【次期クラウンはマツダと!??】王者トヨタの新車戦略をキャッチ!!


スズキに関してはどうなるのか!?

■スズキはトヨタとの提携でワゴンRをフルハイブリッドを搭載へ

ワゴンRはスズキの屋台骨。アルトから採用された新開発プラットフォームにより軽量化されたが、トヨタとの協業によりストロングハイブリッドの搭載が次期型以降では現実的なものとなる。次期ワゴンRの予想CGイラストはベストカーが製作したもの

 トヨタ側のメリットはスズキの軽自動車作りの知見、つまり小さなクルマ作りのノウハウの吸収だ。

 いわゆる『ラストワンマイルモビリティ』と呼ばれる超小型EV開発にスズキのノウハウが活かされる。

 一方、スズキはトヨタの電動化をはじめとしたCASE技術を吸収することだ。ハイブリッドシステムにしてもTHSを軽自動車向けにしたものを次世代ワゴンRに搭載するなど進めていくことになろう。

 トヨタの資本力を中軸とした巨大提携関係で時代にマッチしたクルマが登場することで、日本の自動車メーカーが世界での競争力を高めていくことが最大の狙いだ。

【画像ギャラリー】トヨタとスバルがコラボして生まれるWRCマシンとは?