タンク/ルーミー 隠れたヒット車の強さの理由 地味だけど実力はアクア並!! 

■OEM本家トールがタンク/ルーミーに勝てないのは仕方ない??

 ここでもうひとつ注目したい存在を紹介したい。それは本家ダイハツの「トール」である。こちらの1~7月の登録実績は1万7810台、前年同期比24.7%増、月平均2544台と好調に売れている。

 タンク/ルーミーとはボディパネル、基本コンポーネントを共用した姉妹車である。グレード構成、車両本体価格も全く同じである。

 販売台数はタンク/ルーミーとは大きな差があり、ライバルのソリオに毎月1000台以上も引き離されている。

こちらがダイハツトール。トヨタのタンクと外観は差異がほぼなく、もちろんタンク/ルーミーと走行性能などは同じだ

 販売力はダイハツ、スズキとはほぼ同レベルといえる。こうなると両モデルの販売実績の差は商品力の違いといえないこともない。

 しかしながら要因は単純ではない。タンク/ルーミーとトールがダイハツ製の同一モデルであるとすると、購入するユーザーサイドからみるとどう映るか。

 「タンク/ルーミーはトヨタブランドだからブランドパワーがあり、アフターケアも心配がない。数年乗って手放す時のリセールバリューも高いのでトールよりもタンク/ルーミーを優先的に選ぶ傾向になる」(首都圏ダイハツ店営業マン)というのが実情である。

 こうしたことを差し引けば、はやりタンク/ルーミーは人気モデルと評価できそうである。現在、引き続きフル生産を続けており、納期は消費税引き上げ後の10月以降となっている。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!