【レヴォーク、スイフトスポーツ等】300万円台までの安くてもいい足のクルマ

 スポーツグレードに装着される足回りは有名メーカーのものが装備される。

 しかし、逆にいえば高いグレードなら「いい足回りでも当然」ともいえる。そこで「コスパ」の高い、いい足回りのクルマたちを国沢親分がじっくりと解説。

 100万円台、200万円台、300万円台の各カテゴリーで最高の足を持つ1台をみていこう。

 文:国沢光宏/写真:スズキ、スバル
ベストカー2016年12月10日


いい足回りはスポーツグレードだけのものではない!!

 以前の記事でレヴォーグや86のビルシュタインやザックスを紹介したが、そこまでとがったグレートだと「足回りはよくて当然」というユーザーも多い。

 そこで今回はより親しみやすい価格帯の100万円から300万円台のクルマでいい足回りを国沢親分がセレクト。さっそく見ていこう。

100万円台のナンバーワンは?

 100万円台で足回りにお金をかけているといえば、やはりスイフトRSにほかならない。スズキは欧州テネコと同じスペックのダンパーを国内メーカーにも要求したということだけれど、やはりダメだったという。

 欧州テネコと同じレベルのダンパーを作れなかったワケ。そこで欧州生産モデルで使っているテネコ製のダンパーを欧州から持ってきて組んでいる。

 最近のスズキがそこまでいいクルマ作りにこだわっているか不明ながら、少なくとも当時はダンパーを輸入してでも、クルマ通をウナらせる仕上がりにしたかったんだと思う。

 次点がシエンタ。車高のあるミニバンということを考えると、フランス車のような猫足で好ましい。スイフトのフルモデルチェンジでRSがカタログ落ちしたらシエンタをナンバー1にします。

im0000001502
スイフトスポーツ

200万円台はインプレッサの圧勝

 200万円台は新型インプレッサの圧勝だ! 100万円台のグレードもあるので、本来なら両クラス圧勝にしてもよいほど。

 新型インプレッサの凄さは、ハンドリングの奥ゆき。どんな路面状況でも、すばらしい過渡特性を見せてくれるのだった。

 「限界を超えたら突如グリップを失いコントロールが危険な状況になる」というタイプの正反対。それでいてグリップレベルも高い。ちなみに「限界を低くしてコントロール性能を引き上げる」というアプローチなら、グリップ低いタイヤ履けばいい。インプレッサの凄さは、高い限界を持ちながらコントロール性も確保している点にある。

 今後、さらに良質のダンパーを採用するような方向にいくと、現時点で優位にある性能だけでなく上質感でもドイツ車のレベルまで届く可能性大きい。

p04_01
インプレッサ

300万円台もスバルに軍配が

 300万円台は迷うことなくWRX S4 のGT-S(ビルシュタインを標準採用)をプッシュしたい。いや、正確に書けば、S4自体がいい足のクルマだからして、ビルシュタインでなく社外の足回りを組んでもいいと思う。

 ここにきてしなやかに動く、本格派のダンパーも出回り始めた(ひと昔前までは単に硬くて車高を低くしただけの足回りが主流だった)。

 参考までに書いておくと、私のS4はTEINの国際ラリー用のダンパーを使っているのだけれど、ビックリするほど乗り心地いい。

 お金に余裕のある人は、S4買ってこんなダンパーに交換すると夢のような乗り心地とハンドリングになります。基本設計のいいクルマは、良質のダンパーを使うことにより超素敵な乗り味に進化する。

wr15602
WRX S4

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ