フェラーリ新型クーペ日本発売 その名も「ローマ」!! 実力はいかに?

 フェラーリジャパンは2020年4月1日、新型クーペ「Roma(ローマ)」を日本にて初披露した。価格は2682万円。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定している。

 フェラーリスタイリングセンターが手掛けた個性的なエクステリアは、1950〜1960年代のイタリア・ローマで見られたラ・ドルチェ・ヴィータ(イタリア語で甘い生活)の世界観を現代流に解釈し直したもので、エレガントかつタイムレスなデザインに仕上げたという。

 また、フェラーリ歴代の2+2の4シータークーペのなかで、最もパワフルなモデルでありながら、運転のしやすさなど日常性を兼ね備えているモデルであるという。

 発表会場で登壇したフェラーリジャパン代表取締役社長フェデリコ・パストレッリ氏は、ローマのコンセプトについて「イブニングドレスに身を包んだF1マシン」とコメント。

 最近のフェラーリにしては珍しい、エレガントなスタイリングを身に纏った新型ローマ。スーパーカー評論家の西川 淳氏は新型ローマをどう評価するのか?

文/西川 淳
写真/Ferrari S.p.A. フェラーリジャパン

【画像ギャラリー】思わず見とれてしまう新型フェラーリローマのエレガントなデザイン


コンセプトは「ラ・ヌォーヴァ・ドルチェ・ヴィータ」(イタリア語で新・甘い生活)

フェラーリスタイルセンターが手掛けたエレガントなスタイリングが特徴の新型ローマ。価格は2682万円
新型ローマのオフィシャル動画はローマを舞台に男女のカップルがそれぞれローマをドライビングしながらデートするという展開。まさに甘い生活だ

 「最近のフェラーリのデザインってラインがちょっと複雑過ぎるよね」、「空力が良くなっているのは分かるんだけど、美しくない気がするよ」。

 ここ数年来、フェラーリマニア(実際に買う人も熱狂的なファンの人もいずれも含む)の間でよく交わされた会話の典型だ。

 筆者もまた21世紀に入ってからのフェラーリからは“艶美”がなくなったと思う一人だった。

 エアロダイナミクスに支配されたデザインのエクステリアはもとより、機能性重視=ドライバーオリエンテッドな風景のインテリアはドライビング派の好みではあってもどこか落ち着きに欠けている。まさに跳ね嘶く馬の如く、だ。

 昨今の空力オバケというべきグロテスクなF1マシンを見れば分かるように、それは速く走るための代償でしかない。

 けれども果たしてロードカーにそこまでの犠牲が必要だったのか。パワー競争と同様、立ち止まって考える時期がやって来るのではないか。

独特の表情をみせる新型ローマのフロントマスク

 ユーザーが望むからそれらを推し進めている(=マーケットイン)というのであれば、もはやプロダクトアウトで時計の針を戻せるブランドはスポーツカー&スーパーカーの最高峰に君臨するフェラーリのほかにない。マラネッロ(フェラーリ本社)の言うことなら世界中の誰もが耳を傾けそうである。

 シンプル・イズ・ビューティフルなスタイルの新型GT、ローマの登場でマラネッロはその片方(相変わらずパワー競争は続いている)をまずは実現してみせたのだと思う。

 思い返せばフェラーリほどスポーツカーとGTカーを峻別して成功したブランドは他になかった。

 黎明期におけるマラネッロ発ロードカーはたいていスポーツカー=(サンデー)レーシングカーだったが、純然たるロードカービジネスがアメリカで成立するとみるや1950年代半ばから試験的に製造を始め、1960年代に入っていっきに本格化させている。

 一部のスペシャルモデルを除いた20世紀の跳ね馬ロードカーはだから美しかったのだ。250GTルッソ然り、ディーノ然り、ベルリネッタボクサー然り。

 美しい跳ね馬よ、もう一度。オーナーたちの間でもそんな声が増えていることをマラネッロが見過ごすはずはない。プロダクトアウトが得意なブランドほどマーケットを熟知しているもの。

 マラネッロほどロイヤルカスタマーとのダイレクトな関係を重要視するブランドもまた他になかった。

 先駆となったのはイコナ(ICONA)シリーズである。ブランド第三の柱として発表された限定モデルシリーズで、まずはモンツァSP1&SP2という812スーパーファストベースの限定オープンモデルが2018年秋に投入された。そのスタイルが既にシンプル・イズ・ビューティそのものだったのだ。

リア回りのデザインもエレガントで、躍動感溢れるリアフェンダーが美しい

 そして2019年11月、突如として首都ローマに現れたのがフェラーリ・ローマである。

 フェデリコ・フェリーニ監督の代表作「甘い生活」(1950年代後半の首都ローマを舞台としたセレブリティたちのデカダンな生活を描写した)に倣って「新・甘い生活」(ラ・ヌォーヴァ・ドルチェ・ヴィータ)をキーコンセプトに掲げた。

 首脳陣や開発者から直接聞いた話をもとに筆者なりにその意をひも解けば、「ひけらかさないラグジュアリーで自己をまずは満足させるようなシアワセを得るクルマ」、となるだろうか。

 要するに「オラオラ、どけどけ、フェラーリ様のお通りだ!」といった自己顕示欲の強過ぎる輩にはもう乗ってもらいたくない、もしくはそういう人たちとは一線を画したい真のフェラーリ好きのための跳ね馬、というわけである。

 そのことはこの2020年4月に日本初上陸を果たした個体を見てもよく分かる。まずは色がなんとも渋いブルーローマ(テーマカラー)だった。

 そして、ほぼすべてのカスタマーがオプションで選ぶため、今やほとんどスタンダードのようになったフロントフェンダーのSFシールド(埋め込み型のエンブレム)が見当たらなかった。

日本でお披露目されたのは“BLUE ROMA”という深い青

 もちろんオプションメニューには設定されてはいるけれども、あえて選ばなかったのだ。おそらくその方が無粋なキャラクターラインなど存在しないサイドシルエットの美しさを際立たせるからであろう。

 イタリア本国での発表時もブルーグレーやシルバー、ホワイトの個体が飾られており、SFシールドを貼っていたのはシルバーだけだった(ただし、オーナー向けには赤い個体も披露されている)。

 そういえばローマでの発表会にはSF=スクーデリア・フェラーリ、つまりはF1を頂点とするモータースポーツ活動の匂いがまるでなかった。

 スクーデリア感はもちろんのこと、明るい赤さえ排されていた(会場はダークレッドな雰囲気だった)。これもまた珍しいことである。

 そもそも1960年代の跳ね馬ロードカーに真っ赤なボディカラーを使うことさえ稀だった。

 シルバーやネイビー、グリーン、シャンパンといった地味な色が好まれた。赤がブームになり始めたのは1980年代になってからのことで、SFシールドに至ってはF40(これまた半分レースカーみたいなものだったが)に採用されたことで広まった1990年代以降の流行りでしかない。

 そう、ローマの醸し出す雰囲気はそのボディカラーを含めフェラーリロードカーの本来の伝統に回帰したものだと言っていい。

実車は写真で見るよりもグラマラスでクリーン!

 実車は写真で見るよりもはるかにグラマラスでクリーン、かつ近年稀に見る美しさであった。力強さと繊細さが絶妙なバランスで融合し、それがある種の新しい洗練さえ表現している。

急激に落としこんだシャープなノーズで可能な限り長く見せ、キャビンをやや後方においたうえでコーダトロンカ(ルーフラインが下がりきる前に垂直に近い角度で切り落とした形状)でリア回りを短くコンパクトにまとめている

 ボディサイズは全長4656×全幅1974×全高1301mm、ホイールベースは2670mm。エクステリアデザインでは、フロントの突き出したシャークノーズ、リアには、リアスクリーンとデザインを一体化させた可動式リアスポイラーなどを備えている。

 なかでも注目すべきは横からみたプロポーションで、(アストンマーティンのクーペのように)完璧なロングノーズ&ショートデッキスタイルをあえて採らなかった。

 シャープに落としたノーズを可能な限り長く見せ、キャビンをやや後方においたうえでコーダトロンカにし、リアを短く小さくまとめた。絶妙に崩したのだ。そのわずかなアンバランスさがエレガンスを生んでいる。

フロントノーズが急激に落とし込んだシャークノーズを持つ。タイヤサイズはフロントが245/35ZR20、リアが285/35ZR20

優雅で未来的なツインコクピット

モダンでスポーティなツインコクピット。16インチフル液晶化されたメーターは中心に円形のレブカウンターを配し、左右にナビなど各種インフォメーションを表示

 インテリアのテイストも既存モデルとはまるで違っている。ツインコクピットには無骨さのかけらもなく、スポーティで優雅で未来的でもあった。

 ドライバーとパッセンジャーに別々の空間を生み出す手法が取り入れられた。また、HMIが再設計され計器類はデジタル化されており、メーターパネルに16インチHDスクリーン、中央に8.4インチHDセンターディスプレイが装備されている。

620psのV8ツインターボをフロントミドシップに搭載

フロントミドシップに搭載されるのは3855cc、V8ツインターボ。620ps/760Nmを後輪で駆動する。0~100km/h加速は3.4秒、0~200km/hは9.3秒、最高速度は320km/h

 もちろん、最新の跳ね馬らしくパフォーマンスもこだわる。620ps/760Nmを発生する3.9L、V8ツインターボは、まるで精密な自然吸気エンジンに手を入れるがごとく、チューンナップで進化させ、SF90ストラダーレと同じ最新の8速DCTシステムを組み合わせた。

 パフォーマンスは0~100km/h加速が3.4秒、0~200km/h加速が9.3秒。最高速は320km/hを誇る。

 ベースとなったのは、リトラクタブルルーフをもつポルトフィーノなのだが、新設計パーツは実に7割におよび、ボディ剛性や足回りなどもグレードアップが図られている。

新型ローマのベースとなったフェラーリポルトフィーノ。価格は2576万円

 それゆえ値段も少し高くなったが、内容を考えたなら(屋根は開かないけれども)、2682万円という新型ローマの価格は“安い”と言っていい(もちろん庶民にとっては高いが)。

 新型フェラーリの試乗はいつも楽しみでしかないわけだけれども、そこに近年の跳ね馬にはなかった視覚的な美しさという要素が加わったとき、いったい乗りながらどんな快感に見舞われるというのだろうか。コロナ終息後に予定されている試乗(本来は2020年6月だった)が本当に待ち遠しい。

■フェラーリローマ主要諸元
全長×全幅×全高:4656×1974×1301mm
ホイールベース:2670mm
駆動方式:FR
車両重量:乾燥重量1472kg
エンジン:3855cc、V8ツインターボ
最高出力:620ps/5750~7500rpm
最大トルク:760Nm/3000~5700rpm
トランスミッション:8速F1デュアルクラッチギアボックス
価格:2682万円

【画像ギャラリー】思わず見とれてしまう新型フェラーリローマのエレガントなデザイン

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ