【車名、エンブレム、用品、ニックネーム】クルマ関連の十二支


 十二支といえば、子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)という12の動物や伝説上の生き物が当てられている。

 2020年はその十二支の最初の順番となるということで、クルマ界と十二支を関連付けていろいろ調べてみた。

 写真ギャラリーでは、十二支には入っていない動物由来のクルマを紹介するのでお楽しみに!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:MITSUBISHI、SUZUKI、HONDA、NISSAN、PORSCHE、DODGE、LAMBORGHINI、GM

【画像ギャラリー】干支以外の動物由来のクルマ


子(ね)

トッポは三菱のスーパーハイトワゴン軽自動車の元祖で、eKスペースはトッポの後継モデル。2020年3月には新型がデビュー予定だ

 三菱トッポは三菱ミニカトッポ→三菱トッポBJ&トッポBJワイド→三菱トッポという変遷を経ている。トッポはイタリア語のネズミであるTOPOと背が高いノッポを掛け合わせて車名にしている。

 そのほかでは、初代フィアット500は、キビキビと狭い街中を走ることから、トッポリーノという愛称で呼ばれた元祖ネズミさんだ。

丑(うし)

自動車に名を残す美しいクルマの1台がランボルギーニミウラ。スーパーカーブームの時は日本人名の三浦と勘違いする人もいたというが闘牛由来

 クルマ界で牛といえばランボルギーニをおいてほかにない。ランボルギーニのエンブレムはファイティングブルと呼ばれているとおり、市販車の車名も闘牛にこだわっている。

 ランボルギーニが初めて市販車に闘牛関係の名前を付けたのは、ミウラで、スペインのミウラ闘牛牧場にちなんで命名されたという。

 それ以降、闘牛関係の名前にこだわり命名しているが、例外はカウンタックだ。

 イタリア語の『ワオ!!』という驚きを表す感嘆詞のクゥンタッチ(COUNTACH)に由来していると言われている。名前のとおり世界を轟かせたのは言うまでもない。

 ランボルギーニ以外で牛と言えばレッドブル。F1のレッドブルホンダの躍進に期待したいものだ。

現行のトップモデルであるアヴェンタドールの車名も例外なく闘牛関連で、スペインのサラゴサの闘牛場で活躍した牛に由来している

次ページは : 寅(とら)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ