レクサスIS NX LF… 今秋以降の注目車最新情報5選!!!


 トヨタのプレミアムブランドとして、北米エリアで1989年から、日本では2005年から展開しているレクサス。

 2020年が始まった当初、2019年の販売台数は過去最高のものとなり、今年もその勢いを引き継ぐものと思われただけに、このコロナ禍による痛手は(もちろんどこもそうだろうが)深い。

 しかしISを始めとする既存商品群のモデルチェンジに加え、ブランド初となるピュアEV登場、スポーツバージョン「F」シリーズのラインナップ増強と、今秋以降も気になるトピックが目白押しだ!!!

【画像ギャラリー】混迷深まる世界を突き進む レクサス新型ラインナップをギャラリーでチェック

※本稿は2020年8月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■レクサス LF(2021年6月登場予定)

●LSレベルの高級SUV満を持して投入!

レクサス LF。レクサスLSのプラットフォームを使用して開発されるプレミアムSUV(画像はベストカー予想CG)

 レクサスブランドに満を持して投入されるのが、LSのGA-Lプラットフォームを使用して開発されているクロスオーバーSUV「LF」だ。

 ポルシェカイエン、ランボのウルス、ベントレーベンテイガなど、高級サルーンやスーパーカーをベースとしたSUVはプレミアムブランドに今や必須のジャンルとなった。

 LFのベースはLSなので、まさにプレミアムクロスオーバーSUV。パワーユニットはLS同様、V6、3.5Lのターボとハイブリッドとなり、さらに上級モデルとして、LS Fなどに搭載が計画される新開発のV8、4Lツインターボ搭載モデルも設定されることになるというから楽しみだ。価格は1500万~2000万円級と、こちらもプレミアム!

 LFのデビューは来年6月の計画だ!

レクサスLSのプラットフォームを使用して開発されるプレミアムSUV。パワートレーンはV6、3.5Lハイブリッド、同じく3.5Lターボに加え、V8、4Lツインターボも搭載されるというから楽しみ

■レクサス NEW NX(2022年5月登場予定)

●ハリアーで定評の最新プラットフォームで進化

RAV4よりちょっと長く、ハリアーよりちょっと短い全長。全幅は広く堂々とした雰囲気(画像はベストカー予想CG)

 レクサスのラインナップ強化の中心は時流のとおり当面はSUV。売れ筋となっているミッドサイズのNXのフルモデルチェンジには力が入る。

 ベースとなるのはRAV4やハリアー。新開発されたTNGAプラットフォームは操安性能や静粛性などで高く評価される。

 現在入手している情報で全長4630mm、全幅1870mm、全高1630mmでハリアーとRAV4の中間的なサイズ感。パワートレーンは2.5LハイブリッドとRAV4にも追加されたPHV。さらに2.4Lターボも用意。

次ページは : ■レクサス NEW LX(2021年10月登場予定)

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ