「投げ出すつもりはない」スバル社長交代で明かした敏腕経営者の胸の内

「投げ出すつもりはない」スバル社長交代で明かした敏腕経営者の胸の内

 2018年3月2日、一枚のFAXが編集部に届きました。

「役員人事に関する記者会見について」そう題されたニュースリリースは、昨年発覚した完成検査問題等を受けて、スバルの代表取締役社長、吉永泰之社長が退任することを示していました。

 本稿では社長退任(正式には今年6月の株主総会後)会見のもようと、質疑応答の一部をお届けします。

文:ベストカーWeb編集部


■グローバルの生産台数を1.5倍以上に押し上げた

 今後、スバルの長い歴史を振り返るとき、吉永泰之社長の名前は「中興の祖」と記録されることは想像に難くない。

 なにしろ2011年6月の就任から7年間で、

◎軽自動車の生産終了(2012年2月)
◎トヨタとの共同開発車BZR/86ラインオフ(2012年3月)
◎スバル初のハイブリッド車「XVハイブリッド」発売(2013年3月)
◎本社を新宿から渋谷区恵比寿へ移転(2014年8月)
◎次世代プラットフォーム「スバル・グローバル・プラットフォーム」公開(2016年3月)
◎アメリカSIAでカムリ受託生産を終了しインプレッサを生産へ(トヨタとの提携内容を「生産」から「商品」・「技術」へ)(2016年5〜11月)
◎年間世界生産台数100万台突破(2010年は約65万1000台、2016年は102万5000台に)(2016年12月)
◎社名変更(「富士重工」→「スバル」へ)(2017年4月)

 上記のことを成し遂げている(吉永氏の社長就任前に進んでいたプロジェクトが多いが、吉永氏は戦略本部および経営企画部出身のため、自身が手がけたプロジェクトがほとんど)。

 なかでも世界生産台数を約1.5倍以上に押し上げた功績は大きく、スバルの年間売上高は(2017年3月期時点で)5期連続過去最高を記録し続けている。

 その吉永社長を含む経営トップ4名が、2018年6月の株主総会をもっていっせいに退任する。新社長に就任するのは、現在専務執行役員で海外第一営業本部長兼スバル・オブ・アメリカ会長の中村知美氏。

 1959年5月生まれ、慶應義塾大学卒業後、1982年に富士重工入社、国内営業本部から経営企画部をへてグローバルマーケティング本部、海外営業本部で活躍。趣味は(「これは、広報からあまり言わないでくれと言われてるんですが」と注釈を入れつつ)「競馬」とのこと。

今年6月の取締役会でスバルの新社長となる中村知美氏。犬好きだそうです(好感度アップ)
今年6月の取締役会でスバルの新社長となる中村知美氏。犬好きだそうです(好感度アップ)

次ページは : ■「急激に伸びた売上に経営資源が追いついていない」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ