出るわ出るわの大発見!! 国産スポーツカーおすすめブック【代官山 蔦屋書店クルマだより 第1回】


 読書の秋が到来、ということでクルマの本もどんどん読みたいですね!! そこで以前一度掲載して大変好評をいただいた「代官山 蔦屋書店 コンシェルジュの進めるクルマ本」の記事。これを連載化することになりました。

 どんな出版社の本でも関係なし、ベストカーが選ばれなくても関係なし、オトナの事情は一切抜き!! 本当にオススメの本を選んでもらっています。

 今回のテーマは「日本のスポーツカー」。

 代官山 蔦屋書店 クルマ・バイクコーナーの名物コンシェルジュ、清野龍太さんがセレクトして珠玉の5冊を見ていきましょう。代官山 蔦屋はこちらから。

 文:ベストカーWEB編集部/写真:西尾タクト


■日本のスポーツカーは奥が深いぞ!! 全身でコッテリ堪能せよ

 日本のスポーツカーの本、とひと口にいってもメーカーも車種も数が多くなかなか選ぶことが難しい。多くの人気モデルにはその人気を裏付るようなロマンチックな開発秘話があったり、はたまた極端な性能をもったクルマが愛されるなんてこともあった。

 担当も「日本のスポーツカーで選んで下さい」といったはいいが、なかなかハードな注文だったに違いないといまになって思う。

 しかしそこはエンスーがこよなく愛する代官山 蔦屋書店クルマ・バイクコーナーの名物コンシェルジュ、清野龍太さんの目利きにかかればずらずらと本が出てきました。市販車から2冊、モータースポーツから3冊、お楽しみ下さい。

【まずはホンダビートに迫る1冊】

  清野さんが挨拶代わりに出してきたのは三樹書房の『エンスーCARガイド ホンダ・ビート』。この本は本当に凄すぎる。担当も編集者として感動を覚えた次第です……。なんせビートを部品単位から組み立てられるのではないか? というくらい、ビートの情報が満載なんです。

 「この本は2006年の出版なのでいまから11年前。でもビートって1991年の発売ですから当時でもすでに旧いクルマではありました。だからなのか中古車バイヤーズガイド的な側面も持ちつつ、メンテナンスやリペアの詳細もあります。

 そして開発者へのインタビューなどビートそのものをじっくりと紹介しています。なかなかここまで幅広く、そしてオーナーも満足させられる1冊はないと思います。バランスのいい1冊です」とは清野さん。

 数あるビートの専門書のなかでも最新のこの本はオーナーなら必携間違いなし。ネオクラシックになりつつあるビートなら、今後さらにこの本の価値が出てくるはずだ。

濃厚すぎる内容はオーナーならずとも読んでほしい。メンテナンスのみならずビートの成り立ちもわかるのがまたイイのだ

次ページは : 【ベストカー連載でもおなじみの”あの人”の名著】

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ