ペーパークラフトとぬり絵による「MAZDA3オリジナルデザインコンテスト」開催

 2019年5月にデビューしたマツダ3は、「魂動デザイン」を深化させた流麗なデザインが魅力で、セダンとファストバックのバリエーションを持ったモデル。

 これをモチーフとした塗り絵やペーパークラフトに、オリジナルのカラーリングを施して応募するコンテストが開催中だ。

 優秀作品にはそのカラーリングを施したマツダ3のラジコンが贈呈される。自分だけのカラーリングを考えて応募しよう!

文:ベストカーWeb編集部/写真:MAZDA


■世界にひとつだけの夢のクルマをデザイン

 マツダは、夢のクルマをペーパークラフトとぬり絵でつくる「MAZDA3オリジナルデザインコンテスト」をバンダイが運営する「ワンダースクール」サイトで開催する。

ワンダースクール ホームページ https://thewonder.it/

 2020年7月15日より作品を公募し、同年10月16日に審査結果が同サイトで発表される。

 本コンテストは、子どもから大人までを対象に、クルマのペーパークラフトやぬり絵の指定用紙に自由な発想でオリジナルのカラーリングデザインを描き、世界にひとつだけの夢のクルマを完成させるというもの。

 これを通じて、夢を描くことの大切さや、ものづくりの楽しさを感じることを目的としている。

こちらは応募用のペーパークラフト

 応募コースは、「MAZDA3ペーパークラフトコース」とマツダ車の「ぬり絵コース」の2種。各コースに「ジュニア部門」(小学6年生以下)と「一般部門」(中学1年生以上)が用意される。

 応募作品の審査はマツダのデザイナーが行い、ワンダースクールサイトに表彰結果が掲載される。

 なお、「MAZDA3ペーパークラフトコース」の応募作品の中から特に優れた作品を「グランプリ」(各部門1台)として選出し、応募作品のカラーリングデザインを再現した「MAZDA3」電動RC(ラジオコントロール)カーが贈呈される。

 この電動RCカーは、タミヤの1/10RC XB MAZDA3(TT-02シャーシ)だ。また同賞以外にも「MAZDA3ミニカー」など全50点の賞品を用意されている。

 マツダは、マツダ車のオーナーやマツダ車に興味を持っている人とのさまざまな接点を通じて、その人生をより豊かにし、特別な絆を持ったブランドになることを目指しているという。

■MAZDA3オリジナルデザインコンテスト 概要

【1】開催期間: 2020年7月15日(水)~9月23日(水)

【2】応募資格: 日本在住の方(年齢制限なし)

【3】応募方法: 応募サイト内で指定されたペーパークラフト台紙や塗り絵の用紙を入手し、オリジナルカラーリングを施した作品を制作する。完成した作品の画像または動画データを応募期間中に同サイトに投稿する

【4】受賞項目:各コースにジュニア(小学6年生以下)と一般部門(中学1年生以上)の2部門を設定

早期応募ダブルチャンス:8月18日(火)締め切りで抽選にて20名にマツダオリジナル下敷きをプレゼント

ペーパークラフト用紙:https://www.mazda.com/ja/csr/social/kids/papercraft/

ぬり絵用紙:https://www2.mazda.com/ja/100th/playroom/

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ