マークX終了時期判明!!新顔プリウス直前全情報!!


 いよいよ現行プリウスのビッグマイナーチェンジが近づいてきました。すでに販売店では予約受付が始まっています。本企画では、毎日新車ディーラーを回って「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏に、新型プリウスの最新情報を伺いました。

 さらにトヨタ系ディーラーを集中的に回ったことで、マークXの生産終了時期やアルファード/ヴェルファイアの販売情報もゲット。このほかシエンタ絶好調、新型ジムニー増産、新型リーフ情報などなど、盛りだくさんでお届けします!!

文:遠藤徹
ベストカー2018年12月26日号


■新型プリウスは12/1から事前予約開始、12/17発表発売

 2015年12月に登場した現行型プリウスが、丸3年となるこの12月17日に、発売以来最大のマイナーチェンジを実施します。12月1日から事前の予約受付を開始しており、新型についての情報はすでに各ディーラーに通達されています。

2018年11月、ロサンゼルスショーでひと足早く公開された新型プリウスの「顔」(北米仕様だが日本仕様もこの顔になる)。現行型プリウスのデザインは毀誉褒貶が激しかったが、新顔はかなりさっぱりとした印象になる

 今回のマイナーチェンジでは外観デザインが変更され、フロントヘッドランプに片側4連LEDを採用し、リア周りでは不評の縦型コンビランプを廃止して、小さくまとめたデザインとなります。

 装備面では、ベーシックモデルのE、Sグレードにも安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。トヨタセーフティセンスは、プリクラッシュセーフティ(歩行者夜検知機能付衝突回避支援タイプ)、レーンデパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)を搭載する最新タイプが装備されます。

 JC08モード燃費は、Eタイプで40.8km/Lだったものが、安全装備の充実化で重量がかさみ39.0km/Lとなります。なお、価格は安全装備の充実化にともない、10万~15万円程度の値上げとなります。

■マークX、エスティマは2019年末までにモデル廃止

 首都圏にあるトヨタ店、トヨペット店筋によると、マークXとエスティマは2019年12月末までにモデル廃止とする見通しです。

 マークXはすでに代わりとなる現行カムリに引き継ぎつつあります。

かねてより次期型開発の情報が入ってこず、現行型で生産終了が噂されていたマークX。2019年1月の東京オートサロンではGR仕様のマークXが発表される予定だが、それが実質的には最終仕様となる、ということか

 エスティマは現在、トヨタ店とカローラ店での併売ですが、2020年からアルファードがトヨペット店専売からトヨタ店との併売、ヴェルファイアがネッツ店の専売からカローラ店との併売になることで、この2車がエスティマの抜けた穴をカバーすることになります。

次ページは : ■アルファードがヴェルファイアを上回る販売推移に

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ