【インパクトは絶大!!】グレード名に日本語が使われている日本車5選


 クルマは車名、グレード名など外来語をベースとしたものや数字、アルファベットを使ったものが多い。車名はトヨタカムリ(冠)、いすゞアスカ(飛鳥)など、日本語由来もあるが、グレードについては昔からDX(デラックス)などが好んで使われてきたように、日本語がつかわれているものは少数派だ。

 マツダがアクセラ、デミオ、アテンザを消滅させグローバルで使用している車名に統一し、トヨタもヴィッツからヤリスに変更したりと、日本固有の車名自体も消滅してきているなか、本企画では、過去から現在まででグレード名に日本語が使われているクルマを集めてみた。

 かなり少数派だが、そのインパクトはなかなか強烈なものがある。

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA、NISSAN、SUBARU

【画像ギャラリー】少数派の愉悦!! 日本語に由来する車名を持つクルマたち


スバルサンバーさわやか&かろやか

 現在スバルサンバーはダイハツからのOEM車となっているが、スバルオリジナル時代のサンバーは、特別仕様車がなかなか個性的だった。

 サンバーシリーズの特別仕様車で有名なのは、最後のスバルオリジナルサンバーに設定されたWRリミテッドでこれは今でも大人気だ。

 しかし、1990年にデビューした5代目サンバーには、『さわやか』、『かろやか』という特別仕様車が設定されていた。

快適装備などは基本的にオプションだった1990年代の軽トラ&軽バンで、快適性、運転しやすさをアピールするのがわかりやすいネーミングがグッド

 今でこそ軽トラ、軽バンも安全装備、快適装備が充実しているが、1990年当時の軽トラ&軽バンは、荷物がいっぱい積載できて安いのが一番偉く、快適装備は基本的にオプションだった。

 そんなか、エアコンを標準装備したのが『さわやか』で、エアコン+パワステを標準装備したのが『かろやか』だったというわけだ。超ストレートな『さわやか』、『かろやか』というネーミングセンスも抜群だ。

日産バネットラルゴウミボウズ&ヤマアラシ

 これはオーテックジャパンが手掛けた傑作日本語グレード名の1台で、その名も『ウミボウズ』。車名はカタカナ表記だったが、漢字で書くと海坊主だ。

『ウミボウズ』はセレナの上のクラスだったバネットラルゴに設定されたオーテックジャパンが手掛けた特別仕様車で1992年にデビュー。

 アウトドアブームだったこともあり、そのニーズに応えるべく、フロントグリルガード、大型フォグランプを標準装備するなどアウトドア志向に仕上げられていた。

ウミボウズといいう名前からもわかるとおり、ターゲットはマリンスポーツ好きだった。シュールな名前ながら実力は確かだった

 この『ウミボウズ』というモデルは1993年にデビューした2代目ラルゴ(バネットの車名は消滅)にも設定された。

 ちなみにバネットラルゴ時代には、『ヤマアラシ』というモデルも設定されていた。『ヤマアラシ』は大型のルーフキャリアを装着していて、全高が2mを超えたため、シリーズで勇逸の3ナンバーとなっていた。

 それにしても『ウミボウズ』&『ヤマアラシ』って……、このインパクトに勝てる日本車の車名を担当は知らない。これは相当ブッ飛んでいる。

次ページは : 日産セレナキタキツネ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ