続々スタンバイ!!! IS NX LF… レクサス今秋以降の注目車最新情報5選!!!

 トヨタのプレミアムブランドとして、北米エリアで1989年から、日本では2005年から展開しているレクサス。

 2020年が始まった当初、2019年の販売台数は過去最高のものとなり、今年もその勢いを引き継ぐものと思われただけに、このコロナ禍による痛手は(もちろんどこもそうだろうが)深い。

 しかしISを始めとする既存商品群のモデルチェンジに加え、ブランド初となるピュアEV登場、スポーツバージョン「F」シリーズのラインナップ増強と、今秋以降も気になるトピックが目白押しだ!!!

【画像ギャラリー】混迷深まる世界を突き進む レクサス新型ラインナップをギャラリーでチェック

※本稿は2020年8月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■レクサス LF(2021年6月登場予定)

●LSレベルの高級SUV満を持して投入!

レクサス LF。レクサスLSのプラットフォームを使用して開発されるプレミアムSUV(画像はベストカー予想CG)

 レクサスブランドに満を持して投入されるのが、LSのGA-Lプラットフォームを使用して開発されているクロスオーバーSUV「LF」だ。

 ポルシェカイエン、ランボのウルス、ベントレーベンテイガなど、高級サルーンやスーパーカーをベースとしたSUVはプレミアムブランドに今や必須のジャンルとなった。

 LFのベースはLSなので、まさにプレミアムクロスオーバーSUV。パワーユニットはLS同様、V6、3.5Lのターボとハイブリッドとなり、さらに上級モデルとして、LS Fなどに搭載が計画される新開発のV8、4Lツインターボ搭載モデルも設定されることになるというから楽しみだ。価格は1500万~2000万円級と、こちらもプレミアム!

 LFのデビューは来年6月の計画だ!

レクサスLSのプラットフォームを使用して開発されるプレミアムSUV。パワートレーンはV6、3.5Lハイブリッド、同じく3.5Lターボに加え、V8、4Lツインターボも搭載されるというから楽しみ

■レクサス NEW NX(2022年5月登場予定)

●ハリアーで定評の最新プラットフォームで進化

RAV4よりちょっと長く、ハリアーよりちょっと短い全長。全幅は広く堂々とした雰囲気(画像はベストカー予想CG)

 レクサスのラインナップ強化の中心は時流のとおり当面はSUV。売れ筋となっているミッドサイズのNXのフルモデルチェンジには力が入る。

 ベースとなるのはRAV4やハリアー。新開発されたTNGAプラットフォームは操安性能や静粛性などで高く評価される。

 現在入手している情報で全長4630mm、全幅1870mm、全高1630mmでハリアーとRAV4の中間的なサイズ感。パワートレーンは2.5LハイブリッドとRAV4にも追加されたPHV。さらに2.4Lターボも用意。

■レクサス NEW LX(2021年10月登場予定)

●ランクルとの差別化で独自路線の本格SUV

新型ランクルと同時並行して開発が進むLX。エクステリアは大きく差別化される(画像はベストカー予想CG)

 新開発されるLFが高級スポーツSUVならば、こちらのLXは高級クロカンSUV。

 現行LXはランクル200をベースにしているが、もちろん新型LXは現在開発中の新型ランクルと並行開発中。より差別化を明確にするめ、フロントマスクやCピラー以降の外板に加えインテリアなど、専用設計、専用デザインの部分が多くなる。

 パワートレーンは現行型に搭載される5.7LのV8ガソリンエンジンが新型にも搭載される計画。デビューはランクルより後となり来年10月。

■レクサス IS(2020年10月登場予定)

レクサス IS

 すでにトヨタから「今秋登場」が正式にアナウンスされている新型IS。今回はマイチェンだが、トヨタ自慢の下山テストコースで徹底的に鍛え上げたシャシー性能が自慢。

 操舵性や挙動変化の動きなどを徹底的にチューニングしたというから、その走りっぷりに期待。パワートレーンは2Lターボ、2.5Lハイブリッド、V6、3.5Lで変更なし。

■レクサス UX300e(2020年12月登場予定)

レクサス UX300e

 こちらもすでに新型車として正式に発表されているモデル。

 レクサス初のピュアEVで、搭載されるリチウムイオンバッテリーは54.3kWhの容量で、1充電当たりの航続距離は400kmとなる。モーター出力は204ps。バッテリーを床下に搭載するため、低重心の安定感ある走りを実現する。国内投入は今年冬だ。


■レクサスのスポーツバージョン“F”シリーズぞくぞく登場!!

 レクサスの「F」モデルは徹底したハイパフォーマンスを追求したモデルで、パワーだけでなく、それに見合ったシャシー性能を身につけているのがポイント。

 先代には存在しながら、現行モデルで設定が見送られていたIS Fが復活する。上で紹介しているマイナーチェンジのタイミングで、隠し玉として用意されている。エンジンはRC Fなどにも搭載されるV8、5L NAで481ps/54.6kgmを発揮する。

 さらに来年にはLC、LSにFモデルがスタンバイ。こちらはさらに強烈で、新開発されるV8、4Lツインターボが搭載され、670ps/66.3kgmというハイパワーを発揮するというから、ベンツAMGやBMW Mなどと真っ向ライバルになる本格的プレミアムスポーツとなる。

レクサスIS F(2020年11月登場予定・画像はベストカー予想CG)
レクサスLC F(2021年11月登場予定・画像はベストカー予想CG)
レクサスLS F(2021年10月登場予定・画像はベストカー予想CG)

【画像ギャラリー】混迷深まる世界を突き進む レクサス新型ラインナップをギャラリーでチェック

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ