GT-R、レガシィ、ロードスター……ニッポンが誇る名車の歴代ベストモデルは!?


 これまで日本の自動車業界牽引し、時には世界を驚かせ、多くのファンを熱狂させた名車たち。そのなかで今も販売が続いているモデルはそう多くない。

 現在も販売中の日産 GT-R、スバル レガシィ、マツダ ロードスターの歴代モデル中ベストモデルは、最新モデルか? それとも過去のモデルなのか!?

文:片岡英明
写真:編集部、NISSAN、MAZDA、SUBARU
初出:ベストカー2017年4月26日号


ハコスカからR35型まで計7代!! GT-Rのベストは?

 スカイラインのイメージリーダーだったGT-Rは、常に走りにこだわるライバルたちの目標であり、指標だった。

 なかでも最新のR35とR34は、どちらもデビュー当時、世界トップレベルの実力派だった。

 R35 GT-Rは、レースで数々の経験を積んだ水野さんの渾身の作品だ。後期モデルは櫻井眞一郎さんから薫陶を受けた田村さんが手がけ、大変身を遂げている。

 メイドイン・ジャパンの旗手であり、ポルシェやフェラーリと違う味わいのスーパースポーツカーに仕立てた。

 が、高性能スポーツモデルの世界で10年は長すぎる。すでに旬は過ぎた。また、スカイラインの名を外したこと、これも気になるところだ。

R35型GT-R(2007年-)。今年で登場11年目となる現行モデル

 R34 GT-Rは、直列6気筒エンジンを積んだ最後のGT-Rである。集大成だけに完成度は高く、渡邉衡三さんの思い入れも強い。

バランス感覚が絶妙で走らせても楽しいが、デザインや内装の質感は今一歩だ。上質なパワーフィールは認めるが、ベストなGT-Rとしては物足りない。

R34型スカイラインGT-R(1999-2002年)。最後の直6搭載モデル。発売期間は僅か4年ほどと短い

 ボクは今でも多くのファンに愛され、中古車市場でも人気が高いR32 GT-Rをベスト車に推す。

 圧倒的なパフォーマンスを誇るR34とR35に目を奪われるが、コレクターズアイテムとして最適なのはR32 GT-Rだ。小型車枠のスカイラインの最強モデルなのも魅力だ。

R32GT-R

R32型スカイラインGT-R(1989-1994年) 主要諸元

  • 全長×全幅×全高:4545×1755×1340mm
  • ホイールベース:2615mm
  • 車両重量:1430kg
  • 駆動方式:4WD
  • トランスミッション:5MT
  • エンジン:直6DOHCターボ、2568cc
  • 最高出力:280ps/6800rpm
  • 最大トルク:36.0kgm/4400rpm

次ページは : 原点回帰の最新型は初代を越えた!? ロードスターの歴代ベスト

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ