なぜコンパクトカーのハイブリッドには4WDの設定がないのか?

雪の季節となれば、2WDよりも4WDのほうが断然心強い。特に発進時はFFやFRよりも安定しており、立ち往生の心配が少なくなる。しかし、コンパクトカーのハイブリッドには残念ながら4WD設定がほとんどがない。なぜなのだろうか?

文:ベストカー編集部

ベストカー2016年5月10日号


後席の居住性を奪うことになる

下記にまとめた表を見てもらうとわかるが、現在のところハイブリッドカーで4WDの設定があるのはミニバンやSUVばかり。販売台数ではコンパクトカーの方が圧倒的に多いのに、なぜ4WDの設定がないのだろうか? 鈴木直也氏に聞いてみた。

「4WDにするにはトランスアクスルが必要になるけれど、タダでさえ車体の小さいコンパクトカーに、トンネルを作ってプロペラシャフトを引っ張って、トランスアクスルもとなると、後席の居住空間を奪うことになってしまうんです。それは、メーカーが考える商品の方向性とは異なるということです」

プリウスは、プロペラシャフトの代わりに配線を引いて、小型のモータートランスアクスルを開発・搭載することでこの問題をクリアした。スペースを食わないためにはそうしなければならなかったということだ。鈴木氏によると、コンパクトカーで採用するには、台数が売れないとコストをペイできないので、できるのはトヨタくらいではないかとのことだった。


小さなSUV、イグニスには4WD設定がある。2WDとの価格差は約14万円程度だ


プリウスは、モーターを別途リアに搭載するE-Fourを採用。当然ながらコストがかかるため、低価格のコンパクトカーでの採用は難しい

 

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ