【ジムニーで悪路を極めろ】超オーソドックスだけど技あり!! オフロードの聖地で新作ホイールを試してみた

【ジムニーで悪路を極めろ】超オーソドックスだけど技あり!! オフロードの聖地で新作ホイールを試してみた

 ジムニーの販売が好調だ。コロナウイルスの影響があった前でも納期は1年待ちは当たり前だったのだから、もはや実用車として以上の人気要素があるようだ。

 四角くタフな外観は若い消費者の感性を刺激していることはたしかで、
女性ユーザーにも人気が出ているという。

 そんなジムニーだがユーザー層は大きくわけて二極化している。生活の足や
ファッションアイコンとして、つまり「相棒」として使うユーザー。

 そしてもういっぽうはオフロードを走るためにジムニーを購入した「オフローダー層」だ。今回はジムニーを愛するオフローダーに新作ホイールを紹介しよう。

文:ベストカーWeb編集部/写真:池之平昌信
撮影協力:Wedsアウトドアパークブロンコ


■思い付きで買ったジムニーにどハマりする三十路

 担当、実は2年ほど前にジムニーを購入。その理由もオフロードを走りたいという急なひらめきでネットオークションで9万円のJA11を買ってしまったのだが、ひと通りカスタムしていまや3インチアップとなった。

 いまや2世代前のJA11も「走る・曲がる・止まる」ができる個体は30万円程度が主流になり、フルオーバーホールされた個体は150万円あたりで販売されている。ジムニーにもクラシック需要が増えてきているのだ。

今回担当が選んだのがWedsのHASE SPEC II(ハセスペック ツー)。オーソドックスなデザインながらメイド・イン・ジャパンの信頼度がある

 担当のジムニーはもちろん車検を取得できる仕様でオフロードを走り回っていたのだが、悩ましいのがホイール選びだったりする。

「はみだしタイヤ」なんてご法度(なぜかオーバーフェンダーをつけたジムニーを公道でよく見るが……)なので、ホイールサイズは制限される。よってホイールの選択肢も極めて少なかったのだが、現行型ジムニーが登場してからグーんと増えた。

 しかし現行型ジムニーのデザインに合わせてファッショナブルなデザインのホイールが多くリリースされたものの、オフロード向きの質実剛健なホイールはなかなか見当たらない。

 オーソドックスな形状でいいから、強度も確保されていて、信頼性も高いホイールがほしい。リーフサスペンションの乗り心地「最怖」のジムニーを買ってからというものの、担当自身の「本物志向」が強まったように思う……。

 そんな折にアルミホイールでおなじみのWedsから「HASE SPEC II(ハセスペック ツー)」が登場した。旧くからのオフローダーはご存知のことと思うが、実はかつての銘品「HSE SPEC」のリバイバルモデルとなるのだ。

スポークにもえぐれがあり軽量化に貢献しつつ、しっかりと強度を保っているのもWedsの技術がなせる技

 このホイール、実は強度など基本的な性能もさることながら、汚れも落ちやすいというなんとも嬉しいメリットもあるのだ。そしてなによりMADE IN JAPANなのが嬉しい。

 今回はオフロードでの実力を発揮するために、オフローダーの聖地である埼玉県の「ブロンコ」にて思う存分走ってきた。だってカッコよくてもオフロードで使えないホイールはダメでしょ!?

こちらが製品単体の画像。シンプルな5スポークだが後述するようにスポークのえぐれなどさりげない技術が職人魂を思わせる
こちらが製品単体の画像。シンプルな5スポークだが後述するようにスポークのえぐれなどさりげない技術が職人魂を思わせる

次ページは : ■オトナの泥んこ遊びもこのホイールなら恥ずかしくない!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ