祝・スカイライン60周年 この熱すぎる想いを聞いてくれ!


 2017年4月24日は日産・スカイラインの誕生60周年記念日。東京都港区の六本木ヒルズでは4月21日〜24日(11:00〜20:00/最終日のみ18:00まで)の日程で歴代全13モデルが展示されるイベントが開催。

 メイン写真は本イベントに先立つ4月20日、プレス向けの発表イベントで俳優、ミュージシャンの浅野忠信さんが登場し、自身のスカイラインに対する熱い思いを語った際のもの。

 そのイベントを取材した『ベストカー』本誌ウメキ(かつてのスカイラインオーナー)が、「ここはオレに語らせてくれ!」と当サイトへ長文を寄稿。

 その熱い想いを受け止める覚悟がある方だけぜひどうぞ。スカイライン汁がほとばしってます!

 文・写真:編集部ウメキ 日産自動車


日産のスカイライン担当開発者は大変だなぁ……と

 1957年4月24日に初代「ALSI」型スカイラインが世に出て60年を迎えた。還暦だ。

 現行型V37型でスカイラインは13代目となる。常々思っているのだが、歴代スカイラインの開発を担当する『日産の人』は大変だなぁ……と。

 何しろ日本史上ほかに類を見ないビッグネームだから、代を重ねるごとに「オレのスカイライン」像が多岐にわたり広がって行き、どんなスカイラインを作り上げても必ずや反発の声を受けなければならないからだ。

 いっぽう、その反発を畏れて無難な新型スカイラインを世に放とうものなら「新型スカイラインはつまらない」などと、これまた批判の対象になる。

 おそらく、どんなに素晴らしい“新型スカイライン”を作り上げても、絶対に批判の声がない、などということはあり得ない。歴史ある名車、スカイラインとはそういうクルマなのだ。

今さらですが、スカイラインの歴史をおさらい

 スカイラインといえば「GT=スカG」……というのが一般的なイメージだろう。

 その成り立ちはあまりにも有名すぎて、今さら説明するのも気恥ずかしいのだが、それは2代目、まだ日産と合併する以前のプリンス自動車工業時代のS50型スカイラインにグロリア用の直列6気筒、2Lエンジン(G7型)を搭載した『スカイラインGT』に端を発する。

 日本グランプリに出場するために100台を突貫作業で作り上げてホモロゲを取得した、というあの話だ。

 このときの100台が『スカイラインGT』であり、その後カタログモデルとして正式にラインアップに加わったのが3連ウェーバーキャブのハイパワー仕様『スカイライン2000GT-B』とシングルキャブの『スカイライン2000GT-A』だった。これが現代に続くスカGの歴史のスタートなのだ。

 ショートノーズの2代目S50型スカイライン。このスカイラインまで開発はプリンス自動車興業だ

 その後スカイラインは6気筒エンジン搭載モデルに「GT」という名称を与え、特別な存在の最上級スポーティモデルとして大切に育て上げられてきた。

 4代目C110型(ケンメリ)以降、スカGには丸形4連テールランプが与えられ、これが後々スカイラインのアイデンティティとなっていく。

 日産の開発に移行した3代目C10型、いわゆるハコスカにはステーションワゴン、4ナンバーのバンなども用意されていた

 だがしかし、真のスカイラインファンはスカイラインの真髄は4気筒エンジン搭載モデルにある!! 不肖ウメキはそう断言したいわけだ。

次ページは : スカイラインの真髄は4気筒にあり!!