【カムリTRDらを日本で売って!!】 海外仕様に用意されるカッコいい日本車たち


2018年11月に開催されたロサンゼルスショーでは、新型アクセラや新型プリウス(マイチェン仕様)が出品され、会場の主役は日本車ブースだった。

それは上記2台だけでなく、数々の魅力的な日本車(正確には「日本メーカーが作ったクルマ」が登場した成果であったともいえる。

本稿ではそんな、日本メーカーが作った海外仕様の魅力的な仕様を紹介します。いずれもすでに「売っているモデル」。新たに開発するよりはずっと日本導入のハードルは低いはず。なんとか日本に導入してくれませんか!!!!!

文:ベストカー編集部 写真:ケニー中嶋


■トヨタカムリTRD

NASCARで活躍していたカムリは北米ではスポーツイメージの強いクルマ。TRDバージョンも人気が出そう

301psのV6、3.Lエンジンと15mmローダウンの専用サスペションを搭載するカムリのスポーツ仕様。

エクステリアデザインは米国トヨタのデザイン部門「Calty(キャルティ)」が担当し、専用エアロ、大径ブレーキ、19インチタイヤなども装着する。足回りの強化によりロール剛性が向上しており、ただ見た目をスポーティにしているだけではない本格派。ぜひ、日本でもこういう仕様が欲しい。

■日産新型マキシマ

マキシマ。北米での日産ブランドのフラッグシップモデルでありながら、スポーツ性を強調したセダン。今回のマイチェンで、さらにシャープなイメージとなった

北米日産の最上級セダンとなるマキシマとSUVのフラッグシップモデル、ムラーノのマイナーチェンジモデルもLAショーに登場。ともに、北米市場での日産ブランドを引っ張るモデルだけに、マイチェンといっても規模は大きい。

マキシマは300psを発生するV6、3.5Lガソリンエンジンを搭載するスポーツセダンで、ヘッドランプ、バンパーを一新し、よりシャープな顔つきになったのが印象的だ。最新の安全運転支援装置「日産セーフティシールド360」も新たに搭載された。

次ページは : ■日産新型ムラーノ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ