かつてスカイライン、マークIIに魅せられた“王道スポーツセダン好き”に勧めたい最新車4選

直列6気筒エンジンで神話を築いたスカイラインやツインターボ時代のマークIIに乗っていた人は、走りに強いこだわりを持っている。

2ドアクーペではなく「羊の皮を被った狼」的な高性能セダンに魅せられた人も少なくなかった。だが、今やスカイラインは大型化し、価格も400万円台に。マークIIも、マークXへと車名が変わり、現行型をもって生産終了するという噂もある。そこで、この手の20世紀のスポーツセダンに熱い思いを持っていたオーナーにオススメの最新車を、セダンだけにこだわらず4つの観点から選びたい。

文:片岡英明/写真:編集部、NISSAN、TOYOTA


『スポーツセダン』で選ぶならスバル WRX

ともに2Lの水平対向4気筒ターボエンジンを積むWRX S4(左)とWRX STI(右)。S4は直噴のFA20型(300ps/40.8kg)を積み、STIはEJ20型(308ps/43.0kgm)を積む

直列6気筒エンジンを積むスカイラインに乗っていた人が、食指を動かしているのがスバルのスポーツモデルだ。プリンスとスバルは中島飛行機つながりだから、いい落としどころなのである。

おすすめできるセダンの筆頭は、2014年夏にインプレッサから独立したスバルWRXシリーズだ。両車ともパワフルなDOHCターボエンジンを支配下に置くためにAWDシステムを採用し、痛快な走りを見せつける。

マニュアル派にはSTIを、イージードライブ派にはS4を設定した。最新のD型は走りのポテンシャルを大幅に高めている。サスペンションを見直し、自慢のハンドリングとスタビリティ能力に磨きをかけているのだ。

ブレーキもニュルブルクリンク24時間レースなど、モータースポーツでの経験を生かして設計されているから信頼性は群を抜いて高い。

WRX STIは、センターデフ構造のマルチモードDCCD(ドライバーズ・コントロール・センター・デフ)を採用しているが、最新モデルは全域を電子制御による差動制限機構に変更し、コントロールできる領域を広げた。

熟成の域に達した2LのEJ20型水平対向4気筒DOHCターボもパワフルだ。クロスレシオの6速MTも小気味よく決まる。

FA20型水平対向4気筒DOHC直噴ターボのDITを積むS4も満足できる実力の持ち主だ。これほどスポーティでなくても、という割り切り派にはS4と同じメカニズムのレヴォーグがおすすめ。スポーツワゴンとしても使える。S4とレヴォーグは、運転支援システムのアイサイトも標準装備だ。

『FRならではの操舵性』で選ぶならトヨタ86&スバルBRZ

2016年のマイナーチェンジでさらに走りが進化した86&BRZ。FRならではの素直なハンドリングは、かつてのスカイラインやマークIIにも通ずる魅力を持つ

BRZとトヨタ86も操る楽しみに満ちたスポーツクーペである。FRならではの軽快なハンドリングは大きな魅力だ。

また、最新のFA20型水平対向エンジンは、改良を行ってパンチ力を倍増した。レッドゾーンの7500回転まで軽やかに回る6速MTだけでなく、6速ATもいい仕上がりである。

『実用性と走りの質』で選ぶならBMW 1シリーズ

スカイラインやマークIIと同じセダンならBMW 3シリーズとなるが価格は400万円台。300万円台で買え、大人4人が乗れるFRという意味では1シリーズの魅力が光る

日本の車じゃ物足りない、という人には輸入車がいいだろう。適度なプライスで、気持ちいい走りを楽しめるのは、走りに対するこだわりが強いBMWだ。

輸入車のエントリーユーザーにも最適で、バリエーションも多い。ボトムに位置する1シリーズは、走りの質がすこぶる高い、長く付き合える1台だ。50対50に近い前後重量配分で、駆動方式は後輪駆動のFRだから意のままの走りを楽しめる。

118iは最廉価グレードだが、運転が楽しく、満足度は高い。1.5Lの3気筒ターボは痛快な加速を見せるし、ドライバビリティも良好だ。8速ATの採用と相まって操る楽しさは格別である。

この上に位置する118dは2Lのディーゼルターボを積む。こちらは3L級の分厚いトルクを生かし、刺激的な走りを楽しめる。次期モデルはFF車と噂されているから、今が最後のチャンスだ。

『新しい技術と走りの新鮮さ』で選ぶなら日産 ノートe-POWER

ノートe-POWERのスポーツバージョン『NISMO』。専用チューニングコンピュータ、サスペンションなどを装備し、価格も246万4560円とリーズナブル。セダンでもFRでもないが、スカイラインが持つ“新しい技術”のイメージには共通するものがある

ちょっと毛色の違う選択が、ノートに加わった新しいパワートレーンのe-POWERだ。ワンペダルドライブを売りにするが、これは実際に運転してみると面白い。

e-POWERはエンジンを使って発電を行い、その電力を利用してモーターの力で走り出す。

モータードライブならではの力強いレスポンスと鋭い瞬発力が特徴で、気持ちいい加速を誰にでも引き出せる。アクセルを踏み込んだとき、クルマがスッと前に出る、力強い加速フィールが心地よい。

ノートは大人4人が無理なく座ることができ、ラゲッジルームも満足できる広さである。上級クラスから乗り換えるとインテリアの質感は今一歩だ。が、NISMOならスポーティなルックスだし、質感もちょっとだけアップしている。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ