【災害に備えて覚えておきたい】ガソリンの購入・運搬・使用・保管の注意点


 ガソリンを給油する以外で購入するというのは、かつては農業従事者、工事現場などある程度限定されていたが、今は事情が大きく違ってくる。

 震災や自然災害が多発していることもあり、電源を確保するために発電機を個人で購入するケースが増えている。ホンダの発電機 のEU9iGB(エネポ) のようなカセットボンベを使った発電機も出てきているが、主流はガソリンを使うタイプ。

 しかしガソリンの扱いについて知らない人が多すぎる。ガソリンは揮発性が高いため、扱いを間違えれば大災害にもなる可能性があり、実際に扱いを誤ったことで重大事故になったケースは枚挙にいとまがない。ガソリンを甘く見ると大変なことになる。

 知らないことが要因で勃発する事故の撲滅を目指して、ガソリンの扱い方のポイントを紹介していく。

文:ベストカーWeb編集部/写真:HONDA、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】これでバッチリ!! ガソリン&軽油に関する規制早見表


購入する際に厳しくなる

 2019年7月に発生した京都アニメーション放火事件は、容疑者がガソリンをまいて火をつけたことで多くの犠牲者が出たが、それ以外にも日本ではガソリンをまいて放火するという事件が発生している。

 2019年の時点では、ガソリンを購入する際に制約、禁止されていることはあるが、基本的に手軽に購入することができる。

ガソリンは燃料として給油しているぶんにはほぼ安全だが、個別に購入した場合は非常に危険で凶器にも変貌するので取り扱いには細心の注意を払いたい

 しかし、2019年10月26日、総務省消防庁は京都アニメーション事件を受け、ガソリン販売に関する規制を強化する方針を明らかにした。

 クルマに給油する場合は従来どおりだが、携行缶などでの販売については、販売者への身分証明書の提示、使用目的の確認を事業者(ガソリンスタンド)に義務付けるというもので、2020年2月1日の施行を目指している。

購入時の注意点1/購入場所

 給油以外の目的でガソリンを購入する場合、ガソリンスタンドで購入することになるが、フルサービスのガソリンスタンドでのみ可能だ。

 セルフスタンドが許可されているのは、二輪車や四輪車への給油のみで、ナンバープレートが装着されていない車両への給油は禁止されている。それと同時に携行缶などガソリンの小分け販売も禁止されている。

 つまり、セルフスタンドではガソリン携行缶を持っていようが購入することはできない。このことを知らない人は多く、ガソリン購入の盲点でもある。また、知っていてもやっている人もいるが、非常に危険なので厳禁。

あまり認知されていないが、セルフスタンドで給油以外でガソリンを入手することはできない。携行缶でもやってはいけない。フルサービス店で購入しよう

次ページは : 購入時の注意点2/容器

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ