速いクルマはもう卒業! 「おとな」はクルマでこう遊ぶ

 クルマの楽しみ方は人それぞれだが、「おとな」になったらパワーはそろそろ卒業したくなる。

 パワーとかスピードとか、それ以外でも毎日が楽しくなるカーライフとは? 「おとな」になった清水草一が「おとな」のためのカーライフを提案する!

 文:清水草一
BestCar PLUS 2016年7月18日号


もはやパワーは欲していない

 私にとって自動車は、原始人のこん棒、つまり自分を強くしてくれる装置だった。何の武器も持たないひ弱な青年が、ひとたびクルマに乗れば恐るべき速度で突っ走ることができた。

 そのことに私の本能は陶酔し、ひたすら速いクルマに憧れた。そしてフェラーリを所有し結実した。

 が、五十代になった今、もはやこん棒は欲していない。今の私はクルマに癒しを求めている。例えれば女性の膝枕である。

 私が以前に乗っていたBMW335iカブリオレ(先代)、あれはすばらしい膝枕だった。

 速いことは速かったが、そんなことはどうでもよく、夜、スロウな音楽を大音量で流しながら、オープンで首都高をゆっくり周回することに熱中した。若かりし頃には想像もできなかった嗜好である。

 綿密なる計算のもと、私が狙う次なる膝枕は、イヴォークのコンバーチブルだ。目的はもちろん深夜のオープンドライブ。そのためにはぜひ4座が欲しい。

 それは4人乗るためではなく、2座では風が後ろに抜け切らないからだ。優美に風を感じるなら4座に限る。加えて車高はある程度高いほうがいい。

 見晴らしがいいほうが気分がいいからだ。もちろんデザインは自己陶酔のために最も重要。これらの条件をすべて満たすのが、イヴォークコンバーチブルなのである。

 もうひとつの夢、それは盆栽いじりだ。ちょっと古いクルマを盆栽のようにいじって仕上げて、心ゆくまで愛でてみたい。

 盆栽の最有力候補はちょっと古いシトロエンか。例えばボビンメーターのCXはどうだろう。

 古いハイドロニューマチックに新しい青い血を注ぎ込み、あのシロナガスクジラのようなボディをピカピカに磨き上げ、金魚鉢に浮かぶ金魚のようなボビンメーターがゆらゆら揺れるのを眺めながら、ゆったりドライブに出かけてみたい。

 あまり遠くへ行くと帰って来れなくなるかもしれないと、軽い心配はあるが。

 ただ、イヴォークもCXも、近所の用足しにはかさ張りすぎる。可能なら用途に合わせて数台の自家用車を用意したい。私の理想のサンダルは、フィアット500Cツインエアだ。

 登場時から憧れていながら、未だに我が物にしていない。無念である。が、時間はまだまだある。いつか必ず手に入れて、自宅から数キロ先のスポーツクラブに通いたい。

 スポーツクラブで軽く汗を流すと、それだけで「自分はデキる」と自己満足に浸れる。

 駐車場に戻った時、そこにかわゆい500Cツインエアが待っていてくれれば、満足度はさらに高まるだろう。結局人生はいかに自分が満足するかにかかっている。

 もうひとつの私の自己満足、それはサイクリング旅だ。前向きでアクティブなオッサンでいるために、愛車に折り畳み式のミニベロを積んで、なるべく平坦な道でのんびり必死にペダルを漕ぐ。

 数年前から始めた趣味である。そのためにはワゴンタイプのBMW320dツーリングも1台欲しい。

 そして私の最後の希望。それは貴族として人生を終えることだ。貴族が最後に辿り着くのはジャガー。

 還暦を過ぎたなら、現代最高の天才、イアン・カラムがデザインしたジャガーXJに乗って、「あのじいさん、貴族的だな」と思われたい。用途なんて気にしていない。

 身体にガタがきて、たとえ病院通いのためになろうとも、XJとなら通院の日々もちょっとは素敵になるだろう。

■癒やしのドライブにでかける

 Range Rover/イヴォークコンバーチブル

オープンカーで4座となるととたんに選べる車種が減るが、イヴォークコンバーチブルは貴重な1台。SUVならではの走りがオープンで楽しめるのも大きな魅力だ

■じっくり付き合いたくなる

 CITRON/CX

名車DSの後継車として1974年にデビューしたシトロエンのフラッグシップ。優れた空力性能でCX(空気抵抗係数)を車名に持つ

■日常をわくわくさせる

 Fiat/500カブリオレ

屋根の部分だけが幌になっているキャンバストップを採用。開閉はトップだけだが、開放感は上々。なによりもオシャレでかわいい!

■アクティブに過ごしたい

 BMW/320dツーリング

国産車では絶滅に違いワゴンモデルも輸入車では魅力的なモデルが多数ラインアップ。320dなら“駆け抜ける喜び”にも不足がない

■定年したら乗りたい

 Jaguar/XJ

すばらしい存在感を放つジャガーXJ。かつてジャガーといえば「伝統」「クラシカル」が連想されたが、XJは未来的なデザイン。それでいて人生を重ねてきた人にも似合う風格も備える

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ