【GT-R、フリード、マツダ3…】 すんごい長所とすんごいトホホが同居するクルマたち 7選

 国産、輸入車合わせると400車種以上が発売されているニッポンの自動車市場。これ、買う立場としてはいろいろ選べるから大変ありがたいこと。

 クルマ雑誌である本誌でも、毎回飽きずにあっちのクルマはここが凄い、こっちのクルマはここがカッコいいなどなどやっているが、多くのクルマが100点満点であるわけがない。

 なかには、ここはいいけど、ここはダメってなものが同居してたりするクルマもある。

 そこで本企画では、凄い長所とトホホな短所を持ち合わせているクルマを紹介しよう。ピックアップしたのは7台のクルマたち。解説は鋭く迫る自動車評論家清水草一さんである。

【画像ギャラリー】長所ばかりなら長く愛せるワケでもない!? 長所と短所を併せ待ったクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年2月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号


■日産 GT-R byイタルデザイン

車両価格1億円オーバーのGT-R×イタルデザイン50周年記念モデル。最高出力720PS、最大トルク780Nmとはスンバラシイ!

 確かにメッチャカッコいい。さすがイタルデザイン! と思ったら、内外装は日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカで、逆にメカの開発・設計・製造をイタルデザインが担当したっつーから不思議。凡人の認識では逆だよね……。

 とにかくカッコは非常にイイ。見た目をこうしてくれると性能に見合った特別感がある! あの高性能がしっかりルックスで表現されてる!

 中身はどうかっつーと、GT-R NISMOの2018年モデルをベースに、GT3車両用の大容量・大口径ツインターボと大型インタークーラーを採用して、最高出力720ps、最大トルク780Nmだそうだ。

 これまた50台限定の特別なモデルにふさわしいみごとなパワーアップぶり! もちろん足回りやブレーキも強化されている。

 問題はお値段だ。なんと99万ユーロ(約1億1800万円)からですと! GT-R NISMO 2020年モデルの2420万円もずいぶん高いなぁと思ったけど、その約5倍ってのはないんじゃないか?

 せいぜい2倍くらいじゃないかねぇ。あまりにも高すぎるヨ! まぁ5倍だろうが2倍だろうが買えませんけど。

■トヨタ グランエース

 確かにものすごく広い。定員6名の「プレミアム」なら、6人がしっかり快適に乗れそうだ。アルファードじゃ本当に快適に乗れるのは4人まで。この差はデカイ。

 でも、さすがにここまでデカいと、取り回しがキビシ~! 全長5300mm、全幅1970mm、全高は1990mmなんだもん!

全長5mオーバーのグランエース

 実は多くのコインパーキングは、全長5メートルまでっていう規定がある。それを無視して止めてる大型車もいるにはいるけど、実は規定違反。

 グランエースはもちろん規定違反! 本当ならデカすぎてコインパに止められましぇん!

■ホンダ フリード

 実によくできたミニバンで、走りもホンダらしく安定感がある。ホンダの登録車で一番くらいに売れてもいる。

 でも、先進安全装備は全車標準装備じゃなくて、オプションでも付けられないグレードがあるんだよ!

 先日マイチェンを受けたばっかりなのに、それはちょっとどうなのかねぇ。軽のN-WGNが全車標準装備なのにさぁ。せめてオプション装着くらい可能にしておいてほしいッスね!

安全装備を見直して欲しかったマイチェンしたフリード

■トヨタ ポルテ/スペイド

スペイドは助手席問題が短所だ

 左側を大型の1枚スライドドアにして乗り降りラクラク! 便利でコンパクトなファミリーカー! なのはいいんだけど、そのためには、常に助手席を前に倒しておかないとダメやんけ……。

 助手席を前に倒さないと後席に乗れないなら、2ドアクーペと同じだぜ!

■マツダ MAZDA3

MAZDA3のかっこいいデザイン。マツダ自慢の魂動デザインだけど、Cピラーが太すぎて、バックする時の斜め後ろの視界が最悪です!

 デザインはものすごくカッコいいし美しい。だけどバックする時、斜め後ろがよく見えません!下手すりゃフェラーリより視界が悪い。フェラーリはあの部分、意外と見えるんだよね。

 ランボルギーニは見えないけど、クンタッチ・リバースすりゃ見える。マツダ3じゃクンタッチ・リバースもムリ!

■フィアット500

 登場からすでに12年。12年たってもお洒落さやかわいらしさは変わってない。フィアット500の魅力は不老不死! スバラシイ! 乗ればだれでもハッピーになれる!

500は、そろそろ抜本的な見直し必要!?

 でも、いまどき先進安全装備がまったく何も付きません。日本では間もなく装備が義務化される流れだけど、大丈夫なんだろうか。果たして付けられるのか?

 12年前の設計なので付けられませんでした。よって消滅させます、なんてことになったら悲しいヨー!

なんて言ってたら全面刷新の新型(EV!)きた!→【イタリアより速報】次はフルEVに!全面刷新の新型FIAT500に刮目せよ!!

■最近のアウディ

 アウディはデザインも走りもさすがにスゴイ。特にA6やA8は乗り心地がとてつもなくイイ!

 ちょっと前までアウディのサスペンションつーと、アウトバーンのエリートっぽすぎて日本で乗るにはスポーティ&ハードすぎたんだけど、それもこなれて全面的にイイ! もはや何ひとつ文句ございません! 完璧です!

「見分けつかない問題」のアウディ

 でもね、どのモデルも完璧すぎて、デザインも完璧に近いほどの相似形なので、本当に見分けがムズカシイ。見分けられないのって、特にデカくてお高いモデルに乗る人にとっては、ちょっと悲しいよね。

 いや、アウディはそういうクルマじゃない、目立たない高級車だからいーんだというセレブもいらっしゃるでしょうけど、庶民としては他人事ながらそこが残念。

 特に最上級のA8は、下取りが壊滅的に下がってしまう。A8あたりをお買いになるセレブはそんなこと気にしないんでしょうけど。

 庶民の側としても、中古なら買えるかもって希望を与えてくれる美点ではあるけれど、やっぱりトホホって思います。

【画像ギャラリー】長所ばかりなら長く愛せるワケでもない!? 長所と短所を併せ待ったクルマたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ