お値段300万円の軽自動車!? フルカーボンの勇ましいコペン現わる

純粋な2シータースポーツモデルが減る国産車。そのなかでも軽自動車界で頑張る2大スポーツがある。それがホンダS660と今回紹介するダイハツコペンだ。硬派なS660に対して少し”カワイイ”イメージのあったコペンだが、ここにきてコペンを”硬派”なイメージにイメチェンするキットが登場した。お値段90万円のその豪華キットに迫ろう。
文:ベストカー編集部
写真:Dスポーツ

ベストカー2017年9月10日号


軽自動車に95万円ボディの価値は高し

2014年6月のデビューから早くも3年が経過し、ここのところいささか話題の少なかった軽オープン2シーター、ダイハツコペンのちょっと気になるニュースが7月18日に発表された。ダイハツ車のカスタマイズドレスアップパーツを専門に手がけているDスポーツから、コペン用のカーボン製ボディキット「COPEN 400 TDC」の発売がアナウンスされたのだ。価格は95万円(税抜き)で、9月から受注開始。30セットの数量限定発売となる。

カッチリとしたカーボンのキットは精悍な顔つきになる。コペンの脱着構造を活かしたモディファイだ

今回、用意されるキットはコペンローブ用のみだが、このカーボンパーツを装着すると、ややカジュアルなコペンのエクステリアがかなりスパルタンで精悍な印象に変わるのがおわかりいただけると思う。ガバッと開口部が大きく拡大されたフロントバンパーによって、スポーツモデルとしての印象度も強められている。なお、キットに同梱されるパーツ類はボンネットに前後フェンダー、トランクリッド、サイドステップ、前後バンパーだ。

通常、リアフェンダーはモノコックボディと一体化しているため、ボディを切断でもしないかぎり交換はできない。しかし、ご存じのようにコペンの場合はダイハツのドレスフォーメーション(脱着構造)を採用しており、前後フェンダーはボルトで固定されていることから簡単に交換できるというワケ。

また、ウインカーやヘッドライトなどの灯火類は、そのまま純正を利用できるのも大きなメリットだ。ご記憶の読者の方もいるかもしれないが、そもそも2年前の「東京オートサロン2015」のダイハツブースに出展されていたコンセプトカー、「COPEN Robe×TAMON DESIGN」が今回のキットの発端となっている。この時のコンセプトカーは「TAMON DESIGN」(本社・三重県多気町)がデザインを手がけ、エクステリアはワイド感と低重心を強調しており、オートサロン会場内でも来場者からの注目を集めていた。

カラーリングしているのでカーボンの織り目は見えないが、絶妙なクリア塗装などで存在を主張もできそう

大阪の技術が活きたほんまもんのカーボンや!!

今回のカーボンキットは、ベアリングの中核部品を扱う「中西金属工業」(NKC、本社・大阪市)による新製法の多軸織カーボンを全ユニットに採用しているのが最大の注目ポイントで、塗装されていない状態で納品される。このため、自分で好きなように元のカーボン地を見せたり、クリア塗装のみにしたりなどといった自由なカスタマイズが可能になっているのだ。

純正のコペンローブ、エクスプレイ、それにセロが850~870kgの車重だったのに対し、このキットを装着することでかなりの軽量化を見込めそうだ。それにしても車両本体価格が187万3800~210万6000円のコペンに対し、いかに高コストなカーボンパーツとはいえ、95万円というキットはなかなか思い切った価格設定だと思うのだが、ユーザー側の反応は果たしてどんなものだったのだろうか。

そこで販売元のDスポーツに確認してみたところ、受注開始は9月となるのだが、すでに多くのユーザーからキットについて問い合わせが入っているらしい。今回の販売は試験的に限定30台となっているが、反響次第では第2弾もあり得るという。

今年に入ってから月販200~300台と対前年比40~50%のレベルにまで落ち込んでしまっているコペンだが、こんなパーツが販売されているだけでもユーザーからしてみれば嬉しいもの。第2弾にも期待したい!

オートサロン出展時の様子。まさかこのままの姿で登場とは!!

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ