日野、ダイハツに続き「源流」豊田自動織機まで…トヨタのディーゼル車10車種出荷停止でいったい何が起こったか??

日野、ダイハツに続き「源流」豊田自動織機まで…トヨタのディーゼル車10車種出荷停止でいったい何が起こったか??

 2024年1月29日、豊田自動織機は昨年からの(産業用エンジンの)認証不正問題における調査委員会からの報告書を受け取ったと発表。内容を見ると、なんとトヨタ自動車から開発を受託していた自動車用ディーゼルエンジンの認証試験でも不正があったとのこと。不正はエンジン3機種、グローバル10車種(国内6車種)に及んでおり、豊田自動織機とトヨタ自動車は、当該エンジンおよび当該車両(ハイエース、ハイラックス、ランクル300など)の出荷(生産)を即日停止した。日野自動車、ダイハツ工業と、トヨタグループで続く認証不正発覚。いったいトヨタグループで何が起こっているのか。共通する背景や問題の「根」があるのか。なぜ「源流」の豊田自動織機でこんな不正が……。以下、考察します。

文/国沢光宏、写真/トヨタ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ディーゼル10車種が生産停止…出荷停止全車種リスト(10枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号