GT-R、クラウンら登場!! シチュエーション別おすすめスポーツカー

 スポーツカーと一口にいっても車種はさまざまだし、得意なシチュエーション、苦手なシチュエーションがあるもの。

 また乗り手によって使いたいシーンもさまざまだろう。そこで編集部で”あるある”というシチュエーションを提案。それにマッチするクルマをエキスパートに選んでもらうことにした。2017年のスポーツカー選びのご参考に!!

 文:ベストカー編集部/写真:小宮岩男、池之平昌信、奥隅圭之、西尾タクト、日産、マツダ
ベストカー2016年10月26日号


首都高全面封鎖でレースをするなら?

 首都高はタイトなターンやトリッキーなコーナーが多い。舗装の質も異なるためグリップレベルだって違う。

 荒れている区間も多いし。この道を全開で走るとなれば、どの速度域でもどんな路面状況でも安心してアクセル踏めるクルマじゃないとダメ。

 サスペンションストロークの少ないGT-Rはコントロールに苦労しそう。ということで指名したいのがホンダの新型NSXである。

 ウェットの鈴鹿で全開走行して以後、私のなかのNSXの評価はヒジョウに高い。ワイルドな首都高だって存分に楽しめることだろう。(国沢光宏)

NSXというと硬派なイメージも強いが、新型はサスペンションストロークもあり乗り心地がいい。首都高の荒れた路面でも充分快適に速いはず

鈴鹿や富士よりミニサーキットで速く走りたい!!

 ミニサーキットとなるとニュル24時間やスーパー耐久、そしてラリーやジムカーナといったあらゆるモータースポーツフィールドで鍛え上げられたスバル WRX STIの戦闘力がモノを言う。

 コースが狭くなれば狭くなるほど、コーナーがタイトになればなるほどWRX STIが本領を発揮する!!

 と言いながら、やっぱノーマルではGT-R NISMOに勝つのは厳しいかも? 

 優勝を狙わず楽しむなら、86かロードスターを選ぶ。もし耐久レースで初中級者とチームを編成しているとなれば、スイフトスポーツも悪くない。(大井貴之)

ハイテク4WDの効果で曲率の高いコーナーもなんのその。強烈なトラクションで速さはピカイチ

車種無制限のレースがあるとして選ぶならどのクルマ?

 これはもう迷うことなくGT-R NISMO。600psというパワーも凄いが、10年を費やして煮詰められたボディ、足、4WD技術の完成度は恐ろしく高い。

 そこにレーシングテクノロ ジーが惜しみなく注ぎ込まれたエアロが装着され、ハイグリップタイヤまで装着されているのだから、GT-R NISMOはまさに無敵。

 トータル性能が問われる鈴鹿サーキットはもちろん、ストレートの長い富士スピードウェイであろうが、ストップ&ゴーのツインリンクもてぎであろうが、速さを競うならGT-R NISMO以外考えられない。(大井貴之)

国産最強の座は盤石なGT-R NISMO。ニュルで鍛えたボディ、足回り、エンジンなど発売から10年近く経ついまも改良は続き、世界の一線級の性能を誇る

湘南で潮風を感じながら走りたい!!

 海沿いの道を気持ちよく走ろうとしたら、やっぱしオープンカーだろう。で、改めて国産車のオープンカーをリストアップしたら愕然としたね。今やなんと3車種しか選べないのである!!

 幸い、ロードスターは世界TOPクラスの魅力を持つ。なんてったって幌を開けるのに数秒しかかからないだから。

 海に突き当たった交差点の信号待ちで屋根を 開けることだって可能。ロードスターと言えば走りだけを楽しむクルマだと思いがち。されどノンビリ走ったって楽しいのだった。(国沢光宏)

ロードスターにはRFもデビュー。汗臭くない、余裕を持って爽快感を味わえる1台だ

お葬式にも行けるスポーツカーってある?

 冠婚葬祭には礼服を着て出かける。クルマは服装ほど厳密ではないが、葬式に真っ赤なオープンボディのスポーツカーはさすがにマズイ。

 特に仕事関連を含めて葬式に出かける機会の多いユーザーにとって、スポーツモデルの選択には意外と悩むと思う。

 そこで推奨したいのがクラウンアスリート。3.5Lエンジン搭載車なら走行性能は相当に高く、ボディカラーにブラックやシルバーを選べば外観は地味なセダン。

 羊の皮を被った狼的なカモフラージュも楽しめ、大人のクルマ好きにおすすめだ。(渡辺陽一郎)

外観からは想像つかないほど元気なクラウンアスリート。カラー展開も大人仕様だからフォーマルな場でも浮かない

私をスキーに連れてって!! けどスポーツ性能はスポイルさせたくない?

 今はスタッドレスタイヤの性能が高まり、2WDでも積雪路面を不安なく走れる。それでもさらに安心感を高めて、雪上で少しスポーティな運転も楽しみたいなら4WDがいいだろう。

 そこで注目されるのがレヴォーグ2.0GT-Sアイサイトだ。4WDはセンターデフを使うVTD式で、前後輪のトルク配分を45:55に設定した。

 アクティブトルクスプリット式4WDを採用する1.6GTに比べて、雪道ではアクセル操作で車両の向きを変えやすい。ワゴンだからスキー用品も積みやすく気分が盛り上がる。(渡辺陽一郎)

レヴォーグにはSTIもデビュー。速さと安全性能を両立したステーションワゴンは国産では唯一無二

500km以上の移動を頻繁にする人におすすめの1台

 長距離移動の機会が多いユーザーには、危険を避けられる走行性能というものが重要になる。高速道路を頻繁に走ると危険に遭遇する機会も増えるからだ。

 また、運転する時間も長いので、快適性やドライバーを退屈させない運転の楽しさも大切だ。

 これらの条件を満たすスポーツモデルがフェアレディZだ。バージョンSやSTには4輪にアルミの対向ピストンブレーキと19インチタイヤが装着され、急制動 しながら危険を回避する性能が高い。

 乗り心地も密度感が伴う快適なもので、もちろん生粋のスポーツカーだから運転も楽しい。(渡辺陽一郎)

国産FRとしてはスカイラインに次ぐ歴史を持つフェアレディZ。ホットモデルのNISMOの評価も高い

スポーティーなクルマでもゴルフバックが入らないとダメ

 ゴルフ場を往復するなら、荷室の広さと使い勝手が大切だ。ゴルフバッグはセダンのトランクにも収まるが、収納性はワゴンが優れ、ゴルフに出かける気分も盛り上がる。

 友人を同乗させるなら後席の居住性と乗り心地も大切で、多少の見栄も張りたい。

 そこでアテンザワゴンXDのLパッケージを推奨する。荷室の広いLサイズワゴンで、後席の居住性や乗り心地が快適。

 内装は上質で大人4名の乗車に適する。クリーンディーゼルターボは長距離移動でも燃料代が安く、ゴルフ場の往復に最適だ。(渡辺陽一郎)

セダンに隠れがちだがワゴンも実用性が高い。しかも6MTが選択できるのもスポーティーカー好きにはたまらない!?

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ