【生産終了間近のスバルエンジン生産工場に潜入取材!!】名機EJ20はこうしてできる!!

 1989年1月、初代レガシィに初めて搭載されたEJ20エンジン。スバルは2019年秋、EJ20エンジンの生産を終了すると発表するとともに、EJ20エンジンを積んだフィナーレを飾る特別仕様車「WRX STI EJ20 ファイナルエディション」を、2019年10月24日から11月10日まで予約を受け付け、限定555台を販売すると発表したが、即完売した。

 そして、2019年12月23日18時をもって、EJ20エンジンを搭載したカタログモデルのWRX STIの注文受け付けを終了したのはご存じのとおり。

 さて、約30年にわたってスバルの主力エンジンだったEJ20エンジン。今回、EJ20エンジンを組み立てている、桐生工業(スバルより受託生産を受けた関連企業)の本社工場を潜入し、名機EJ20エンジンはどのようにして組み立てられているのか、徹底取材した!

文/ベストカー編集部
写真/西尾タクト
初出/ベストカー2020年2月26日号

【画像ギャラリー】22B 初代STIほかEJ20を積んだスバルの名車たち


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ