フェラーリ新型クーペ日本発売 その名も「ローマ」!! 実力はいかに?

 フェラーリジャパンは2020年4月1日、新型クーペ「Roma(ローマ)」を日本にて初披露した。価格は2682万円。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定している。

 フェラーリスタイリングセンターが手掛けた個性的なエクステリアは、1950〜1960年代のイタリア・ローマで見られたラ・ドルチェ・ヴィータ(イタリア語で甘い生活)の世界観を現代流に解釈し直したもので、エレガントかつタイムレスなデザインに仕上げたという。

 また、フェラーリ歴代の2+2の4シータークーペのなかで、最もパワフルなモデルでありながら、運転のしやすさなど日常性を兼ね備えているモデルであるという。

 発表会場で登壇したフェラーリジャパン代表取締役社長フェデリコ・パストレッリ氏は、ローマのコンセプトについて「イブニングドレスに身を包んだF1マシン」とコメント。

 最近のフェラーリにしては珍しい、エレガントなスタイリングを身に纏った新型ローマ。スーパーカー評論家の西川 淳氏は新型ローマをどう評価するのか?

文/西川 淳
写真/Ferrari S.p.A. フェラーリジャパン

【画像ギャラリー】思わず見とれてしまう新型フェラーリローマのエレガントなデザイン


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ