「ホンダS2000」という奇跡 なぜ復活待望論が叫び続けられるのか


 ホンダシビックタイプRやスズキスイフトスポーツのフルモデルチェンジ。そしてトヨタのスポーツカーブランド「GR」の立ち上げなどクルマ好きの心を大きく刺激するスポーツカーの話題が多いのは朗報だ。

 しかし、その中にピュアスポーツが存在しないことに、やや残念に感じているクルマ好きも多いのではないでしょうか。

 日本自動車界が絶頂期にあった1980年代〜90年代には多くの刺激的なスポーツカーが世に出ましたが、2000年代にはまた多くのスポーツカーが生産中止となりました。

 そんななかでもひときわ輝く金字塔、いまだに多くのファンが復活を望む、ホンダS2000について振り返ります。

文:大音安弘


■祝50周年記念車はホンダイズム爆発のスポーツカー!

S2000

 ホンダS2000は、本田技研工業設立50周年を記念して、1999年に発売された本格オープンスポーツカーだ。

 S800以来、29年ぶりに送り出されたFRモデルは、優雅なロングノーズの古典的なオープンカーのシルエットを与えながらも、中身と性能は、ホンダ伝説の始まりとなるオープンスポーツ“S”シリーズの名を継承するに相応しいホンダ渾身のピュアスポーツへと磨き上げられていた。

 約6秒で開閉可能な電動ソフトトップを備える優雅さとは裏腹に、クローズドボディ同等以上のボディ剛性実現するために専用開発の骨格構造「ハイXボーンフレーム」を採用。

 鍛えぬいたボディを活かす高い応答性を叶える足回りには、前後ダブルウイッシュボーン式サスペンションとし、トルクセンシングタイプLSDを標準搭載。

 軽量化にも十分に配慮し、ボディ重量を1240kgに抑え、前後50:50の理想的な重量配分を実現していた。

■驚異のNA!専用開発のパワードバイホンダ

 パワーユニットもホンダイズム爆発!新開発の2.0L直列4気筒DOHCエンジンのF20Cは、ホンダ自慢のVTECを搭載することで、自然吸気エンジンながら、リッター125PSとなる最高出力250ps/8300rpm、最大トルク22.2kgm/7500rpmを発揮。

 最大許容回転数は、9000rpmと、恐ろしく高性能なエンジンだった。後に後期型では、扱いやすいように、ストロークを拡大することで0.2LスープアップさせたF22Cに換装されている。

 このエンジンのスペックは、最高出力242ps/7800rpm、最大トルク22.5kgm/6500rpm~7500rpm。最高許容回転数は、8000rpmに抑えられており、デチューンともいえる。

 それだけ、F20Cが性能重視の飛びぬけたエンジンだったことを物語っている。トランスミッションもクロスレシオ化されたショートストロークの専用6速MTを搭載しており、ホンダファンだけでなく世界中のスポーツカー好きを虜にした。

次ページは : ■スポーツカーとして最後まで進化を続けた