【超個性派絶版車の足跡を辿る】 無国籍感ただよう異端児グルマ 8選


 1980年代の後半、よーく見てみると何かが足りない気がする、ツッコミどころのある「ナゾ」なクルマたちがあった。

 また1990年代後期から2000年代はじめには、海外メーカーとの提携強化の結果として、はたまた貿易摩擦解消の手段としていくつもの「珍車」が生まれた。

 後者に関しては言うまでもなく、前者についても当時の経済の有り様に振り回された末の「異端児」だった気がしてならない(それで商業的に成功したならまだ救いようもあるのだが)。

 そんな無国籍感漂う異端児たち8台をご紹介。

【画像ギャラリー】いまなお根強い人気のクルマもあり!! 愛すべき異端児たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文・写真:ベストカー編集部/車両解説:永田恵一
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号


■スズキ X-90(1995年)

 初代エスクードをベースに2人乗りかつTバールーフとした遊びクルマ。リアシートありなら運命は変わったかも。

じつはラダーフレームを採用し高いオフロード性能を発揮した本格派SUV。生産台数は1,300台余りだった。企画担当、どうしても「Dr.スランプ」に出てきそうな気がしてしょうがない

■いすゞ ミュー ハードカバー(1989年)

 当時のいすゞのピックアップトラックをスペシャルティにしたモデル。リアシートなしまで踏襲しなくても……。

車名の「MU」は「mysterious utility(ミステリアス・ユーティリティ)」。皆までは言わないが、「確かに!」と、ちょっと意地悪な感想が浮かぶ

次ページは : ■三菱 ミラージュ XYVYX(ザイビクス・1987年)