【普通のクルマでも効く?】「スリップストリーム」一般道でやってはいけない当然の理由

 英語圏では「トウ」ともいわれる「スリップストリーム」。

 「スリップに入る」「スリップを出て、抜きにかかる」などのように使われ、F1やスーパーGTなどで、前走車のスリップストリームに入ったマシンが、前走車のわきに出て、一気に追い抜いていくシーンを見ていると、その効果は大きいことがよく分かります。

 モータースポーツの世界では、オーバーテイク時に使う技術として昔から使われてきたスリップストリーム現象ですが、レーシングカーでもスポーツカーもない普通のクルマでも、このスリップストリーム現象を利用することは効果的なのでしょうか。

文:吉川賢一、写真:トヨタ、ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】北米で発表されたGRスープラ3.0Lエンジン改良型(北米仕様)をみる


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ