アル/ヴェル、N-BOX、デリカD:5…最近急増 個性的ヘッドライト車たち


上部横長+下部縦長で二段

代表例:三菱デリカD:5、三菱eKクロス

 三菱車のフロントマスクのアイデンティティであるダイナミックシールドに上部横長+下部縦長の二段ランプの組み合わせは、パッと見こそ受け入れられにくいかもしれない。

 しかしすぐに見慣れることもあり、メーカーの規模などを考えれば個性が重要な三菱自動車が、特に三菱自動車らしさの濃いデリカD:5とeKクロスにこのフロントマスク全体を採用したのは勇気ある英断だった。

【2台の部分ごとの役割】
●デリカD:5
上部:ポジションライト
下部:ヘッドライト
独立した下側:ウインカー

この写真では見えにくいが、ヘッドライトの下に独立してウィンカーが装着されている。この大胆なフロントマスクも慣れるとカッコよく見える

●eKクロス
上部:ポジションライト
下部:ヘッドライト(上側)/ウインカー(下側)

ダイナミックシールドの採用によりミニデリカとでもいった感じのデザインに仕上げられている
eKクロス

 なおそう遠くないうちに東京モーターショーにも出展された現在のeKスペースの後継車にもeKクロスに準じたモデルが設定される(車名はeKスペースクロス?)。

 こちらのランプは形こそeKクロスに似ているものの、ランプの役割はeKクロスと異なる構成となるかもしれない。

eKスペースクロスという車名? の新型スーパーハイトワゴン軽自動車は、eKクロスよりもさらに精悍なフロントマスクに仕上げられている要注目車だ

よく見ると上下二段になっているセミ上下二段

代表例:トヨタアルファード、トヨタエスクァイア、トヨタノア、日産セレナ、ホンダN-BOXカスタム、ホンダシャトル

 シルバーのガーニッシュなどがあって分かりにくいけど、上下二段になったフロントのランプを持つクルマにおいて、地味ながら勢力を拡大しているのがこのグループだ。

 ほどよく個性をアピールできるこのタイプは、特にラグジュアリーなアルファードとエスクァイア、ファミリー向けのノアというキャラクターを持つトヨタのミニバンにおいては、ヴェルファイアとヴォクシーとの差別化にはよく合っている。

歴代モデルともワイルドなヴォクシーに対し落ち着いた顔に仕上げられているノアだが、よく見るとヘッドライトは上下に分割されている

 しかし2020年5月からトヨタのディーラーが一本化されるといずれは兄弟車もなくなるため、ランプ類も含めたフロントマスクの個性が減る傾向となるのはちょっと寂しいところだ。

【各車の部分ごとの役割】
●アルファード
上部:ヘッドライト
下部:ウインカー(外側)/ポジションランプ(内側)

巨大なフロントグリルによる押し出しが好評のアルファードだが、ヘッドライトもかなり凝ったデザインになっている

●エスクァイア、ノア
上部:ポジションランプ(上側)/ヘッドライト(下側)
下部 ウインカー

ノアの上下タイプのヘッドライトは派手さはないが、ライン上に入ったアクセサリーランプがおしゃれな雰囲気を醸し出している

●セレナ(LEDヘッドライトの場合)
上部:ポジションランプ(上側)/ウインカー(下側)
下部:ヘッドライト

セレナもライバルミニバンに負けじと上下分割タイプのヘッドライトで精悍さをアピールすることに成功している

●N-BOXカスタム
上部から下部にかけての、助手席側ならコの字になる部分:ポジションランプ上部:ウインカー
下部:ヘッドライト

ヘッドライトを囲むように配置されたポジションランプにより嫌みのない高級感を好演出。ヘッドライトデザインにもこだわりを見せるN-BOX

●シャトル
上部:ウインカー
下部:ポジションランプ(外側)/ヘッドライト(内側)

シャトルもマイチェンでヘッドライトデザインを変更。精悍になったフロントマスクはユーザーにも好評だ

次ページは : 番外編 ひとつのライトの中に三分割 

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ