絶賛募集中! マツダ百周年記念企画 歴代マツダ車人気ランキングTOP5中間速報


■3位 アンティニRX-7(FD3S) 1991年

 今なお多くのファンに愛されているロータリーエンジン搭載のピュアスポーツだ。「RX-7」としては最後の作品で、10年以上も第一線で活躍したことからわかるように、最初の設計が素晴らしかった。

 発表されたのは1991年10月である。ファンを魅了した美点のひとつが、今も色褪せないロングノーズ&ショートデッキのクーペフォルムだ。ボディに抑揚をつけ、低いノーズから続くフェンダーは峰を立てている。エンジンも魅力的だった。フロントミッドシップに搭載するのは13B-RWE型と呼ばれる2ローターのロータリーエンジンで、シーケンシャル・ツインターボだ。

シーケンシャル・ツインターボを採用した13B型ロータリーエンジンを搭載。ユーノスコスモなきあと、世界唯一のロータリーエンジン搭載量産車としてファンを熱くさせた

 デビュー時の最高出力は255psだが、驚くほどパワフルで、8000rpmまで瞬時に回りきる。サスペンションは新設計の4輪ダブルウイッシュボーンだ。軽量化のためにアルミ製とし、ホイールにもこだわった。限界性能は驚くほど高い。

 が、前期モデルは挙動がピーキーだ。ドライバーにテクニックを要求するスポーツカーで、ゆっくり走るのは苦手だった。エアコンを装着しないグレードがあるなど、スパルタンに徹しているが、ジャジャ馬を乗りこなすディープな楽しさがある。

■4位 オートザムキャロル(2代目) 1989年

 マツダは1960年代の早い時期に軽乗用車を発売し、ぜいたくな設計の360クーペとキャロルは多くの人に親しまれた。

 が、70年半ばに軽乗用車の開発から遠ざかっている。カムバックするのは1989年秋で、その最初の作品となったのが、オートザムで扱う新世代のキャロルだ。プラットフォームやパワーユニットは提携しているスズキのアルトのものを譲り受け、その上にマツダがデザインしたキュートな3ドアのハッチバックボディを被せた。

スズキ「アルト」からエンジンやプラットフォームの供給を受けて開発された「オートザムキャロル」。パイクカーを彷彿とさせるルックスで高い評価を受けた

 女性に的を絞ったエクステリアデザインは、とてもキュートだ。ルーフ部分を開け閉めできるキャンバストップや個性的なオプションパーツも豊富に用意している。ファン投票では丸みのある親しみやすいデザインが後押ししたのだろう。今、売り出しても人気になると思えるほどポッブで、かわいらしいデザインが高く評価された。

 エンジンはスズキ製の直列3気筒SOHCだ。デビュー時は547ccだったが、90年以降は657ccになり、ボディもひと回り大きくなった。1995年秋に男性も意識して直線基調のフォルムに生まれ変わったが、先代ほどの人気は得られていない。

次ページは : ■5位 ユーノス500 1992年

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ