【ジムニー、ノートe-POWER、S660ら登場!!】価格よりも価値が高い車 5選


 まずは本企画に登場するベスト5をお見せします!

1位:ホンダS660β 198万円(6速MT/CVT)
2位:スズキジムニーXC 162万5400円(4速AT)
3位:日産ノートe-POWER・X 195万9120円
4位:マツダデミオXDツーリング 198万7200円(6速MT/6速AT)
5位:スバルインプレッサスポーツ&G4・1.6i-Lアイサイト 192万2400円(CVT)

※当記事掲載写真は必ずしも本文中で指定したグレード、オプション装着の車両と一致するものではありません(車種、型式はもちろん同じものです)。ご注意ください

文:渡辺陽一郎 写真:池之平昌信、平野学、SUZUKI、MAZDA、SUBARU


■車の価格は20年前より1.4倍になっている!!

 最近は緊急自動ブレーキを作動できる安全装備が充実して、環境性能も向上したことなどにより、Kる馬の価格が以前よりも高くなった。

 1990年代の中盤には、ステップワゴンなど2Lエンジンを積んだミニバンの売れ筋価格帯が180〜200万円だったが、今は250〜280万円だ。クルマの価格は20年前の1.3〜1.4倍になった。

 安全装備の充実や環境性能の向上は大いに歓迎されるが、所得は増えていないどころか、逆に減っている。初代ステップワゴンが200万円前後で販売されていた1996年頃は、日本の給与所得者の平均年収は460万円前後だったが、今は約420万円だ。

 クルマの価格が1.4倍になって給与が1割減少では、買うクルマを小さくするしかない。いわゆるダウンサイジングの原因として、クルマ離れとかクルマの白物家電化を挙げることが多いが、本当の理由は車両価格の上昇と給与の減少にある。

 カッコ良くて楽しいクルマに乗りたいユーザーは今でも多いが、価格と給与のバランスがそれを許さないわけだ。

 そこで20年前のステップワゴンと同等の価格、つまり200万円未満で買える、それ以上の価値を備えたクルマを考えたい。これを見つけられれば、1.4倍の価格アップも怖くない。コスパなクルマの王道を探ろう。

 選ぶ時の基準は、突出した特徴があることだ。突出したクルマは類似商品が少なく、価格の相対評価が難しい。要はクラスレスの商品になり「このクルマには200万円以上の価値がある」と定義付けをしやすい。

■ホンダS660β 198万円(6速MT/CVT

ホンダS660

 1位はホンダS660で、βの価格は198万円(6速MT/CVT)だ。今の日本車で、エンジンをボディの中央(座席の後ろ側)に搭載する本格ミッドシップスポーツカーは、同じホンダのNSXと軽自動車のS660のみになる。この点だけでも200万円以上の価値があるだろう。

 そしてコーナーの多いサーキットや峠道では、価格が300万円に達する2Lクラスのスポーツカーを相手に、互角以上にバトルをすることも可能だ。つまりS660の価格は200万円以下でも、走りの価値は300万円に匹敵する。

次ページは : ■スズキジムニーXC 162万5400円(4速AT)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ