これぜひ日本で売って!! 海外仕様に用意されるカッコいい新型日本車たち

 2018年11月に開催されたロサンゼルスショーでは、新型アクセラや新型プリウス(マイチェン仕様)が出品され、会場の主役は日本車ブースだった。

 それは上記2台だけでなく、数々の魅力的な日本車(正確には「日本メーカーが作ったクルマ」が登場した成果であったともいえる。

 本稿ではそんな、日本メーカーが作った海外仕様の魅力的な仕様を紹介します。いずれもすでに「売っているモデル」。新たに開発するよりはずっと日本導入のハードルは低いはず。なんとか日本に導入してくれませんか!!!!!

文:ベストカー編集部 写真:ケニー中嶋


■トヨタカムリTRD

NASCARで活躍していたカムリは北米ではスポーツイメージの強いクルマ。TRDバージョンも人気が出そう

 301psのV6、3.Lエンジンと15mmローダウンの専用サスペションを搭載するカムリのスポーツ仕様。

 エクステリアデザインは米国トヨタのデザイン部門「Calty(キャルティ)」が担当し、専用エアロ、大径ブレーキ、19インチタイヤなども装着する。足回りの強化によりロール剛性が向上しており、ただ見た目をスポーティにしているだけではない本格派。ぜひ、日本でもこういう仕様が欲しい。

■日産新型マキシマ

マキシマ。北米での日産ブランドのフラッグシップモデルでありながら、スポーツ性を強調したセダン。今回のマイチェンで、さらにシャープなイメージとなった

 北米日産の最上級セダンとなるマキシマとSUVのフラッグシップモデル、ムラーノのマイナーチェンジモデルもLAショーに登場。ともに、北米市場での日産ブランドを引っ張るモデルだけに、マイチェンといっても規模は大きい。

 マキシマは300psを発生するV6、3.5Lガソリンエンジンを搭載するスポーツセダンで、ヘッドランプ、バンパーを一新し、よりシャープな顔つきになったのが印象的だ。最新の安全運転支援装置「日産セーフティシールド360」も新たに搭載された。

■日産新型ムラーノ

ムラーノ。かつては日本でもヒットしたクルマだけに、海外専売なのが残念。スーパーチャージャーハイブリッドという日本にはないパワーユニットもうらやましい

 海外専売車となったムラーノもビッグマイナーチェンジを実施し、ロサンゼルスショーで初披露。260ps/33.2kgmを発生するV6、3.5Lガソリンエンジンと直4、2.5Lスーパーチャージャーのハイブリッドを設定するミドルクラスのSUVで、こちらもフロントマスクを一新するとともに「日産セーフティシールド360」を新搭載している。

 日産、最近ちょっと体制が変わったようだし、こういうクルマの日本導入を考えてみませんか。

■ホンダパスポート

マッドカラーがよく似合うパスポート。ピックアップのリッジラインベースのSUVで、全幅は約2m。日本で売るには大きすぎるか……

 ホンダはパスポートを公開。全長4839×全幅1996×全高1819mmのSUVで、V6、3.5Lエンジン(280ps)と9速ATを搭載する。

 北米ではCR-Vとパイロットの間に位置するモデルで、4車めのSUVとなる。北米では2019年初頭から販売を開始するとアナウンスされている。ややサイズは大きいが、乗り心地はホンダらしくシャキッとしており、レクサスのSUVのよきライバルになると思うのだが…。

■スバルクロストレックPHV

通常のXVとエクステリアに違いはないが、大容量のリチウムイオン電池をトランク下に配置するため、荷室のフロアが少し持ち上がっているのがわかる

 スバルからはクロストレック(XV)のPHVが登場。北米ではすでに発売も始まっている。

 スバル初のPHVは水平対向2Lエンジンに2つのモーターを組み合わせるトヨタ方式で、もちろんシンメトリカルAWDは健在。フル充電で27㎞のEV走行を可能とし、スバルではこのシステムを「スバルスタードライブテクノロジー」と呼ぶ。

 エクステリアは通常のXVとの差異はほとんどなく、8.8kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーはトランクルーム下に配置される。

 広報部によると日本での販売は未定とのことだが、世界的に電動化が進むご時世だけに、2019年中にはデビューすることを期待したい。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ