代官山 蔦屋書店が選ぶ 視覚で感じるクルマ本 (第1回)


 クルマ好きの「知の聖地」ともいえる代官山 蔦屋書店クルマ・バイクコーナー。

 同コーナーの名物コンシェルジュ清野龍太氏が、ベストカーWEBで定期的におすすめのクルマ本を紹介してくれることになった。

 その初回となる今回は「クルマの本」のイメージを大きく変えてくれるであろう、とっておきの5冊をお届けしよう。

 文:ベストカーWEB編集部/写真:西尾タクト


本をきっかけに「世界中のクルマ」に触れることができる

 どんなクルマ好きでも、世界中のあらゆるクルマにじかに触れることはできない。

 そこで助けになってくれるのが、“本”という存在だ。代官山 蔦屋書店には、クルマ好きの感性をビンビンに刺激してくれる”選りすぐりの本”をさらりと店頭に並べてしまう、クルマ・バイクコーナー専門のコンシェルジュがいる。

 その鋭い目利きで、売り場はクルマ好きの「知の聖地」ともいえる場所になっている。本コーナーでは、そんな達人が選ぶとっておきのクルマ本を紹介し、あらたな好奇心の扉を開くきっかけを提供したい。

 今回から本コーナーを担当してくれるのが、コンシェルジュの清野龍太(せいの・りゅうた)氏。大学卒業後にマーケティング・リサーチ関係で就職するものの、いつのまにか現職にあるという、かなりユニークな人物だ。

 当然クルマの知識はベストカー編集部員と比肩、いやそれ以上だろう。F1やグループA、WRCなどモータースポーツにも精通している。

 今回は“視覚”をテーマに文字よりも“視覚”で感じ取れるクルマ本をピックアップした。和書、洋書を問わずバリエーション豊かなクルマ本たちの世界にようこそ。

蔦屋書店

世界のオークション情報をこの1   で

 まず紹介したいのが『CLASSIC CAR AUCTION YEARBOOK 2015-2016』だ。

 簡単にいうと「オークションの落札リスト」である。ヨーロッパやアメリカで落札されたクルマたちの落札価格、落札会場などが記載されている。一見すると中古車店の関係者向きにも思えるのだが、読み解くほどに味わい深い1冊。

 「簡単に言えばエンスージアストの定番シリーズですかね。こちらはすでに売却済みのものですが、たとえば1989年式日産スカイラインGT-Rが、走行距離1.4万kmで8万2500ドルとあります。約1000万円。写真も豊富だしこういうのって肩肘張らず読めて面白いですよ」

 たしかにパラパラと見ているとフェラーリ335Sが42億円! で落札されているのを発見。

 見ているだけで飽きない1冊だ。もちろん高額落札車にはそのクルマのヒストリーなど詳しい解説があるから、数字以上のことも吸収できる。

CLASSIC CAR AUCTION YEARBOOK 2015-2016

 価格は税抜き1万1500円と高価だが年に1回のお楽しみ、12分割と考えると月々1000円で楽しめるデータブックとして収集の価値は十分にあるだろう。パラパラとめくりながら楽しむのがいい。

ヨーロッパやアメリカで落札されたクルマたちの落札価格、落札会場などが記載
写真とともにさまざまなデータも得られる。クルマの勉強にも実は最適な1冊

次ページは : レーシングカーのデザインだけを追求した1冊