【マーチやキューブに広さをプラス!?】 モアスペースに挑んだ個性的派生車 7選


 キラ星の如く生まれては消えてゆくクルマたちは数あれど、売れてるモデルにさらに手を加え魅力&販売台数大幅アップ!!! …を狙いながら、“本家”ほどのヒット作とはなれず、消えていった派生車も少なくない。

 ヒットモデルの車体をちょっと伸ばして荷室を広げてみたり、コンパクトな車体に3列シートを設置したり…。

「時代の波」を確実に掴みつつも、やはりコンセプトに無理があったか、ユーザーからは「中途半端だね」といった評価しかもらえず消えていったクルマたち。

 それでも創意工夫を尽くそうとした佇まいに哀愁を覚えなくもない、そんな7台をご紹介。

【画像ギャラリー】時代が違えばひょっとして…!!? 理解を得られず不遇をかこった悲運の絶版車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:ベストカー編集部/車両解説:永田恵一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号


■日産 マーチBOX(1999年)

 2代目マーチに追加された、コンパクトステーションワゴン。リアシートはダブルフォールディング式で、荷室の使い勝手にも留意。

ハッチバックをモデル途中からワゴン化してラインナップに加えたという世界的に見ても珍しいクルマ

■日産 キューブキュービック(2003年)

 2代目キューブに加わったコンパクトミニバン。スライドドアでないうえに3列目の強烈な狭さも致命傷になり、一代限りで絶版に。

2代目の登場(2002年10月)から1年後に追加設定されたのがキューブキュービック(cube3)。cube3の「3」には「3列シート」の意味も込められていた

次ページは : ■三菱 ディオン(2000年)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ