ディーゼルエンジンをMTで操る
国産車で300万円以下で楽しめるディーゼルのMT車はマツダのデミオだけ。スポーツ的なイメージは少ないかもしれないが、そのハンドリングは欧州ハッチ バックと肩を並べるレベル。もちろん実用性だって高く、大人4人が無理なく乗ることができるし、燃費だってJC08モードで30.0km/Lと立派。

今回おすすめしたいのがデミオのなかでも最上級グレードとなるXDツーリング Lパッケージ。どうしてもMTとなるとカーボン調パーツやアルミ加飾で賑やかになりがちだが、こちらはホワイトレザーを使ったシックなインテリアで家族に も受け入れられやすいはず。さらにGトルクベクタリングも標準装備していて気持ちのいいドライブができる。価格は201万9600円。

■ホットハッチなら日産も黙っていない!?
30年ぶりの月間販売台数1位を獲得した日産。その主役がノートだ。販売台数の多くをe-POWERがまかなっているが、スポーツマインドをくすぐるクル マがあるのをお忘れないだろうか。ノート NISMO Sだ。e-POWER NISMOばかり目立ってしまっているが、ちゃんとガソリンエンジンの3ペダルも用意されている。

1.6Lの直4エンジンはNISMO専用 に味付けされ、ボディなどもオーテックの手によりNISMOの名に恥じない仕上がりになっている。価格は232万 8480円だが、専用タイヤのブリヂストンS007や、後からでは大変な手間のかかるボディ補強をメーカーが行っており、かなり本格的な仕上がりになって いる。実用性もあるから家族の理解も得られやすい!?

次ページ:安く買ってたくさん乗る、100万円台コース

100万円台で買う、お買い得MT車


100万円台となるとかなりお手頃感のある印象。たくさんとは言えないがそれなりにおもしろいクルマはある。地味ながら、操る楽しさにあふれる車種を紹介しよう。

■デミオの隠れグレード!?
デミオといえば先述したディーゼルエンジンが話題になるが、じつは1.5Lのガソリンエンジンを搭載する「15MB」とよばれるグレードが存在する。モータースポーツベースだが、ロードスターと同じ1.5Lエンジンを搭載する本格派。

カー テンエアバッグは付かないがGベクタリングコントロールは装備されており、走りに関しては足りない部分はないといってもいい。あとは好みに応じてホ イール、ブレーキパッドなどを交換すれば、その気になればサーキットだって走れる。お値段150万1200円とS660よりかなり安い。内装こそ質素だ が、走り倒すにはいいのかもしれない。

■営業ときどき走りに行く?
軽自動車界の走りのリーダーといえばアルトワークスだが、WEBベストカーとしておすすめはアルトバンだ。なんせこのアルトバンはとても軽くてたったの610kgしかない。そして5MTで49psを操る楽しさはたとえ営業バンとはいってもピカイチ。

簡 素すぎるシートと鉄ちんホイールは交換したいがそれも予算100万円もあれば問題なし。なんといっても車両価格は69万6900円だ。30万円もあればそ れなりに走るクルマに大変身するはず。ちなみにアルトワークスは670kgで価格は約150万円だから、80万円も差がある。ぜひその80万円でアルト ワークスをカモれるクルマに仕上げたい!!

■ミドシップ2シーターが99万円?
わずか99万円で買えるミドシップの5MT車がある。それがホンダアクティ。軽トラックと侮るなかれ!! MRのこの2シータ−スポーツはFFと4WDも選択可能。

お すすめは「ATTACK」という勇ましい4WDグレード。ウルトラローにウルトラリバース、そして後輪デフロックもできてしまう。ウルトラローなら歩くよ うなスピードで移動できるし、デフロックでぬかるみからの脱出もバッチリだ。しかも5MTしか設定がないという硬派っぷり。雪上での走り込みにもよし、ア ウトドアでの作業もよし。

MRがいいというこだわり派は「STD」というベースグレードを。こちらは79万円ながら5MTしか設定のない潔さ。塗色もタフホワイト一色だから迷わなくて済む。名入れサービスもあるから積極的に利用したい。