マークX終了時期判明!!新顔プリウス直前全情報!!

 いよいよ現行プリウスのビッグマイナーチェンジが近づいてきました。すでに販売店では予約受付が始まっています。本企画では、毎日新車ディーラーを回って「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏に、新型プリウスの最新情報を伺いました。

 さらにトヨタ系ディーラーを集中的に回ったことで、マークXの生産終了時期やアルファード/ヴェルファイアの販売情報もゲット。このほかシエンタ絶好調、新型ジムニー増産、新型リーフ情報などなど、盛りだくさんでお届けします!!

文:遠藤徹
ベストカー2018年12月26日号


■新型プリウスは12/1から事前予約開始、12/17発表発売

 2015年12月に登場した現行型プリウスが、丸3年となるこの12月17日に、発売以来最大のマイナーチェンジを実施します。12月1日から事前の予約受付を開始しており、新型についての情報はすでに各ディーラーに通達されています。

2018年11月、ロサンゼルスショーでひと足早く公開された新型プリウスの「顔」(北米仕様だが日本仕様もこの顔になる)。現行型プリウスのデザインは毀誉褒貶が激しかったが、新顔はかなりさっぱりとした印象になる

 今回のマイナーチェンジでは外観デザインが変更され、フロントヘッドランプに片側4連LEDを採用し、リア周りでは不評の縦型コンビランプを廃止して、小さくまとめたデザインとなります。

 装備面では、ベーシックモデルのE、Sグレードにも安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。トヨタセーフティセンスは、プリクラッシュセーフティ(歩行者夜検知機能付衝突回避支援タイプ)、レーンデパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)を搭載する最新タイプが装備されます。

 JC08モード燃費は、Eタイプで40.8km/Lだったものが、安全装備の充実化で重量がかさみ39.0km/Lとなります。なお、価格は安全装備の充実化にともない、10万~15万円程度の値上げとなります。

■マークX、エスティマは2019年末までにモデル廃止

 首都圏にあるトヨタ店、トヨペット店筋によると、マークXとエスティマは2019年12月末までにモデル廃止とする見通しです。

 マークXはすでに代わりとなる現行カムリに引き継ぎつつあります。

かねてより次期型開発の情報が入ってこず、現行型で生産終了が噂されていたマークX。2019年1月の東京オートサロンではGR仕様のマークXが発表される予定だが、それが実質的には最終仕様となる、ということか

 エスティマは現在、トヨタ店とカローラ店での併売ですが、2020年からアルファードがトヨペット店専売からトヨタ店との併売、ヴェルファイアがネッツ店の専売からカローラ店との併売になることで、この2車がエスティマの抜けた穴をカバーすることになります。

■アルファードがヴェルファイアを上回る販売推移に

 ここ1年、アルファード/ヴェルファイア姉妹車の販売実績に逆転現象が起きています。2015年1月の現行型登場以来、一貫して販売台数ではヴェルファイアに軍配が上がっていたのですが、2017年12月のビッグマイチェンで「顔」が変わって以来、アルファードがヴェルファイアを月間2000台前後引き離して逆転しているのです。

 この要因を販売店筋に聞くと、

「昨年12月のマイナーチェンジによってエクステリアデザインを大幅に変えて、アルファードは押し出し感を強調したのに対して、ヴェルファイアはあまり代わり映えがしない顔立ちのため、ユーザーがアルファードに大きく流れ始めているため」

 といいます。

 トヨタは2025年までに国内販売モデルの大幅な整理を公言しており、アルファードとヴェルファイアも2021年頃にはどちらかの車名に統一される見込みです。現状のまま販売が推移すれば、アルファードという車名に統一されることになるでしょう。

写真左がアルファード、右がヴェルファイア

■マイナーチェンジしたシエンタが4カ月待ちと人気

 今年9月中旬にビッグマイナーチェンジしたトヨタのシエンタが好調な販売推移を見せています。

 10月の登録実績は9840台で、前年同月に比べて47%もの大幅な増加。車名別登録台数ランキングはトップのアクアに次ぐ2位で、これまでの最高ランキングに浮上しています。11月中旬現在の納期は来年3月で4カ月待ちです。バックオーダーは推定3万台に達しているようです。

 マイナーチェンジでこれだけ好調な売れゆきに転じるのは珍しい出来事です。10月登録台数実績でトップのアクアとはわずか565台差であり、今後の売れゆき次第では初の販売台数トップも夢ではないかもしれません。

■日産リーフの改良版を2019年1月に発表発売

 日産は電気自動車「リーフ」の航続距離を500km以上に延長した改良版を2019年年1月に発売する模様です。

 バッテリーの容量アップでモーターを40kwhから60kwhに引き上げ、従来の巡航距離である400kmを500km以上に延長することで長距離ドライブにも対応できるように改良します。

 従来の40kwhモデルも併売し、2本立ての販売とする方針のようです。

■新型CR-Vが好調な販売で4カ月待ち

 11月から新型CR-Vのハイブリッドを発売したホンダは、同モデルの好調な販売で生産が追いつかない状況にあります。11月上旬現在の納期は2019年の3月中旬で、4カ月待ちとなっているのです。

 CR-Vは1.5Lターボ車も設定されていますが、販売の内訳は半分がハイブリッドで占められています。1.5Lターボに設定している3列シート7人乗りの販売構成比は20%と少ないです。

 ミディアムクラスのSUV市場は現在、登録実績で10月はスバルフォレスターがトップ、次いでトヨタハリアー、日産エクストレイル、マツダCX-8などがあり、CR-Vは5番手にとどまっています。今後増産することでバックオーダーの解消につながれば、このクラスの販売トップ争いに加わる可能性もあります。

■2019年早々からジムニーを従来の1.5倍に増産

 スズキは、2019年早々からジムニー/ジムニーシエラを従来の1.5倍に増産し、納期の短縮化を図る方針です。

 ジムニーはこれまでの月産2000台から3000台へ、ジムニーシエラは550台から825台程度へ引き上げます。残業、休日出勤に加えて一部ラインの組み換えで増産態勢をつくります。

 これによって納車待ちは、ジムニーはこれまで半年待ちだったのを4カ月待ちに、ジムニーシエラは1年待ちだったのを7カ月待ち程度に短縮できる見込みです。なお、両車は今年7月上旬の発売以来、引き続き好調な受注ピッチで推移しています。

■トールが強力なサービスキャンペーンで増販攻勢

 ダイハツのコンパクトハイトワゴン「トール」が、強力なサービスキャンペーンで増販攻勢をかけています。これにより、1年前は月販1500台前後だった登録台数が最近は2500台くらいまで増えているのです。なお、サービスキャンペーンは、実質金利が1.1%の超低金利残価設定クレジットや10万円のオプションプレゼント、地域によってはカーナビの割引などが効果を上げています。

 ダイハツのトールは、これまでトヨタにOEM供給をしている姉妹車のルーミー/タンクの陰に隠れて目立ちませんでしたが、最近は俄然存在感を高めています。同クラスのライバルはスズキのソリオです。こちらは月販3500台規模でまだ多少の差がありますが、着実に追い上げているのは間違いありません。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ