暑くて死にそう なんとかして! 酷暑日に素早く冷やすエアコンの正しい使い方

 全国各地で猛暑日が続いている。陽射しの強さは最強レベルで、1時間以上日向に駐車していると車内の温度は70℃を超えることも珍しくない。

 クルマに戻ってハンドルを触ると「アチッチ」と火傷しそうになるほど危険な状態だ。

 そうなったら乗車して移動するのも大変。始動後すぐにエアコンからの冷風は吹き出し始めるが、車内全体が冷えるまでは、かなり時間がかかる。

 ではどうすれば早く車内の気温を下げることができるのか? モータージャーナリストの高根英幸氏が、酷暑日にエアコンを効率よく使って車内温度を冷やす方法を徹底解説する。

文/高根英幸
写真/高根英幸 ベストカーweb編集部
トビラ写真(Monika Wisniewska@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】炎天下ではエンジン停止後15分で熱中症危険レベルになる!


車内の温度が下がりにくいミニバンを使って実験!

気温35度を記録した猛暑日に屋外の駐車場に1時間半駐車した
駐車後1時間半で車内の気温は31℃から53.8℃まで上昇した

 35℃を超える酷暑日が続いている。こんな日に、外の駐車場に1時間以上も停めておけば車内の温度は50℃以上に達し、死の恐怖すら感じるほどのレベルだ。

 そこで、熱くなった車内をエアコンを使って効率良く冷ます方法をいろいろと解説していきたい。

 まずはエンジンを始動したら窓を全開にして、エアコンも外気導入で温度を最低にしてファンは最強にする。

 最初は冷気をシートに向けてシートを冷やし、シートが冷えてきたら室内の温度も少しは下がっているハズだ。

 最初に助手席の窓を全開にして、運転席のドア(窓は閉めたまま)を大きく4、5回開閉することで、室内の熱い空気を追い出すという方法もある。

 ただし、室内の広いミニバンでは、効果はそれほど望めない。それにあまり勢いよくドアを閉めるとドアやウインドウ周りを傷めてしまうクルマもあるので、注意が必要だ。

 だからといってゆっくり開閉したのでは、効果がないので実行するなら加減には気を付けたい。

 実際に炎天下にクルマを放置した後、車内の温度を計測しながら冷やしてみた。

ダッシュボードは日向に10分置いていただけで50℃を超えたが1時間半後には72℃に。エンジンを始動し、エアコンを冷房最強にして外気導入としてエアコン内の熱気を排出しながら助手席の窓を開け、運転席を5回開閉した。これだけで室温は5℃以上下がり、50℃を切った
エアコンダクトの温度は送風開始時は36℃だったが、10秒ほどで22℃まで下がった。このあたりは車種や気象条件などによって変わるが、まずはエアコン内部を冷やすことも大事だ

 もし近くに日陰があるなら、この少し室内が冷えた時点で日陰に移動し、ドアを開けて熱気を逃がすといい。

 日陰がなければドアやリアハッチなどを全て開け、熱気を追い出してやろう。エアコンだけに頼らず、自然風を利用するのは燃費と時間の節約になる。日陰に入れるのは、それ以上クルマを熱することを防ぐことになるのだ。

シートが冷えたのを待って日陰に移動。ドアとリアハッチを開けて熱気を追い出す。その後リアドア、フロントドアを閉めてエアコンからの冷風でリアハッチから熱気を排出させるようにした。ここまでエンジン始動から10分弱。室温は40℃まで下がり、さらに2分後には38℃まで下がった

 空気というものは断熱効果が高く、直接冷やしたり暖めたりするのは結構難しい(だからエアコンの素晴らしさが理解できるだろう)。

 内装などが熱いままでは、なかなか室温全体を下げることは難しいから、空気を入れ替えたら、内装を冷やすことを心がけると、効率良く室温を下げることができる。

 エアコンはダクト内部の熱気を追い出し、ダクト内の温度を下げることで、より冷たい風を作り出すことになる。

 だから最初は外気導入でエアコンのシステム自体を冷やし、エアコンが冷えれば車内の熱い空気を冷房の空気と入れ替えることで、室内の熱気を追い出してやるといい。

 40℃くらいまでは比較的外気温より少し高いくらいになったらリアドアを先に閉めて、フロントからリアハッチへと空気の流れを作って熱気を追い出すのも効果的だ。その後ドアを閉め、内気循環でファンの強さを少し下げる。

 風が強い方が速く室内が冷えると思う人も多いだろうが、前述の通り空気は冷えにくいので、風量を最大にしていると充分に冷やしきれないままダクトへと送り出されてしまう。

 空気の入れ替えが完了して内気循環にしたら、ファンの速さを少し落として風量を絞った方が風は冷たくなるので、乗員にとっても快適だし、速く車内を冷やすことにもつながるのだ。

 車種によって最適なファンの速さはあるだろうが、こうした傾向は共通している。

アイドリングで停止している状態ではエアコンダクトの温度は内気導入でもファンを最大にしていると20℃程度、1段ファンの速度を弱めると17.9℃まで下がった。さらにファンを弱めると15℃まで下がったがこれでは風量が弱く周囲の熱を集めてしまうので室温を下げる効果は薄い

 シートやステアリングなどが冷えたら、走りながら室内を冷やす方が燃費にも移動時間のロス削減にも役立つ。

 アイドリング状態では、コンプレッサーの回転もゆっくりで冷媒の圧力も上がり切らないし、電動ファンだけでコンデンサーを冷やしているから冷媒の冷却も充分ではない場合もある。

 走ることでエンジン回転は上昇してコンプレッサーの回転も速くなって冷媒をどんどん圧縮してくれるし、走行風でコンデンサーも冷やされるから、グングンとダクトからの冷風は冷たくなっていくハズだ。

アイドリングで停止中ではエアコンの冷房能力も限られる。そこで、40℃を切った時点で駐車場を出て、一般道を走行しながら室内を冷やした。ダクトの温度は8℃まで下がった
1500rpm程度の巡航でもアイドリングと比べればコンプレッサーは2倍の速さで駆動されており、走行風によってコンデンサーは冷やされ、冷房の能力は格段に向上する。ダクトの温度は8℃まで下がり、室温は33℃まで下がった。ここまでエンジン始動から30分ほどを要した

 なお室内に噴射して気化熱で冷やすスプレーもシートやステアリングを直接冷やすなら効果はあるが、可燃性のガスを使っているモノもあるので、取り扱いには注意が必要だ。実際に爆発事故も起きているのだ。

 2020年8月19日、広島県福山市で突然信号待ちのトラックが爆発。車内で冷却スプレーを使った後にタバコに火をつけ、充満した冷却スプレーに引火したのが原因だった。

 熱さを我慢できるのであれば、車内の熱い空気を追い出した後で、すぐに走り出し、ダクトから吹き出る冷風が冷えてきたら内気循環に切り替えて、エアコンシステムの冷房能力をフルに引き出してやる方法が一番早く冷やす方法だ。

 ただし、室内の気温は下がっても、内装の熱は下がり切っていないから、身体が接する部分や近くにあるモノからの熱気はなかなか収まりにくい。

 程度問題だが、内装があまりに熱い状態で乗り込んで走るのは、不快だし危険なので気を付けよう。

エアコンのメンテナンスで冷却効率を高める

 エアコンのフィルターが目詰まりしていれば、風量が落ちて冷暖房の効率が落ちるのは、家庭用エアコンもカーエアコンも同じだ。定期的にフィルターの清掃や交換をするだけでなく、コンプレッサーもメンテナンスが必要だ。

 コンプレッサーオイルは慴動(しゅうどう。滑らせて動かすこと)によって劣化減少し、シール部分からもわずかずつ蒸発していく(それによって気密性を保っている)から、定期的に補充する必要がある。

 といっても2、3年でなくなるものではないし、組み付け時以外は残量が分からないのが難点だ。量が多過ぎるとコンプレッサーを壊してしまうことにもつながるから、入れ過ぎには注意したい。

 またコンプレッサーオイルを継ぎ足すのであれば、単なるオイルではなく、フッ素などコンプレッサー内部の摩擦抵抗を軽減してくれる添加剤が入ったモノを選んだ方が、コンプレッサーの長寿命化や燃費向上につながる。

 少々高くても、高性能なコンプレッサーオイルを選んだ方がトータルで見ればお得なのだ。

 また充填にはクーラーガスを利用しているので、少しガスの圧力が足りない程度なら、冷房の効きが良くなる効果も望める。

エアコン回りが壊れたらいくらかかるか頭に入れておこう!

エアコンが正常に作動しているか、1万5000円前後で診断をしている業者もある(写真/isara@adobe stock)

 そもそも冷房の効きが悪いのなら、それはエアコンが壊れかけている、ということだ。

 毎年夏になるとクーラーガスを継ぎ足しているようなら、それはエアコンシステムのどこかから冷媒が漏れているパンクしたような状態。

 漏れている箇所を特定するケミカル剤もあるので、整備工場などで調べてもらい修理費用と毎年のクーラーガス代を天秤にかけて、修理や買い替えを検討した方がいい。

 エアコンが冷えないという現象は、これら冷却回路を構成する部位のいずれかに不具合が起こったために起こる現象で、もっとも多いトラブルが「ガス漏れ」だ。

 動かない家の壁に固定されている「家庭用エアコン」とは異なり、「カーエアコン」には様々な振動が加わる。

 特に、システムの要となる「エアコン・コンプレッサー」はエンジンの回転力で動作(ハイブリッド車では電動化されている)するため、エンジン側面に固定されており、走行時にはエンジンの振動の影響をモロに受ける。

 このため、ボディ側に固定されている「コンデンサー」との接続にはゴムホースが利用されている。

 が、走行時その「コンデンサー」などにも路面からの振動が加わるため、配管接続部からの漏れを生じやすい。

 しかも、ゴムのOリングでシールされた断続可能な箇所が9~10。ゴムホースのカシメ部位が2箇所とかなりの数。それだけ故障する確率も高くなる。

 このため、平成モデル以前のクルマは10年10万km前後でトラブルことが多かった。各部の耐久性が格段に向上している平成以降のモデルも使用条件によっては10万km前後でトラブルこともあるが、メンテをキッチリ行っていれば14万~15万kmは走れる。

 さて、「冷媒(フロンガス)」が漏れてしまった場合、とりあえず「フロンガス」を補充すれば冷えるようにはなる。カー用品店やスタンドでも行っており、費用も3000~5000円と比較的手軽だ。

 しかし、冷却経路内には冷媒ガスと共に潤滑用のオイルも封入されている。ガス漏れを起こした場合、程度の差こそあれ、その「コンプレッサーオイル」も漏れ出している可能性があり、「フロンガス」の補充で冷えるようになったとしても潤滑油不足で「エアコン・コンプレッサー」が焼き付く危険がある。

 さらに、どこから漏れたのかという根本的な問題も解決されていないため、1年も経たずに漏れて効かなくなる可能性も高い。

 もしガスを補充してもエアコンが効かない時は亀裂が起きている可能性が高い。その場合、高圧ゴムホースや金属パイプなどから漏れていないか点検し、ガス漏れ修理を行う必要がある。

 このため、新車に乗り換えるために「1シーズン持てば良い」ということでない限り、電装系の整備を専門に行っている「電装整備工場」に点検・修理を依頼したほうがよい。

 冷却回路内に残っている「フロンガス」を回収して修理した上で、既定量の「コンプレッサーオイル」と「フロンガス」を補充となるため、安くとも2万~3万円の費用がかかるが、長く乗るつもりでいるなら結果的には安上がりだからだ。

 例えば「エアコン・コンプレッサー」が焼き付きてしまった場合、「冷媒」と共に削れ落ちた金属カスが冷却回路内の隅々までに回ってしまうため、冷却回路を構成するパーツのほぼ全取っ替えとなり、そうなるとクルマによって大きく異なるが、10万~30万円という高額の修理代がかかる。これが要因となってクルマを乗り換えてしまうケースが多々あるので注意したい。

■エアコンの修理費用(工賃込み)
ガス補充/約3000~5000円
ガス漏れ修理/約2万~3万円
エアコン・コンプレッサー交換/約5万~10万円
ファンモーター/約4万~5万円
エバポレーター交換/約5万~10万円
エキスパンションバルブ交換/約2万円
エアコンフィルター交換/約2000~5000円(年1回交換)
サーモスタット交換/約1万円
※価格は車種によって異なりますので目安としてください

 次に起こりやすいのが、「冷媒」の循環を担っているエアコン・コンプレッサー回りのトラブルだ。

 エアコン・コンプレッサーの駆動力はベルトを介してエンジンから伝達されており、そのベルトの張りが緩んでスリップするといった不良は、即エアコンの作動に影響する。当然、コンプレッサー本体の取り付けが緩んでいてもダメだ。

 また、駆動ベルトがかかっているコンプレッサー側のプーリーには「電磁クラッチ」が装備されていて、駆動力を断続(エアコンシステムによって動作を制御されている)できる構造になっている。

 制御回路の途中には「リレー(電磁スイッチ)」も設けられている。このどちらか一方が故障した場合、駆動力が伝達されなくなるためエアコンは動作しなくなる。

 A/CスイッチをON/OFFすると、作動時には「カチッ」という作動音が聞こえる。この程度は素人でも確認できるので、気になったら確認してみるとよい。

渋滞時に冷房の効きが鈍った場合、どう対策する?

写真のように、外気導入と内気循環は手動で切り替えられるが、この使い分けは特に夏場などで重要になってくる

 渋滞時には冷房の効きが悪くなることがある。これには大きく分けて3つ、原因がある。

 1つめは真夏の渋滞はクルマから発生する熱が周囲に拡散しにくくなり、クルマの周囲の気温があがってしまう。

 これにより車内に取り入れて冷やすための空気が熱くなってしまうため、吹きだし口の温度が上昇してしまうのだ。

 エアコンは吹き出す空気の温度を設定できるとはいえ、あくまでも冷房の能力の範囲に限られる。対策としてはエアコンを内気循環にして、ある程度冷やされた車内の空気を再び冷やすようにすることだ。

 2つめは渋滞中はエンジン回転数が低い状態が続くため、コンプレッサーの稼動も充分ではない。

 これは変速機のギアをシフトダウンすることで回転を上げることもできるが、燃費が悪化するし、エンジンの冷却水の水温が上昇するなど真夏には避けたいリスクにつながる。解決策としては、別のルートを選択したり、休憩をとって渋滞から

 3つめは、1つめと同じく真夏の渋滞中、クルマの周囲の空気は非常に高温(東京の環八では50℃を超えて上空に雲ができることも)なため、冷媒を冷やすコンデンサーが充分に冷やされず、冷房としての機能が低下すること。

 車間距離を短くしてしまうと前車の熱気をまともに吸い込むことになってしまうので、適切な車間距離を保つのは、冷房を効かすためにも必要なのだ。

【画像ギャラリー】炎天下ではエンジン停止後15分で熱中症危険レベルになる!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ