スーパー耐久って知っている? その魅力をあの人が語ります!!


【ポイント2】ハイレベルなドライバーたちの競演

 アマチュアドライバーたちが主役のスーパー耐久だが、実はそこにサポート役として参戦するプロドライバーたちの面々もかなり豪華だ。

 スーパ−GTで現役で活躍する選手や、ル・マンウィナーまで数多くのプロドライバーが参戦している。

 もちろんレースが始まれば真剣勝負なのだが、全体として「マッタリ」としているのがスーパー耐久の特長。あくまでアマチュアドライバーがメイン。その助っ人としてプロがいる、という構図はいまでも変わらないのだ。

 パドックパスを購入すれば、高い確率で有名選手がリラックスして歩いている様子を見ることができるだろう。サインや記念撮影だってお願いすれば気楽に応じてくれるはずだ。

 ピットウォークでもなぜかドライバーサイン会は空いていることも多い。ちなみに下写真の本山哲選手&安田裕信選手は、担当が一般のファンの方に混じって並んでピットウォークで撮影したもの。

 並んだ時間はたった2分ほど。この距離感の近さはファンなら嬉しいはず!!

本山選手と安田選手。スーパー耐久ではスーパーGTでタッグを組まないドライバーでも、タッグを組むこともある。こんな写真が撮れるのもスーパー耐久ならではだ

【ポイント3】バラエティー豊かな参加車両とクリーンなレース

 スーパー耐久マシンを見ていると市販車の面影が濃い。だから観ていても感情移入しやすかったり。「あの86のエアロかっこいいな〜」とか。

 またスーパー耐久はST-X、ST-Z、ST-TCR、ST-1〜5、という8クラス構成になっている。

 頂点のST-XはFIA GT3マシンのクラス。こちらは世界選手権にも出場できるマシンがワンサカ出場しており、ワークスチームはないものの、KONDOレーシングなどセミワークス的なチームもある。

 しかしST-4クラスは86/BRZをはじめ、インテグラタイプR(DC5)やS2000(AP1)といったちょいと懐かしいクルマまで、スポーツカー好きにはたまらないクラス。

 さらにST-5クラスはデミオやフィット、ヴィッツなどもっと身近なクルマたちが並ぶ。

 この参加車種の多さも醍醐味のひとつだ。とはいったものの、レース中はST-Xクラスとその他のクラスの速度差はかなり大きく、ラップタイムは軽く10〜20秒も差があるからかなり刺激的なレースになる。このごった煮感はスーパーGTなんて目じゃない!?

市販車の面影が濃いマークXの後方から、獰猛な雰囲気を感じるフェラーリ488GT3が迫る。こんな光景も日常茶飯事

FD2のタイプRだってまだまだ現役。ラップタイムだって遜色なし

次ページは : 黒澤琢弥選手が語る、スーパー耐久の魅力