ランクル60や旧ハイエースが「中身最新型」で甦る リメイク中古車が熱い!!

 近頃、東京都内を走っていると「ピカピカのトヨタ ランドクルーザー60系」をしばしば見かけるようになった。

 60系とは、1980年から1990年まで製造販売された、今となってはちょっとレトロに見える(だからこそかわいい感じの)ランドクルーザーだ。

 だが、最終型でもすでに30年落ちとなるランクル60系にしてはあまりにもキレイだな……と不思議に思い、調べてみると、それらは全国に42店舗を構えるFLEXがプロデュースしている「Renoca(リノカ)」という「新車でも中古車でもないリノベーションカー」であるらしい。

 80系や100系ランドクルーザーに、60系のフロントセクションを移植するなどして作り上げたものなのだ。

 リノカとは果たしてどんなもので、いったいいくらで買えるのか? 中古車事情に詳しいライター、伊達軍曹が迫ってみた。


文/伊達軍曹
写真/伊達軍曹 FLEX
取材協力/FLEX

【画像ギャラリー】これはカッコいい! レトロな60系風に大変身したランクル80/100を写真でチェック!


リノカのランクルを実際に見に行ってみた!

ランクル100系をベースにランクル60系を彷彿とさせる外観の「106」。ヘッドライトは丸目と角目を用意し、グリルも含めランクル60系の正規のパーツを換装。 無理やり組み込むのではなくグリル周りを製作することでトータルで必然的なデザインを実現
こちらがベースとなったランクル100系(1997~2007年)
レトロでモダンな106。インテリアがランクル100系が誇るインテリアの高級感はそのままに保ち、外観の印象を反映させたシートカバー&張り替えラインナップを用意
こちらはランクル100系バンVXリミテッド

 さっそく、筆者はリノカのフラッグシップショップである「Reanoca世田谷店」を急襲。チーフの鈴木健斗さんに、リノカのことを根掘り葉掘り聞いてみることにした。

――ということで鈴木さん、「Renoca(リノカ)」のランクルって個人的にはめちゃめちゃカッコいいと思うのですが、巷の反応や反響は?

Renoca世田谷店 鈴木健斗さん(以下、鈴木さん) ありがとうございます。おかげさまで大好評でして、かなり忙しくさせてもらってます!

――リノカ事業を始めたのって割と最近なんですか? 今、世界的に“レトロな物”がウケてるということで。

鈴木さん いや、そうではなく、当社ではずいぶん前から「80系ランドクルーザーに60系のフェイスを移植し、内装の作り替えやオールペンも行って、全体を“懐かしい感じ”に仕上げる――というのをやっていたんです。

――そうなんですか?

鈴木さん そうなんですよ。で、それがずっと静かな人気だったのですが、ここ最近のレトロな物ブームの影響か、さらに人気が高まってまいりまして、それを受けて今から3年ほど前に、私どもが作ってきたクルマに改めて「Renoca」という名前を付けた……というのが正確な流れです。

――なるほど……。ちなみに御社のリノカって、遠目から外観を見たことしかないのですが、内装とかはどんな感じになってるんですか? ていうか、対象となるベース車はランクルの80系だけなんですか?

鈴木さん そのあたりは「百聞は一見にしかず」ともいいますから、とりあえず現車を見てみてください。

 例えばこれは、ランクル80系の最終モデルにRenocaオリジナルのランクル60丸目フェイス(新品)とメッキフロントバンパー(新品)を移植し、全塗装と足回り&タイヤ&ホイール交換等々を行ったものです。ただしこの個体の場合は、内装はノーマル状態です。

ランクル80を60系風にしたリノカ。ベースは80 4.5VXリミテッド。Renoca by FLEXランクルロクマル丸目フェイスキットを装着し、ベージュにオールペイント
こちらがベースとなったランクル80系

――サンドベージュっていうんでしょうか? この色と60系のフェイス、そして全体の雰囲気とがめちゃめちゃ合ってますね! リノカが対象としているのはランクルだけなんですか?

鈴木さん ほかに95プラドと、ハイエースもやってます。たとえばこのハイエース、ご覧になってください。

 「COAST LINES」というシリーズで、角目4灯フェイスに換装したうえでオリーブグリーン×ホワイトにオールペンし、その他もろもろの外装カスタマイズも施しながら、車内の後部はフラットベッドにもなるようカスタマイズし、木目フロアフローリング施工もしています。

ハイエースの”COAST LINES”。ベースはハイエース2.7GLロングミドルルーフGL。内外装にこだわり満載の一台。オリーブグリーンの外装に茶系でまとめた内装が渋い
セカンドシートの後ろは一面ベッドにもなる。4列目シートは4名掛け。前向き8名乗車可能
FLEXオリジナル内装架装”Ver.R”&茶木目フローリングフロア施工

――すげえいい感じですね……。

鈴木さん ハイエースだと、ほかにはこんな感じの内装も人気ですね。上質なソファに使われているレザーとファブリックでシートカバーを作ってまして、ブラウンのフロアマットも弊社のオリジナルです。

上質なソファに使われているレザーとファブリックでシートカバーを製作
フロアマットはFLEXオリジナル製品

――うおおおおおおお! このインテリア、超絶趣味がいい!!!

鈴木さん ありがとうございます(笑)。

――当然ながらこれらのリノベーションカーは、「内外装の見える部分をリノベしました」というだけでなく、いわゆる機関や足回りなどの整備も行われるわけですよね?

鈴木さん それはもう当然そのとおりです。「外はクラシカル。中は新しい」というのがリノカのテーマですから、古い世代のベース車両であっても現代の交通環境下で快適かつ安全にお乗りいただけるよう、万全のメンテナンスを施します。

完成車の価格はおおむね260万~400万円

ランクル100系ベースの106

――となれば、残る問題は「じゃあコレ、いくらで買えるんですか?」ということだけなんですが、ぶっちゃけおいくらなんですか?

鈴木さん リノカをご入手いただくには、大きく分けて3つの方法があります。ひとつは、私どもが仕上げたうえで販売している完成車をお買い求めいただくというやり方です。

 その場合、お値段は車種やリノベーションの深度によってさまざまなのですが、弊社公式サイトをご覧いただければおわかりのとおり、車両価格はおおむね260万円から400万円といったところです。

 中心となる価格帯は350万円前後でしょうか。これに加え、納車整備一式の費用として15万円(税別)を頂戴しています。

――すでに出来上がっている個体は、自分の好みに合う仕様がある場合は手っ取り早くていいですね。

 価格も、もちろん安かぁないですけど、内容とクオリティを考えれば「そんなモンでしょう!」と言うほかないプライスですし。そのほかの入手経路は?

鈴木さん もうひとつは、弊社の各店舗でベースとなるノーマル状態のランドクルーザー80または100、あるいはハイエースをご購入いただき、それを、さまざまなご相談しながら弊社でカスタマイズするという方法です。

 そしてもうひとつのやり方が、お客様がすでにお持ちのランクルまたはハイエースを弊社に持ち込んでいただき、これまたしっかり打ち合わせをしながら、好みの仕様に仕上げていくというスタイルです。

――その場合、つまり御社でベース車を買うか、または自分のクルマを持ち込む場合は、リノカ仕様にするのにいくらぐらい見ておけばいいんですか?

鈴木さん Renocaオリジナルのフロントセクションに換装し、そしてオールペンを行うというミニマムなカスタマイズの場合で、おおむね100万円ぐらいとお考えください。

 それにプラスしてタイヤ&ホイール、足回りを交換し、内装にもいろいろ手を加えて……というスタイルになると、これまた「どこまでやるか」によってお値段は変わるのですが、まぁ170万円から180万円ぐらいに落ち着くケースが多いでしょうか。

ノーマル状態から仕上げるには最低2カ月

ランクル90プラドをベースにした”アメリカンクラシック”。目指したのは「新しい」クラシックカー。中身は新しいけれども見た目はクラシカルなものがいい。そんな今日の声に応えるべく作り始めたという

――なるほど。これまたさっきの話と同じですね。「安かぁないけど、内容を考えればそんなモンでしょう」という。施工にかかる時間はどのぐらいなんですか?

鈴木さん そこは正直、ちょっとお待ちいただく必要が出てきてしまいます。というのもRenocaオリジナルのフロントマスク一式(フロントフェンダー等を含む)はご注文をいただいてからの生産になりますので、その生産にまずは約1カ月かかってしまうんですよ。

 そして施工はフロントガラスより前のボディパーツをすべて交換し、全塗装も行う関係で、これまた1カ月程度はかかります。

 そのため、ノーマル状態から仕上げるには「最低2カ月はかかる」とお考えください。登録作業等々の時間も考えますと、3カ月または4カ月ほどお時間を頂戴するケースもございます。

――あ、そうか。「ただフロントグリルとヘッドライトを交換してオールペンする」って話じゃなく、フロントセクション全部をいわば作り直すわけだから、そのぐらいはかかりますよね……。フロントまわりの部品の素材はなんですか?

鈴木さん フロントフェンダーはFRPですが、ボンネットは「鉄」です。ボンネットもFRPにしたほうが安上がりなのですが、それだと「安全」をお約束できないんですよね。

 強度の問題もございますし、下手をすれば高速道路を走行中にボンネットのフック部分が割れ、風圧でボンネットがバーンッと持ち上がってしまい、前が見えなくなる……なんていう可能性もありますので、弊社は「ボンネットは鉄!」ということにこだわってます。

――なるほど。確かに「ボンネットがFRP」っていうのはちょっと怖いですね。カタログを見ますといろいろなシリーズや車種があるようですが、一番人気は?

鈴木さん どれもそれなりにご支持を頂戴しているのですが、特に人気が高いのはランドクルーザー100系を、60系を彷彿とさせる外観に変えるという、その名も「106」でしょうか。

 100系の信頼性と快適性はそのままに、「懐かしい雰囲気」を味わうことができるということで今、かなりの人気となっています。

――旧車のデザインと雰囲気は好きだけど、ガチの旧車はちょっと怖いという人にはその「106」、かなり良さそうですね。ていうかワタシもそれ、ちょっと欲しいですよ! 

 では最後に鈴木さん、この記事を読んで「Renoca」のことが気になった人にひと言、メッセージをお願いします。

鈴木さん リノカの公式サイトにはカスタマイズのシミュレーターがありますので、そちらはぜひお試しいただきたいのですが、それと同時に「実物」をぜひ見てみていただきたいですね。

 こういったデザインというか雰囲気のクルマというのは、PCやスマホの画面で見るのと、現実にある背景や空気の中で見るのとでは、感じ方がやや異なったりもします。

 ベストなのは「街で実際に走っていたり停まっていたりするリノカを見る」ということなのですが、なかなかそうもいかないでしょうから、まずは弊社各店舗の展示場で、リノカの「実物」をご覧になってみてほしい。それが、わたくしの願いです。

――ほんと、決して回し者じゃないんですが筆者からも、ぜひ現物を見てほしいと言いたいですね。全員じゃないでしょうが、ハマる人にはかなりハマりそうなクオリティとセンスだと思いますので。押忍、本日はありがとうございました!

鈴木さん どういたしまして!

FLEXリノカのホームページはこちらをクリック!

【画像ギャラリー】これはカッコいい! レトロな60系風に大変身したランクル80/100を写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ