スマホじゃ味わえない満足感!! カロッツェリア「楽ナビ」の2022年モデルはハイスペックと低価格を両立!!

カロッツェリアの「楽ナビ」の2022年モデルがいよいよ発売開始。ハイスペックと低価格を実現した抜群のバランス感覚を改めて探ってみる

 2022年3月発売予定だったが、実質2月下旬には一部のカー用品店にて販売を開始したカロッツェリアの「楽ナビ」2022年モデル。

 1998年の初代モデル登場以降、代替わりごとにさらに使いやすく、より便利になっていった楽ナビ。2022年モデルはどのような進化を遂げているのだろうか。

文/高山正寛、写真/Pioneer

【画像ギャラリー】高性能で使いやすいカロッツェリア「楽ナビ」に2022年モデルが登場!!(10枚)画像ギャラリー

■AV一体型カーナビの“THE定番”の歴史をたどる

カロッツェリア「楽ナビ」の2022年モデルが発売中だ。写真は9V型大画面モデル「AVIC-RQ912」

 早いもので初代楽ナビが登場したのが1998年。当時はまだ地図などを収録するメディアが「CD-ROM」、当時はこれはこれで最新の技術だった。

 その後、2000年にはDVD、2005年にはHDD(DVDモデルも併売)、2011年には現在同様のメモリー型に進化、同時に当時はポータブルモデルもラインナップしており、ワイドバリエーションにより幅広いユーザーに対応した。

 またカロッツェリアブランドにはハイエンドのサイバーナビもラインナップされていたが、商品ごとのコンセプトもきちんと区別化されていた点も高く評価されていた。

 ハイエンドらしい最新鋭の技術を常に取り込むサイバーナビと基本としては高いカーナビ性能を搭載しながら、UI(ユーザーインターフェース)などにウエイトを置いた楽ナビ、つまり高性能ながら敷居が低く、オーバーに言えば取説を読まなくてもすぐに使える点も支持を得たポイントと言える。

■新モデルのキモはHDMI端子の搭載!

写真の高画質7V型(200mm)モデル「AVIC-RW912」もHDMI入出力端子を採用

 高い基本性能を持つ楽ナビだが、その中でも特に目を引くのが「HDMI入出力端子」の採用だ。

 メディア側の進化に対し、AVナビは当然のそれに対応できなければならない。特に昨今のYouTubeを始めとする動画ストリーミングサービスや、ゲーム機、デジカメなどへの接続対応はマストと言える。

 楽ナビはHDMI端子を使うことでこれらを高画質なHDディスプレイ上にフルデジタルで伝送し表示できることが大きなメリットだ(注:「AVIC-RW112」「AVIC-RZ112」には非搭載)。

 また家庭でも人気の「Amazon Fire TV Stick」にも対応しているのでHDMI端子にこれを挿すだけで(電源もUSB端子から取れるので大丈夫)楽しめるコンテンツは一気に拡大する。

 またHDMI端子は入力だけでなく、出力へも対応しているので、対応するモニターを楽ナビと接続することで、地デジも含めた映像ソースを後席で楽しめることは言うまでもない。

■実は強力な援軍がいる

車内でネットが定額使い放題となるDCT-WR100D

 スマホや専用機器等を接続することでスマホより大画面かつ高画質で動画ストリーミングサービスなどが楽しめるのは確かに魅力的だ。ただこの場合、当然のことながらデータ通信量が発生する。

 特に昨今の動画サービスなどはHD画質での配信や、ゲームの場合もオンライン対戦やサーバーへのアクセスなど実は頻繁に通信量がかかるケースも多い。

 調子に乗ってガンガン使っていたら契約プランにもよるが請求額の上昇や、逆に上限に達したことで通信速度を強制的に下げられてしまうなどメリットが半減してしまう。

 そこで楽ナビ&デジタルコンテンツに絶対オススメしたいのが人気爆発の車載用ルーターである「DCT-WR100D」だ。商品の詳細はここでは省くが、これを使えば定額で通信が使い放題。

 またこれが実は重要なのだが、「DCT-WR100D」はNTTドコモの「docomo in Car Connect」に対応しており、走行時でも安定した通信環境を提供してくれる。

 実際、筆者も所有しており、過去何度も長いトンネルを走っていても動画再生などは安定していた。結果として大ヒットしたわけだが、従来までは携帯電話の通信回線に頼っていたデジタルコンテンツの再生時の悩みははこの「DCT-WR100D」の登場で解決したと言ってもいい。

]

次ページは : ■専用品の強みとワイドバリエーション

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ