世界ではヴィッツよりヤリスが有名!? 車名に込められた深い想い

 車に付けられている“名前”。輸入車メーカーでは、ベンツ“C”クラスやBMW“3”シリーズというように、アルファベットや数字で車名を分類するケースが多いいっぽう、日本車は“カローラ”、“クラウン”と、各車に独自の車名が与えられることが多い。なかには同じ車でも、日本での車名と海外での車名を変えている場合もある。なぜ、わざわざ車名を変えるのか? 

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA、HONDA、MAZDA


日本名と海外名どちらが“メジャー”?

ホンダ フィットは、欧州などの地域で「ジャズ」の車名で販売されている
ホンダ フィットは、欧州などの地域で「ジャズ」の車名で販売されている

 日本向けと異なる車名が付けられ、同じ車種が海外で売られていることをご存じの方も多いだろう。

 例えば、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」もその一つ。海外では「ヤリス」の車名で売られ、世界ラリー選手権(WRC)にも、ヤリスの車名を使ってエントリーしている。

 トヨタのほかにも、ホンダやマツダなど数多くの国産メーカーで、仕向け地によって車名を変えているモデルが存在する。

■国・地域により車名が異なる主な日本車

(日本向け車名/海外向け車名)

・トヨタ ヴィッツ/ヤリス
・トヨタ アクア/プリウスC
・ホンダ フィット/ジャズ
・ホンダ グレイス/シティ
・ホンダ ヴェゼル/HR-V
・ホンダ レジェンド/アキュラ RLX
・マツダ デミオ/MAZDA 2
・マツダ ロードスター/MX-5

 では、具体的に2つの車名は、それぞれどの地域向けに使われているのか?

 トヨタ広報部へヴィッツ/ヤリスシリーズについて問い合わせると「日本以外の販売地域では全てヤリスとして販売しています」との回答だった。同シリーズは北米や欧州を始めとする地域で販売されているので、それらの地域ではすべて「ヤリス」として販売されていることになる。

 さらに、アクアも日本以外の地域では「プリウスC」の車名を使っているとのこと。また、マツダ車も日本以外の仕向け地では、全て英字名を使っているという。

 同様に、ホンダも「グレイス」、「レジェンド」の車名を使うのは日本のみ。「ヴェゼル」も、日本と中国以外では「HR-V」として販売されている。

 少し例外なのは「フィット」。こちらは欧州・アジア大洋州(計約50か国)では「ジャズ」として販売されるいっぽう、日本、北米、中国、南米(計約15か国)では「フィット」として売られる。それでも海外名のジャズとして売られている国のほうが多数派だ。

 つまり、世界的には海外向けの車名のほうがメジャーで、日本向けの車名は少数派というケースが大半ということになる。

なぜ海外では車名が違うのか

アクアは、日本以外の国ではプリウスシリーズの一員として「プリウスC」の名で販売される
アクアは、日本以外の国ではプリウスシリーズの一員として「プリウスC」の名で販売される

 では、なぜ日本と日本国外でわざわざ車名を変えるのか? アクア(海外名:プリウスC)の例で見ていこう。

 まず、アクアについては「日本市場では、ハイブリッドの更なる普及に向けた“新たなハイブリッド専用車”として、それにふさわしい車名とした」(トヨタ広報部)という。

 いっぽう、プリウスCという車名は「トヨタのハイブリッド車の認知をさらに深めてもらえるよう、プリウスファミリーとして親しんでもらえる車名とした」(同上)との理由で採用したという。

 日本では“新しいハイブリッド車”として売り出すいっぽう、海外では“プリウス”の名を使うことで、「トヨタ=ハイブリッド=プリウス」というブランドイメージを確立したい。そんな意図が滲む。

 マツダ車も、海外向けはマツダブランド訴求を重視し、「Mazda」を各商品名に付けているという。トヨタもマツダも、自社ブランドを認知させるため、海外では車名を変えているのだ。

 別の理由もある。トヨタ広報部は車名変更の理由として「その国・地域に合う(覚えやすい、言いやすい)名前を選んでいること」や「商標上、使用できないケース」をあげる。特定の地域で商標が使えないことも、車名を変える理由のひとつとなっている。

それでも“日本名”を残す理由

日本国外で「Mazda 2」として販売されるデミオ。同様にアクセラは「Mazda 3」、アテンザは「Mazda 6」などの海外名で販売
日本国外で「Mazda 2」として販売されるデミオ。同様にアクセラは「Mazda 3」、アテンザは「Mazda 6」などの海外名で販売

 では、なぜ世界共通の車名にしないのか?

 日本名はほとんど日本でしか使われていないのなら、商標上使えない場合を除けば、全世界で車名を海外名に統一したほうがわかりやすいはず。

 この点に関して、マツダは「国内では、個別の商品名をお客様から認知いただいている点を踏まえ、固有の車名を採用している」と答えた。

 マツダは2012年に発売されたCX-5や2015年発売のCX-3など、比較的新しい車種は世界共通の車名で販売。いっぽう、デミオ(1996年発売)やロードスター(1989年発売)などは今も日本名を使い続けている。それは、日本で長く親しまれている車名だからこそ。

 車名の付け方ひとつを取っても、それぞれの車には、それぞれの意味が込められている。

 日本でしか使われていない車名を、今も大切に使い続ける。その裏には、日本のユーザーに対するメーカーの想いが込められているのかもしれない。

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ