給付金10万円を活用! 安全運転の友でもあるレーダー探知機 新型レーザー式オービス対応のオススメモデル5選

 お盆も含めた今年の夏期休暇も終わったが、例年と比較して大きく異なったのは電車や飛行機による移動が大きく減ったことだ。

 理由はやはりコロナ禍の影響による部分が大きいが、しばらくの間は「密な空間」で移動がしやすいクルマへの依存度もまだ続きそうだ。

 また秋と言えば恒例の「全国交通安全運動」のシーズンだが今年は9月21日(月)から9月30日(水)の10日間実施される。

 取り締まりも強化されるこの時期、安全運転の友として欲しいのがレーダー探知機だ。ただ昨今人気のドライブレコーダー同様、種類や機能が多く選ぶのは意外と大変だ。

 進化を続けるレーダー探知機と取り締まりシステムの現状を含めた上でのオススメモデルを紹介する。

文:高山正寛/写真:ベストカー編集部、コムテック、ユピテル、セルスター、ぱくたそ

【画像ギャラリー】ドライバーなら法律遵守は当然! さらなる安全運転のためのレーダー探知機を写真で見る


■ところでオービスって何?

すでに馴染みすぎて一般名詞化しているが、「オービス」というのは実は商標なのだ

 速度取締装置と言えば思い浮かぶのが「オービス」だ。

 このオービス、普段何気に呼ばれているが実は呼称自体はボーイング社の商標で、日本では同社と道路の車速計測装置などを製造する東京航空計器以外はオービスとは呼べない。

 正確には「速度違反自動取締装置」だが多くの場合、名称が通じていることもあり、この記事ではオービスで統一する。

■オービスの種類で知っておきたいことは

離婚届と並んで「絶対に渡されたくない紙切れ」第1位にランクされるだろう

 これまでもオービスについては色々なタイプがあることは知られているが、特に重要なのが「LHシステム」そして話題の「新型移動式小型オービス」だろう。

 LHシステムは従来までのループコール式とレーダーを用いるHシステムを合体させることでより精度を高めたいわゆるハイブリッド式と考えてよい。レーダー波は気象条件などの影響を受けやすいが車速自体は道路に埋め込まれたループコールで測定するので影響を受けにくいのが特徴だ。

 ただ、LHシステムに限らず道路に設置されているオービスはどれも設置費用やメンテナンスの面でも高額になってしまうのでおいそれと増設するわけにはいかない。

 そして場所が固定されることでオービスの手前だけ減速して通過したらまた加速(速度超過走行)するといった輩も存在する。

 そこで登場したのが設置や撤去が楽で取締場所も換えることが可能な「移動式オービス」である。

 筆者が数年前最初に確認したのは埼玉県だったが、現在は徐々に全国に拡大中。最初に見たのは支柱に埋め込むタイプだったので、簡単には移動はさせないと思った(事実、後日通過した際にも設置されていた)。

 しかしやっかいなのは主流になりつつある可搬型で、警察車両から降ろして短時間で設置、その日の取締が終了すると撤去するというタイプだ。

 「設置自由なのはわかったけど、それではネズミ捕りと変わらないじゃないか」という声も聞こえてきそうだが、ネズミ捕りの場合は車両を特定してから誘導して違反キップを切る駐車スペースなどが必要だ。

 一方移動式オービスの場合は撮影して後日違反を知らせるだけ。前述したスペースの関係で取り締まりが行えなかった場所にも設置できるのが最大のメリットなのである。

■これまでのレーダー探知機は使えない?

今後は新型オービス対応の機器が必要になる

 結論から言えばこの新型オービスはこれまでのレーダー探知機では受信ができない。理由は従来までのシステムが電波を使うのに対し、新型オービスはレーザースキャンを利用するのでそもそも方式が異なる。

 ゆえに今後はこれらに対応したレーダー探知機が必要だし、実際市場にも売れ筋としてラインナップも拡大中なのだ。

■このトレンドは抑えておきたい

安全運転のためにも、なるべく機能の充実した機器を選びたい

【1】レーザー式オービス対応

 ここまで説明した通り、新型オービスはレーザースキャンを使うので従来までのレーダー探知機では受信できない。またどこに出没するかもわからないので「いた!」と思った時は時すでに遅し、という可能性も高い。

 一部のモデルには過去の出没場所をデータとして提供しているものもあるので、これらとの併用が現状ではベターな使い方でもある。

【2】アップデートに便利なWi-Fi機能

 レーダー探知機の場合、自車位置情報は非常に重要だ。ゆえにGPS機能は当然必要になってくるが、これに連動する形で前述した「移動式オービス」のデータなども多くのメーカーの上位モデルでは定期的に(筆者が使用するモデルはほぼ1ヶ月1回)更新してくれる。

 更新に関しては有償/無償などタイプは様々だが、これまで本体からSDメモリーカードを抜き、PCでデータを書き換える方式から昨今ではスマホ経由でWi-Fiを使いデータ更新が可能なモデルも増えつつある。

 メモリーカードも抜き差しが多いと故障の原因になるし、Wi-Fiを使う際のスマホ側のパケット代は経験上微々たるものなのでそれほど心配しなくても良い。

【3】センサー類は多い方がベター

 GPS同様、高速道路と一般道が併走または上下に走っている際、どちらの道路にオービスが設置されているかがわからないケースもある。

 またトンネル内にオービスが設置されている場合はGPSが役に立たないケースも発生する。そこでジャイロセンサーや気圧センサーなどで自車位置をしっかり捕捉することでしっかり警告してくれる。

■オススメのモデルはこれ!

◆4.0型大画面で情報を正確に伝える

コムテック ZERO808LV
オープン価格(市場実勢価格:3万7000円前後)(リンク先)

コムテック ZERO808LV オープン価格(市場実勢価格:3万7000円前後)

 ハイスペックなレーダー探知機をリリースし続けるコムテックの現状における最新ハイエンドモデル。レーザー式オービスに関しては従来機より構造を見直すなど受信性能は約150%向上。

 ユニークな新機能として注目なのが、スマホや無線LAN機能内蔵カード(オプション)を活用し、他のコムテックユーザーが検知したオービス情報をクラウドサーバーに送信、自車側で受信することで最大1km手前から警報を可能にする「レーザー&レーダー取締共有システム」を採用した。

 リアルタイムでの情報を共有することで安全運転にも寄与する。

◆2ピース構造で取り付けの自由度が向上

ユピテル LS700
オープン価格(市場実勢価格:4万円前後)(リンク先)

ユピテル LS700 オープン価格(市場実勢価格:4万円前後)

 ユピテルの最上位モデルであるLS700、同社独自のエスフェリックレンズの採用により、新型オービスからのレーザー光の探知範囲を水平方向約40°に拡大、さらに従来比で探知距離も約3倍に向上している。

 基本機能はフルスペック搭載だが、LS700の最大の特徴は前述したエスフェリックレンズを含めたアンテナ部とディスプレイ部を分けて設置できるセパレート構造を採用している点だ。

 これならばフロントウインドウの傾斜が強く、面積の狭いスポーツカーなどでも視界を妨げること無く設置することが可能だ。

 また公開取締情報や速度取締指針などの日付や時間、市町村に合わせ地図画面上の道路に色を変えて点滅表示させる特許機能も搭載、データはPCや専用スマホアプリ(Androidのみ)を使ってダウンロードして活用できる。

 画面は3.6インチで地図はフルマップを搭載。ほぼ同機能で一体式ボディを持つ「LS310」もラインナップする。

◆無線LAN標準装備でデータ更新も楽々

セルスター AR-W86LA
オープン価格(市場実勢価格:3万2000円前後)(リンク先)

セルスター AR-W86LA オープン価格(市場実勢価格:3万2000円前後)

 「ASSURA(アシュラ)」ブランドでおなじみのセルスターの上位レーダー探知機。レーザー式オービスにももちろん対応しており、従来機より最大で約150%受信能力を高めている。

 このレーザー式オービスに関しては受信レベルを強と弱の2段階で判定できる機能を搭載。これにより取締機までの距離感を把握できるメリットがある。

 レーザー式オービスの場所についてはGPSデータと一緒に毎月更新されるので安心。本体に無線LAN機能(11n)を標準装備することでスマホアプリ「MyCellstar+Sync」を使えばGPSデータの他、高速度のガソリンスタンドの価格案内や画像や音声のカスタマイズなども可能だ。

 この他にも専用ケーブルを使うことで対応する同社のドライブレコーダーとの連携が可能、レーダー側でドラレコの設定や操作も行える。

◆ミラー型でもレーザー式オービスに対応

セルスター AR-5
オープン価格(市場実勢価格:3万2000円前後)(リンク先)

セルスター AR-5 オープン価格(市場実勢価格:3万2000円前後)

 インパネ周辺をスッキリさせたいと考えているユーザーに人気なのがミラー式のレーダー探知機だ。

 最新モデルである「AR-5」はワンボディ機と同等の高機能を搭載しているがその中でも最も注目すべきはミラー式でレーザー式オービスに対応している点だ。

 レーザーアンテナは本体ではなく別体式のセパレート。特に小型なので視界も妨げず好みの場所(受信しやすい方向)に設置することができる。

 無線LANの標準装備化やデータの無料更新にも対応。高いGPSの測位性能はもちろん、他のセルスターの上位機種同様、業界初となる災害・危機管理通報サービスである『災危通報』にも対応、緊急地震速報や台風情報などもミラー内の3.2インチディスプレイに表示する。

(番外編)
◆単体でも使えるレーザー式特化型モデル

ユピテル LS10
オープン価格(市場実勢価格:8000円前後)(リンク先)

ユピテル LS10 オープン価格(市場実勢価格:8000円前後)

 番外編として紹介するのが「レーザー光受信特化タイプ」として販売されているLS10だ。

 最大の特徴はその割り切り。今、最も気になるレーザー式オービスのみに対応するため、他の情報は一切受信できない。とはいえ、重要なレーザー光の受信に関しては上位モデルと同じエスフェリックレンズを採用、探知距離や探知範囲も上位モデルと同様である。

 一方で「すでにユピテルのレーダー探知機を持っている」といったユーザーにとって朗報なのが対応モデルであれば専用ケーブル(オプション)を使うことで連携が可能になる点だ。ホームページを見ると据え置きタイプ105機種(レーザー受信対応モデル含む)、ミラータイプも11機種に対応と結構多い。

 また単体使用であればスマホのオービスアプリと併用すれば導入コストを落とすこともできる。

■スペックだけではわからない人に

動画サイトなどにアップロードされている試用レポートを参考にするのも手だ

 ドラレコ同様、昨今のレーダー探知機は性能向上と同時に比較するのが難しいのが現実だ。いくらハイスペックとはいえ、実際に走行してみなとわからない部分もある。

 そこでオススメなのが店頭でのデモ走行画面やYouTubeで公開されているテスト動画だ。クルマ系やガジェット系YouTuberが実際にテストしている動画は結構面白く、機種によって警告ポイントが異なったりリアルな情報がキャッチできる。

 一方でレーダー探知機は設置位置や当日の天候などで結果が変わることも多い。さらに言えば筆者も過去2台以上のレーダー探知機を同時に載せてテストした際、モデルによっては干渉を起こしてしまい誤動作に近い警告がなった経験もある。

 実際複数台を設置して使用するユーザーはそうはいないとは思うが、YouTube動画の中で同時に複数台をテストするものもあるのでその辺を含めて確認するのもいいだろう。

※実勢価格はベストカーWeb編集部調べ。取り付け工賃等は別となるので事前に確認が必要

【画像ギャラリー】ドライバーなら法律遵守は当然! さらなる安全運転のためのレーダー探知機を写真で見る

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ