【レビン トレノ タイプR ロードスター】 往年の1.6L“テンロク”スポーツの名車たち 13選


 1990年代前半まで、「グループA」と呼ばれるカテゴリーを中心とした自動車レースが盛んに行われていた時期があった。クルマ好きたちは、「テンロク」と呼ばれた、1.6LクラスのDOHCエンジンが搭載された高性能なスポーツモデルに夢中になった。

 速さと操る楽しさを競い合った時代、扱いきれるパワーだからこそ走りに集中できた、そんな“テンロク”エンジンを搭載した名車たちを振り返る。

【画像ギャラリー】1990年前半…短くも熱い時代を駆け抜けた名車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:萩原文博/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号


■No.001 トヨタ AE86 カローラレビン・スプリンタートレノ(1983年登場)

搭載する4A-GEUエンジンは130ps(グロス)の出力を発生

●どんなクルマ?

 5代目のカローラ/スプリンターセダンは駆動方式がFFとなったが、スポーティモデルのレビン/トレノにはFRが継続採用された。レビン/トレノに搭載されている1.6Lの4A-GEと、当時シビックSiに搭載されていたZCが国産車テンロクバトルの原点となる。

 軽量コンパクトなボディと後輪駆動、そして多彩なアフターパーツによりチューニングのベース車として人気。ハードな味付けの足回りの「GTV」が当時は人気を誇った。

●中古で探すと?

 現在、カローラレビンの中古車の流通台数は約24台で、価格帯は約90万~約355万円。一方、スプリンタートレノは流通台数が約19台とやや少なめで、価格帯は約165万~約398万円。漫画『頭文字D』の影響もあり、レビンより高めの相場だ。最多グレードは両モデルともにGT-APEX。

■No.002 ホンダ 初代シビックタイプR(1997年登場)

初代シビックタイプR

●どんなクルマ?

 ZC、B16Aと常にクラス最強と言われたホンダの1.6Lエンジン。その集大成といえる最高出力185psを発生するB16B型エンジンを搭載するのが初代シビックタイプRだ。ハイパワーエンジンを搭載するだけでなく、究極の走行性能を目指して徹底的な軽量化やボディ補強、そしてサスペンションチューニングが施された。まさにスペシャルなモデルといえる。

 またレカロ製バケットシートやMOMO製のステアリング、チタン製シフトノブなど、高い走行性能をインテリアでも演出するパーツが装着されていた。後に、オーディオなど快適装備が充実したタイプR・Xが追加された。

●中古で探すと?

 EK9という型式で呼ばれ、現在でも人気の高い初代シビックタイプR。中古車の流通台数は約58台と、20年以上前のモデルとしては豊富といえる。中古車の価格帯は約95万~約390万円と幅広い。300万円以上のクルマは走行距離が5万km以下というバリモノだ。ちなみに快適装備が充実したXは9台しかない。

185ps/16.3kgmを発生する初代シビックタイプRのエンジン。赤いヘッドカバーがタイプRの証だ。2代目からはエンジンが2Lに

次ページは : ■No.003 トヨタ 初代 MR2(1984年登場)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ