【春爛漫!! 街と道を彩る鮮やかボディカラー軍団】自動車史を彩る「あの」限定色車 5選

 クルマを選ぶ楽しみのひとつであるボディカラー。今なお、ホワイト、ブラック、シルバーが大定番であることには変わりはないが、クルマのキャラクターを演出する重要な要素のひとつとして、今や軽自動車から多彩なカラーラインアップが用意されているのは、皆さんもご存知の通り。ユーザーの意識も変化し、自分だけの一台を手にすべく、個性的な色を選ぶ人も増えてきている。

 その流れの中で、ヒットカラーといえるものも誕生。近年では、マツダが新世代車に「魂動デザイン」と共に導入した「ソウルレッド」や先代のスバルXVの専用色「タンジェリンオレンジ・パール」など挙げられる。いずれの色も進化を続け、最新モデルにも受け継がれている。

 しかし、話題を集め、人気色となったものでも、1度きりや限定色で終わったものも多い。そんな復活や定番化が望まれる、あの車の人気色に迫ってみた。

文/大音安弘
写真/NISSAN、TOYOTA、MAZDA、HONDA

【画像ギャラリー】復活を期待したい限定色、専用色をまとった思い出のモデルたち


■魅惑の輝き「ミッドナイトパープル」
by 日産 スカラインGT-R(R34)

 元々は、R33GT-Rに設定されたボディカラーだが、その怪しい輝きに魅了されたファンは、ハイテク満載の大人向けGTである。R34では、期間限定色として復活を遂げた。

 実は、R34のミッドナイトパープルは、R33のものに改良を加えたもので、1999年仕様となる「ミッドナイトパープルII」と2000年仕様の「ミッドナイトパープルIII」の2種類存在する。いずれも前期モデルだけ、しかも期間限定色となるので、R34の中でも極めてレア存在だ。

見る角度や光の当たり方によってさまざまな色彩に変化するボディカラー。「ミッドナイトパープルII」を採用したモデルは、300台限定だった

 現行型GT-Rでは、「ミッドナイト・オパール」として復活。2013年の「スペシャルディション」の専用色、2018年の「大坂なおみ選手・日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」の選択色として設定。いずれも少数販売の限定車となるため、入手困難である点には変わりがない。

 ちなみに、他車となるが2013年のジュークの特別仕様車「プレミアムパーソナライズパッケージ」の専用色「ミッドナイトパープルIV」としても復活したことがある。

ジュークの「プレミアムパーソナライズパッケージ」で一時復活したものの、そのジュークは2019年末で生産終了となってしまった

■度胆をぬく“ピンクラ”「モモタロウ」
by トヨタ クラウン(S210系)

 先代クラウンのデビュー時に初公開され、度肝を抜いたのが、この「ピンクラ」だ。意外なことに当初から発売することも明言され、大きな話題となった。先代のキャッチコピーである「CROWN ReBORN」を体現したボディカラーは、当時CMでコラボレーションをしていた漫画「ドラえもん」の「どこでもドア」に着想を得たものだという。

秀吉(ビートたけし氏)、ドラえもんシリーズに登場するドラえもん(ジャン・レノ氏)がピンクのクラウンに乗るCMをご覧になった人も多いだろう。2020年3月26日時点では、中古車市場には8台が流通していた。意外に多い

 2013年9月の1カ月、期間限定受注の特別仕様車「ReBORN PINK」として発売。ハイブリッドのアスリートGをベースとしていた。小さなトリビアとして、ボディカラー名は、「ReBORN」ではなく、「モモタロウ」であることを覚えておいて欲しい。

 また組み合わされる内装仕様については、演出家のテリー伊藤氏がプロデュースを担当した。その後、2015年に、60周年記念車として「空色エディション」と「若草色エディション」を発売、同年のマイナーチェンジでは「ジャパンカラーセレクションパッケージ」を設定するなど、ブレイクスルーなボディカラーを採用し続けたが、ピンクラの人気と衝撃を超えることはなかった。

 1カ月の販売だったが、街角で見かけることもあり、運が良ければ、いい中古車とも出会えそうだ。

■最もレアなS2000?「アペックスブルー・パール」
by ホンダ S2000

 イメージカラーのシルバーストーンメタリックのイメージが強いS2000だが、専用カラーの限定車「ジオーレ」や130通りの内外装の悔い見合わせから選択できる「カスタムカラープラン」なども色にこだわった仕様も用意されていた。そのなかでも印象に残るのが、最終仕様となる2007年10月の改良で登場した「アペックスブルー・パール」だ。

S2000 Type Sの専用色だった「アペックスブルー・パール」。鮮やかな青が美しい

 この改良で、追加された新グレード「タイプS」の専用色なのだが、ユニークなのは、ベースグレードにも専用の新色「バミューダブルー・パール」が誕生したこと。つまり、それぞれ色彩の異なるブルーパールがそれぞれ専用に与えられたのである。海のように鮮やかなバミューダブルーに対して、アペックスブルーは、美しいライトブルーという対比も面白い。

 ただ、よりレーシーな仕上げとなるタイプS自体が希少なこともあり、アペックスブルーは、かなり貴重。中古車検索でも見つけることが出来ず……。まさに幻のS2000といえそうだ。

 S660で復活なんてのも、アリではないだろうか。ただ新型シビックタイプRには、「レーシングブルーパール」が登場する。その色味に期待したい。

ユーノスとコラボ!「クラシックレッド」
by マツダ ロードスター

 2019年、生誕30周年を迎えたマツダ・ロードスター。その30周年記念車に採用された「レーシングオレンジ」も注目を集めたが、原点回帰を図った現行型ロードスターには忘れてはならない限定色がある。それが「クラシックレッド」だ。

奥の初代ロードスターが採用していた「クラシックレッド」を採用した現行型ロードスター(ND型)。メタリック系で見る角度によって表情が変わる「ソウルレッド」とは違った印象となっていたが、また違ったよさがあった

 2017年1月13日から2月28日までの約1月半の受注期間限定色なのだが、何を隠そう初代となる「ユーノス・ロードスター」を象徴する「クラシックレッド」を、最新の水性塗料で再現したものなのだ。価格も、3万円程度と選びやすいものであったが、意外にも受注台数は少ないレアカラーだという。

 誤解してはならないのは、マッチングはかなりよかったこと。筆者自身、実車を見て、ロードスターに乗るなら選びたいと思ったほどである。これもソウルレッド人気の意外な影響なのかもしれない。

■240ZGを現代に蘇らせた!?「プレミアムミスティックマルーン」
by 日産 フェアレディZ

 今なお、海外でも高い人気を誇る初代、S30型フェアレディZのスタイルを現代的にアレンジし、2002年に復活を遂げたZ33。

 そのボディカラーには、S30の色を強く反映した「プレミアムミスティックマルーン」が存在した。これは輸出用だった2.4Lエンジンを搭載し、空力特性を高めるグランドノーズを装着した上級モデル「240ZG」に採用された「マルーン」をモチーフとしたもの。2005年のマイナーチェンジでオプションカラーとして設定。その後、改良の際に設定から外されたものの、2008年1月15日から3月31日までの受注期間限定色として復活を遂げた。

「プレミアムミスティックマルーン」は、角度によって茶色やワイン、パープルに見える特殊なボディカラーだった
「240Z」シリーズのイメージカラーだった「マルーン」。このボディカラーをまとったZにあこがれて人も多いことだろう

 スポーティでありながら、魔性の女性のような艶やかな雰囲気は、まさに大人のスポーツカーに相応しいものであった。有償色だが、カタログカラーであったことから、比較的中古車は探しやすい。クーペだけでなく、ロードスターも選べるのも魅力のひとつだろう。

【画像ギャラリー】復活を期待したい限定色、専用色をまとった思い出のモデルたち

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ