【レヴォーク、スイフトスポーツ等】300万円台までの安くてもいい足のクルマ


 スポーツグレードに装着される足回りは有名メーカーのものが装備される。

 しかし、逆にいえば高いグレードなら「いい足回りでも当然」ともいえる。そこで「コスパ」の高い、いい足回りのクルマたちを国沢親分がじっくりと解説。

 100万円台、200万円台、300万円台の各カテゴリーで最高の足を持つ1台をみていこう。

 文:国沢光宏/写真:スズキ、スバル
ベストカー2016年12月10日


いい足回りはスポーツグレードだけのものではない!!

 以前の記事でレヴォーグや86のビルシュタインやザックスを紹介したが、そこまでとがったグレートだと「足回りはよくて当然」というユーザーも多い。

 そこで今回はより親しみやすい価格帯の100万円から300万円台のクルマでいい足回りを国沢親分がセレクト。さっそく見ていこう。

100万円台のナンバーワンは?

 100万円台で足回りにお金をかけているといえば、やはりスイフトRSにほかならない。スズキは欧州テネコと同じスペックのダンパーを国内メーカーにも要求したということだけれど、やはりダメだったという。

 欧州テネコと同じレベルのダンパーを作れなかったワケ。そこで欧州生産モデルで使っているテネコ製のダンパーを欧州から持ってきて組んでいる。

 最近のスズキがそこまでいいクルマ作りにこだわっているか不明ながら、少なくとも当時はダンパーを輸入してでも、クルマ通をウナらせる仕上がりにしたかったんだと思う。

 次点がシエンタ。車高のあるミニバンということを考えると、フランス車のような猫足で好ましい。スイフトのフルモデルチェンジでRSがカタログ落ちしたらシエンタをナンバー1にします。

im0000001502
スイフトスポーツ

次ページは : 200万円台はインプレッサの圧勝

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ