ホンダ N-BOX 開発者が語る「発売5年後でも月2万台売れる」理由

ホンダ N-BOX 開発者が語る「発売5年後でも月2万台売れる」理由

N-BOXが売れ続けている。デビュー直後から高い支持を獲得したN-BOXは、2012-2013年度と軽自動車販売1位となり、 2014年度はダイハツ タントにトップを譲って2位になったものの、2015-2016年度とトップを奪還。

また、2017年3月単月でも登録車を含めたすべての車のなかで1位(2万6125台)となっており、新車時の勢いをそのまま持続している。


【図表】2017年3月新車販売台数TOP10

 正直、これほど売れ続けるとは想像できなかった。N-BOXの登場は2011年。販売を左右する燃費性能では後発のライバル、スズキ スペーシアやダイハツ タントが上回り、すでに発売開始から5年以上が経過している。にもかかわらずN-BOXは軽自動車トップセールスをいまだに記録し続けているのだ。

なぜ、N-BOXは売れ続けるのか? 開発責任者、そしてジャーナリストに訊いた。

文:編集部、鈴木直也/写真:HONDA、編集部


開発者が語る肝は3つの技術



N-BOXの開発責任者を務めた浅木泰昭氏(現・本田技術研究所執行役員)

N-BOXをはじめとするNシリーズは、ホンダが軽自動車から撤退するかどうかという時に、最後の砦として開発されたクルマです。

お客さん、特に女性のニーズを徹底的に掘り起こすとともに、競合他社が5年経ってもマネできない技術を搭載することを命題としました。

値引きで競合他社と争うのではなく、プライスレスの、お金に換えられない価値を技術で提供することを目標にしたのです。

結果的に発売から5年経ってもトップでいられるということは、その開発姿勢が正しかったということかもしれません。

プライスレスの価値を持つ技術は、大きく分けて3つあります。ひとつはホンダが得意とするセンタータンクレイアウト。フロアを低くできるので女性が脚の力を使ってひとりで自転車を積み込めます。

夜、母親が娘を駅まで迎えに行って、自転車と娘を一緒に連れて帰ることができる。他社のクルマもスペース的には自転車を積めるかもしれませんが、男性の腕力が必要なのです。

次は圧倒的なエンジンルームの短さ。軽自動車というかぎられた全長のなかではアクセルペダルの位置、つまりドライバーをどこに座らせるかが重要です。

N-BOXでは競合車よりもアクセルペダルを10cmほど前に置いていますので、それだけ後ろの空間も広いのです。小手先の数値ではなく本質的な広さを追求しているわけです。

もちろん、衝突時の安全性はいっさい犠牲にしていません。コンパクトなエンジンを新しく開発できたからこそできた広さです。


ホンダのお家芸、センタータンクレイアウトを採用し、上級セダン並みの後席空間を実現したN-BOX

次ページ:独創的なデザインを実現したのは“あるパーツ”


独創的なデザインを可能にした新しいミラーシステム
そして、3つめはデザイン。背の高い軽自動車は、どうしてもボディよりガラスの天地幅が広くなってしまいます。

その理由は通称「1mポール」という法規があって、これは要するに子どもに見立てたポールなのですが、クルマの前方と左側面に置かれたこのポールを運転席から見えるようにしなければなりません。そのためにガラスの天地幅が大きくなってしまい、かわいらしいデザインになってしまうのです。

そこで我々はAピラーの室内側に置く「ピタ駐ミラー」という新しいミラーシステムを開発しました。

その名のとおり死角を減らして駐車をしやすくするための装備ですが、同時に「1mポール」の法規をクリアするためのものでもあります。


ピタ駐ミラー。ミラーAは、ドアミラーの背面に付けたミラーとの合わせ鏡で、運転席から見えにくい左前輪の前方を映す。ミラーBは、運転席から見えにくい助手席側ドアの下あたりを映す

これを使うことで、N-BOXはガラスとボディの比率を黄金比にすることができ、男性にも女性にも違和感がなく、かわいすぎず、クールすぎない、普遍的なデザインにできたのです。

フェンダーなどに補助ミラーを付けるという方法もありますが、法規を満たしながら、安全性や使いやすさにこだわり、新たな技術を採用したことで誰からも受け入れられるデザインが生まれたのです。

独自の技術で潜在ニーズを掘り起こす


当然、この3つだけで成功するわけではなくて、そこはやはり、最初に言った女性のニーズを聞くこと、さらにその先にあるはずの潜在ニーズを考えることが重要です。

「送迎に使いやすいクルマ」という要望から、子どもと自転車を一緒に連れて帰れるよう、女性がひとりで楽に自転車を積みたいという潜在ニーズまで想像力を働かせ、考えに考え抜く。そして、ホンダのオリジナル技術でそれを実現できれば強い商品になるのです。

N-BOXの開発コンセプトをひと言で表現するなら「独自技術で潜在ニーズに応える」となります。成功の理由は、それがうまくできたということでしょうか。

(取材/文:編集部)


N-BOXの荷室は、自転車の積み降ろしのしやすさにも配慮されている

次ページ:評論家が指摘する開発姿勢にN-BOXバカ売れの秘訣あり!?


N-BOXが売れ続ける理由は作り手の全力投球な姿勢にあり
N-BOXの人気の秘密は、ぼくの見るところ、作り手側の全力投球ぶり、あるいは渾身の熱いクルマ作りみたいなものが、N-BOXを通してユーザーに伝わった結果ではないかと思ってる。

N-BOX以前、ホンダにおける軽自動車の重要度は明らかに低かった。最重要課題は北米市場、続いてそのほかの普通車、それから軽自動車という順番。

大きな投資ができないからエンジン・パワートレーンもライバルよりひと世代古く、生産も子会社の八千代工業に任されていた。

これでは、鎬を削る激しいシェア争いを繰り広げるスズキとダイハツのライバルたり得ない。国内市場における軽自動車の重要性が増すなかで、ホンダは危機感を強めていたわけだ。

しかし、こういう危機バネが働いた時のホンダは強い。

LPL(開発責任者)にセナ/プロ時代のターボF1エンジンに携わっていた浅木泰昭さんを引っ張ってきて、エンジン・パワートレーンはもちろんプラットフォームから一新。

商品ラインアップ面でもN-BOXを中心に多様なバリエーションを一気に展開。全社一丸となって反転攻勢に打って出たのだ。


N-BOXは発売後、N-BOX+や、写真のN-BOXスラッシュなど、積極的に派性モデルを拡充させた

N-BOXにホンダ復活の鍵あり


ぼくは、メーカーが“本気”を出せば、それは必ずユーザーに伝わると思っている。

ぞくぞく登場した新しいNシリーズは、ほかのどのホンダ車よりフレッシュでエネルギーに溢れているのがアリアリ。

ユーザーに「なんかよくわからないけど、このクルマすごくよくない?」と感じさせるメッセージ性とでも言いますか、そんな目に見えないオーラがあったからこそ、N-BOXはこれだけのロングセラーに育ったんじゃないかと思う。

最近のホンダはあまり明るいニュースがないけれど、N-BOXの衰えない人気ぶりに、たぶん復活のヒントが隠れているように思う。

(文:鈴木直也)

最新号

ベストカー最新号

早くも! 2019年 超大物スクープを捉えた!! ベストカー 2018年2月10日号

 ベストカー最新号(2/10号)が、1月10日に発売。今号は、間もなく開催する東京オートサロンの主役をどこよりも早く大公開! トヨタが繰り出すハイブリッドスーパースポーツを始め、いよいよ復活への...

カタログ