【もう味わえなくなるかも!?】珠玉の現役国産エンジン 5選


「最新が最良、熟成で切れ味アップ」
スバル FA20型水平対向4気筒

 デビューしたときは今一歩の魅力だね、と言われたスバルの『FA20型水平対向4気筒DOHCエンジン』も、改良に次ぐ改良によってポテンシャルを高めた。このエンジンもスクエア設計だが、最新のFA20型エンジンはレッドゾーンが7500回転まで引き上げられている。トヨタ「86」とスバル「BRZ」のFA20型は自然吸気ならではのダイレクトなパワーフィールだ。切れ味鋭い加速を楽しめる。

【FA20型】水平対向4気筒、1998cc。シリンダー内径86.0mm×行程86.0mm、圧縮比 12.5(NA)、10.6(ターボ)。初期型は3000~4000rpmにトルクの谷間があると言われていた

 ターボ装着の「WRX S4」も気持ちいい回転フィールだ。こちらは湧き出すような豊かなトルク感を味わえる。CVTだから、ちょっと物足りなさを感じるが、パドルを使っての走りはそれなりに楽しい。エンジンサウンドは今一歩の印象で、今後の熟成に期待だ。燃費は今一歩だが、操る楽しさがあり、ドライバーの期待に応えてくれるエンジンだ。

「ディーゼルのイメージを壊した異端児」
マツダ SH-VPTR型 直列4気筒ディーゼル

 異色のパワーユニットとしてはマツダの『SH-VPTR型直列4気筒ディーゼル』が挙げられる。これは『スカイアクティブD 2.2』と呼ばれているディーゼルで、2ステージのツインスクロールターボを組み合わせた。最高出力は175psだが、最大トルクは4Lのガソリンエンジンを超える420N・m(42.8kgm)だ。しかも2000回転で、4Lクラスの力強いトルクを発生するのだから速い。最新のSH-VPTR型エンジンは圧縮比を14.4に高め、急速多段燃焼も採用し、さらにフィーリングをよくするとともに煤の発生を抑えている。

【SH-VPTR型】直列4気筒、2188cc。シリンダー内径86.0mm×行程94.2mm、圧縮比 14.0。アテンザ(GJ系)、アクセラ(BM系)に搭載されていた
搭載されていた先代アクセラ。このエンジンの評価は、自動車ファンからも非常に高い。現行型ではマツダ6(旧アテンザ)が搭載

 アクセルを踏み込むと軽やかに4500回転まで回り、1000回転台から厚みのあるトルクが湧き出す。レスポンスが鋭く、パンチのある加速は大きな魅力だ。街中をゆっくり走ったときに扱いやすいのも美点に挙げられる。6速ATに加え、待望の6速MT車も加わった。よりローギアードな設定だから、レスポンスはいいし、加速も冴えている。遮音対策を徹底していることもあり、クルージング時は静粛性も高い。

次ページは : 「フラットトルクで軽やかに回る」スズキ K12C型直列4気筒