F1なんて意味あるの!? なぜホンダは未だにレース熱心なのか

F1なんて意味あるの!? なぜホンダは未だにレース熱心なのか

 2019年シーズンから新たにレッドブルとタッグを組んで、実に11年ぶりの表彰台に上がることができたホンダのF1マシン。

 今季ここまで5戦を終え、開幕戦に続いてスペインGPでも3位に入り、現在、伝統のモナコGPを迎えている。

 F1ファンならずとも、日本人にとっては嬉しいニュースだが、F1には莫大なカネがかかる。トップチームを維持するとなると、年間の必要経費は500億とも600億円とも言われ、パワーユニットを供給するホンダの負担も決して軽くない。

 莫大はカネを投入し、ホンダはそこから何を得ようとしているのか。そして、実際に何を得ているのか。

 コラムニストのフェルディナント・ヤマグチ氏が、実際にF1の現場に赴き、その真意をホンダのキーマンに直接聞いた。

〈ホンダ F1 復帰後のコンストラクターズランキング〉
■2015年:9位(27点=決勝最高位:5位)/■2016年:6位(76点=決勝最高位:5位)/■2017年:9位(30点=決勝最高位:6位)/■2018年:9位(30点=決勝最高位:4位)
※2015-2017年はマクラーレンに、2018年はトロロッソにPUを供給

文:フェルディナント・ヤマグチ
写真:HONDA、Red Bull Content Pool


ホンダがF1にこだわる理由は意外とシンプル?

2019年のF1開幕戦、オーストラリアGPで3位表彰台を獲得したレッドブル・ホンダ。直近のスペインGPでの3位と合わせて、第5戦終了時点で計2回表彰台に立っている

 今回、お話を伺うのは、ホンダの執行役員ブランド・コミュニケーション本部長森山克英さん。スペインはバルセロナ。カタルーニャ・サーキットのホンダ・ホスピタリティトレーラーの応接室で、今季2度目の表彰台となったレース直後に突撃インタビューを敢行した。

フェルディナンドヤマグチ氏(以下、フェル):お忙しいところ失礼いたします。今日はおめでとうございます。

森山克英氏(以下、森山):ありがとうございます。今日はホンダのパワーユニット(PU)を搭載したクルマが3台入賞したので非常に有意義なレースでした。

フェル:おめでたい雰囲気に水を差すような質問で恐縮なのですが、ホンダはなぜF1にこだわるのでしょうか。販売促進に直結するとも思えませんし、その割には大変なおカネがかかる。どうしてホンダはレースに、特にF1に熱心なのでしょう。

森山:答えはシンプルです。F1が世界最高峰のレースだからです。そこには国籍も、会社の規模も関係ありません。ピュアに技術力だけで勝負ができる。レースは単純に速いものが勝つ。メーカーの実力を世界に知らしめるには、間違いなくレースが一番と我々は考えているからです。

フェル:F1は世界最高峰のレースだから。なるほど。

森山:もうひとつの理由は、今のF1の動力源がハイブリッドであることです。エンジンとモーターの力を組み合わせたハイブリッドは、どうしても燃費ばかりがクローズアップされて、「走り」は二の次、三の次、といった残念なイメージが世間には残っています。

 世界最高峰のF1で、ハイブリッドは「走り」においても超一流であるということを証明する、そしてそれを世の中にアピールしていく、という狙いもあります。

フェル:すると、ホンダがF1に4回目の挑戦を決めたのは……。

森山:はい。お察しのとおり、パワーユニットの規定がハイブリッドになったから、というのが肩を押した部分もあります。ハイブリッドという規定が、我々の参戦を決めた大きな理由のひとつです。

フェル:現在のホンダは、国内では残念ながら「ワンボックスの会社」あるいは「軽動車の会社」といったイメージが先行しています。第二期の古いF1の時代を知らない若いユーザーであれば尚更です。

 F1をやることによって、そうした方々の意識改革を図ることも狙いのひとつなのでしょうか。

森山:「意識改革」というほど大それたことは考えていませんね(笑)。ですが、ホンダはチャレンジする企業である、もがいてもがいても決して諦めない。挑戦し続ける会社である、ということをご理解いただけるのではないかと思っています。

 そう、「ホンダは挑戦の会社」なんです。F1もそう、(二輪の)モトGPもそう。日本で、世界で、頂点に挑戦し続ける会社なんだ、ということを、レース活動を通してご理解いただけると嬉しいです。

次ページは : 「F1で何勝したってカブが売れるわけじゃない」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!