高額車は車両保険に入れない!? スーパーカーオーナーがぶつかると噂の保険の壁

 このところ、クルマ関連のニュースで話題になることのひとつに限定販売されるスーパーカーがある。

 超が付くほどの高性能と刺激的なスタイリングに加えて、極めて少ない販売台数によってプレミア性を高め、数億円という途方もないプライスながら、発表と同時に完売になってしまうことも珍しくない人気ぶり。これは話題性があり、我々庶民の関心を集めるから記事化されるのだが、購入しても乗り回すオーナーは少ないようだ。

 それは乗って見せびらかすために購入するのではなく、数年後に値上がりした時を見極めて売却して利益を得る投機目的で手に入れるから。富裕層の資産運用のひとつとしてスーパーカーは今や美術品と同じような部類になっているのである。

 実際にスーパーカーを乗り回すとなると、それはそれで色々と障害があるものだ。保管場所の確保から、実用性の低さをカバーする工夫(セカンドカーや公共交通機関の使用など)、そして自動車保険である。クルマを日常的に使う上で自動車保険は欠かせない。

 ところが、超高額なスーパーカーは自動車保険、取りわけ車両保険の加入が難しいというケースも珍しくない。それは何故なのか? 解説していきたい。

文/高根英幸
写真/HONDA、Adobe Stock

【画像ギャラリー】国産車でもある! 契約のハードルが上がる1000万円以上のクルマたち


■スーパーカーだけでなく 高額車両の保険加入は年々難しく

 車両価格が億に届くようなスーパーカーではなくても、ポルシェやメルセデス・ベンツAMGなどの高級ブランドでは2000万円を超える高額車は珍しくなくなっている。このあたりのモデルは自動車保険に加入しようとすると、1000万円以下のクルマよりも契約のためのハードルが高くなっているのだ。

国産車でも、ホンダ「NSX」(2420万円)や日産「GT-R」(1082万8400円~)といった高額車も登場している。オーナーになると、この問題に直面することになる

 こうした高級車を手に入れられるオーナーは経済的な余裕があり、保険会社のほうもウエルカムだと思われるかも知れないが、実際には保険会社の判断はシビアなものなのである。

「現在は大手保険会社もリスク細分型になっています。同じ車種でもグレードによって料率が大きく変わることも珍しくありません」。そう語るのは首都圏で保険代理店を営むSさんだ。高額車の保険加入を含め、最近の自動車保険事情を教えてくれた。

「現在は車両価格1000万円以上のクルマを保険に加入する際には、事前に申請する必要があります」(S氏)。

 通販型の自動車保険はそういった手続きがないため、保険契約を断られるケースも珍しくない。東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパンといった日本の大手損保会社は、ある程度の公共性を求められるため、リスクが高めの保険契約でも受け入れざるを得ないという部分があるのも事実なようだ。そのため保険料が割高に感じられることも多いのは、仕方ないという背景がある。

 通販型などのコストを優先した自動車保険は、リスクが低いユーザーを集めることに積極的で、リスクの高いユーザーは断られるか、保険料が跳ね上がり事実上、ほかの保険会社を選ぶよう仕向けられているようだ。

「それでもスーパーカーや旧車などは、保険契約を結べる割合が低くなっています。保険会社の支店ごとにリスクに備えた金額の設定枠があり、支店長決裁でその枠内で保険契約を結んでいるんです」(S氏)

 高額車両となると契約者の年齢や、車種による料率、自動車保険の等級といった通常の保険料を算出する要素以外にも駐車場の地域性や保管状態、直近の車種別リスクなどを勘案して、支店長がGOサインを出さなければ保険の契約ができない仕組みになっているそうだ。

■自動車保険は金融商品 リスクの大きさで保険会社の対応も変わる

 自動車保険は、ドライバーが交通事故のリスクに備えて加入しておくものだが、損保会社から見れば集めた保険料の中から保険金を支払うだけに、事故のリスクが高いドライバー、事故時の保険金の支払いが大きい契約は避けたいものだ。

 そもそも自動車保険を公共サービスのように捉えているドライバーが多いようだが、損保会社は銀行や信販会社、証券会社のような金融系の企業。交通事故のリスクをカバーする保険という商品を販売しているだけ、と考えておいたほうがいい。

 前述のとおり、リスク細分型自動車保険を扱っている通販型などの自動車保険の場合、車種やオーナーの条件により保険料を大きく差を付けて、リスクが高いドライバーは大手の保険会社を選ぶしかない、という誘導方法をとっているところも多いそうだ。

高額車両のほかにも、事故率の高い若いドライバーとスポーツカー、盗難率の高い車両は、保険会社としてもリスクが高いということで自動車保険料が高額になる(Jakub Krechowicz@Adobe Stock)

 しかし、そんなケースでも大手の保険会社で自動車保険に契約しようとして、断られてしまうケースも珍しくないようだ。やはりスーパーカーなどの高額車は、保険会社としては敬遠したいリスクなのだ。では、大手損保会社でも保険契約を断られたドライバーでも、保険代理店の力で契約できるようになったケースもあるのだろうか。

「ありますね。ウチのお客さんで生命保険とか、そのほかの保険も契約しているお客さんが、自動車保険の契約を断られそうになった時に、支店にウチの重要な顧客だからと説明して、何とか高額車両の保険契約を通してもらうこともしますよ」(S氏)

 本来、自動車保険の契約を断られるようなケースでも、代理店の努力によって保険に加入できるのは大きなメリットだろう。加入時だけでなく万が一、交通事故が起これば代理店は、保険を利用する手続きだけでなく、交通事故によって起こる面倒な手続きや交渉を手助けしてくれることも多い。

 通販型のほうが保険料が安いと自動車保険を切り替えるドライバーも多いだろうが、大手の損保会社の自動車保険、しかも代理店で自動車保険を契約することは、保険料は割高かもしれないが、イザと言う時には保険会社と自分の間に入って手続きをスムーズにしてくれるというのは見逃せないメリットだと言えるだろう。

 高額車両で自動車保険に加入できずに困った場合は、保険会社に直接問い合わせるだけでなく保険代理店、できれば知り合いなどの紹介で信頼できる代理店を探して相談してみるのも方法のひとつだということを覚えておいて欲しい。

【画像ギャラリー】国産車でもある! 契約のハードルが上がる1000万円以上のクルマたち

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ