【超低粘度も出現!!】粘度が違うと何が変わる? エンジンオイルの選び方 2019最新版


 愛車のエンジンを最適な状態に保つためには、欠かせない「オイル交換」。

 近年では、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドなどで、作業をお願いしている方も多いでしょう。

 なかでも「カー用品店」は、工賃が比較的安価であり、またオイル自体も安く売られているので、多くの方が利用しやすい環境にあります。

 しかし、そこで困ってしまうのが「オイル選び」。多くの種類が並んでいるカー用品店では、どのオイルを選べばいいのか悩むケースも多いでしょう。

 最適なオイル選びは、やはり知識として知っておきたいところ。そこで今回は「エンジンオイルの選び方」についてご紹介いたします。

文:立花義人
写真:Adobe Stock、編集部


エンジンオイルの「粘度」=軟らかさ

エンジンオイル交換は現代の車でも自らできる比較的敷居の低い作業のひとつ。自分で交換しなくてもレベルゲージでオイルの状態はチェックしよう

 エンジンオイルには油脂分だけでなく添加剤が配合されており、それによって様々な種類がありますが、まず注目すべきは「粘度」と「ベースオイル」です。

 「粘度」とは、オイルの「軟らかさ」を示します。

 例えば、粘度が低くてサラサラしている、軟らかいエンジンオイルは、エンジンの始動性が良く、抵抗が少なくなるため、エコカーなどの燃費が良い車によく使われています。

 ただ、こうした軟らかいオイルだと、エンジンが高回転時に油膜切れを起こしてしまうため、スポーツカーなど高性能エンジンには不向きです。

 逆に、エコカーに粘度の高いものを入れてしまうと、エンジン内部に思わぬダメージを与えてしまう可能性もあります。

 このため、各自動車メーカーは、クルマの取り扱い説明書や車内に、そのクルマに適切なエンジンオイルの「粘度指定」を表記しているので、それと同じか、もしくは近い粘度のエンジンオイルを選ぶ必要があります。

5W-40の「W」って? 「数字」は何を示す?

オイルの特性を表わす粘度の表記と見方

 エンジンオイルの缶に記されている「5W-40」という粘度表記を見てください。

「W」というのは「Winter」、つまり「冬」の略。Wより前の数字が低ければ低いほど、低温時でも粘度を低くすることができ、始動性が良くなります。

 一方、ハイフンの後の「数字」は、高温時の粘度を表しており、この数字が高ければ高いほど、高温時の油膜を保持する能力が高いことを示しています。

 また、エンジンオイルの基本となる「ベースオイル」には3種類あります。

・鉱物油:最も安価なベースオイル。原油から不純物を取り除いて精製
・部分合成油:鉱物油に他の精製油を混ぜて生成。鉱物油よりも耐熱性や耐酸化性の高い中間グレード
・化学合成油:最も潤滑性や耐熱性に優れたオイル。高性能であるため価格は高い

 このように、同じ粘度のオイルでもベースオイルの種類によって性能が異なりますので、自分が求める性能に合わせて、選ぶ必要があります。

次ページは : エコカーからスポーツカーまで! 【カテゴリー別】オススメエンジンオイル 3選

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ