本当の本当に可能か?? トヨタ大攻勢!! 9年後EVを30車種の期待と心配


 2021年12月14日にMEGA WEBで行われた、トヨタの「バッテリーEV戦略に関する説明会」には度肝を抜かれた。これまでEV市場では遅れているように見えたトヨタが、15車種もの新型EVを公開したのだ。それもすべてが市販化前提のコンセプトカーというから凄い。

 4年後にはEVモデルを7車種市販化、9年後には30車種まで拡大することを明言、2030年には350万台ものBEVを販売するという。こうした発表に、これからEVを販売することになるトヨタ販売店は、どのように反応しているのだろうか。

 驚きや戸惑い、さらには歓迎などの様々な反応を見せるトヨタ販売現場を取材した。EV化に対する現場の声をお伝えする。

文/佐々木 亘
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】トヨタいきなりEV発売ラッシュで販売現場は…「いける!」と回答。あと半年で発売するbZ4 Xと手本にするあのクルマ(15枚)画像ギャラリー

■トヨタのEV攻勢で販売店の変化も急務

 1997年、世界初の量産ハイブリッド車「プリウス」を発表したときと、現場の反応が似ていると話すのは、トヨタ店の販売スタッフだ。

 初代プリウスの専売店となったトヨタ店では当時、ハイブリッドとは何なのか、どのような仕組みで動き、機械的には何が危惧されるのか、実際に乗って移動するユーザーは何に困るのか、販売時に必ず伝えなければならないことは何なのかを、販売・サービス・受付・事務、各セクションのスタッフが一堂に会して、話し合ったという。

2022年央、あと半年ほどでトヨタ初の量産型BEV「bZ4 X」が発売される。それまでに全国のトヨタ販売店には急速充電器が設置されるとのこと。現場の販売店では「1997年の初代プリウス発売時を思い出す」との声が

 先日発表された「bZ4 X」が、トヨタ初の量産型BEV(Battery Electric Vehicle(=バッテリー式電気自動車))となる。2022年央発売予定とされており、販売店に残された時間は1年もない。現役のトヨタ販売店営業マンは、筆者の取材に「bZ4X発売時にも、プリウスの時と同じように様々な角度から販売現場で意見をぶつけていき、使い手であるユーザーが困らないようにしなければならない」と話してくれた。最前線にいる販売店では、EV販売の使命感が、ひしひしと伝わってくる。

 BEV販売の準備として、トヨタは2025年までに国内5,000か所におよびすべての販売店に急速充電設備を備えると明言した。販売店へのインフラ整備は順調に進むはずだが、これと同時にEV販売へ向けた人材整備、販売・整備の準備を進めなければならない。充電器設置と同様に、「急速」な人の準備が必要だ。

■現場のスタッフは電動化についていけるのか

 日産・リーフが販売されたのが2010年、この時から多くのトヨタ販売店ではBEVを扱いたいと思っていた。他社に先を越され、BEVへの対応が遅いメーカーサイドに対し、ヤキモキしていたトヨタ販売店も多い。トヨタ販売店のBEVに対するコンプレックスは、想像よりも大きいのだ。

 こうした背景もあり、今回の大規模なBEV発表会には好意的な印象を持つ販売店スタッフが多かった。やっとトヨタでも電気自動車を売ることができる、この事実だけで販売現場には安堵する様子が窺い知れる。

 トヨタよりも一足先にBEVのUX300eを販売しているレクサスでは、今のところ大きな混乱は無いという。サービス・営業共に、一定量の研修を受け、これまでとは異なる対応の仕方をシミュレートしたと聞くが、整備の仕方や売り方に関しては、ガソリン車と比較しても大きな違いは感じていないという。

 ただし、レクサスのオーナー数とトヨタのオーナー数では大きな差がある。トヨタは、一人の整備士・営業マンが対応しなければならない客数が莫大に多い。

 レクサスでは、ゆっくりと立ち上がり、様子を見ながら様々な試行ができるが、トヨタの規模で一気にBEVが広がったら、ゆっくり考えながらの対応も難しくなるのではないかと、トヨタ・レクサス双方で仕事をしてきた筆者は思う。

 現場スタッフのレベルは高く、「電動化へついていけない」ということはない。気張った特別な対応は必要ないかもしれないが、それでも販売店では今のうちから、様々なトラブルシューティングを行っておく必要があるだろう。

次ページは : ■案外冷静だが、「音」を危惧する声が多い