日本上陸も!? ヒュンダイの本命SUV「サンタフェ」の魅力とは??


 韓国の自動車メーカー最大手であるヒュンダイ(現代自動車)。日本市場へは、2001年に参入し「ヒュンダイを知らないのは日本だけかもしれない」というコピーで話題となったが、わずか10年で撤退となってしまっていた。

 しかし、2019年の世界新車販売台数では、VWグループ、トヨタグループ、ルノー・日産・三菱アライアンス、GMグループに続き、グループ全体で第5位にランクインしており、昨今は優秀なクルマが多く輩出されている。

 そのヒュンダイが日本市場へ再進出するのではないか、というニュースが先日報道され、いまにわかに注目を集めている。

 数あるヒュンダイのラインナップの中でも、ミドルクラスSUVの「サンタフェ」は、世界戦略車として、広く世界中で販売されているクルマだ。ヒュンダイが日本市場へ再参入するとなれば、このモデルは必ず導入されると思われる。

 今回はこの「サンタフェ」とは、どういったクルマなのか、ご紹介していく。

文:吉川賢一
写真:HYUNDAI

【画像ギャラリー】こんなにたくさん!! ヒュンダイのSUVラインナップをギャラリーでチェック!!


目を見張る進化を遂げた

 2008年に日本市場撤退をしたヒュンダイだが、多くの方が「そうだったんだ」という程度の印象であろう。しかしその印象は、すぐにでも書き換えた方が良い。ヒュンダイ車は、2010年ごろを境に、目を見張る進化を遂げており、世界的にも認められる存在になりつつある。

 ヒュンダイには、SUVモデルが複数車種ある。サイズの大きな方から、パリセード、グランド・サンタフェ、サンタフェ、タクソン、クレタ、コナ、そして最もコンパクトなヴェニューと、トヨタ顔負けのSUVフルラインアップだ。

 どれも、スタイリッシュで機能的なデザイン、そしてクルマの作りも十分に高く、コストパフォーマンスも良いことから、日本車メーカーも見習うべき点が多々ある。

 サンタフェは、韓国や北米、欧州市場で販売されている、5人乗りのミドルクラスSUVだ。現在発売されているサンタフェは4代目にあたり、2018年にモデルチェンジをうけている。

現在発売されているサンタフェは、2018年にモデルチェンジをした4代目

ハイブリッドやPHVも計画されている

 サンタフェのボディサイズは、4770×1890×1679(全長×全幅×全高mm)、トヨタRAV4(4610×1865×1690)よりも160ミリ長く、幅は35ミリほど広い。ホイールベースは2765ミリであり、RAV4(2690)よりも75ミリ長い。

 エクストレイルやCR-V、そして、VWティグアンやアウディQ3、Q5、メルセデスGLA、GLB、GLC、BMW X3など、世界中の自動車メーカーが覇権を争っているミドルサイズSUVに分類される。

ホイールベースは2765ミリであり、RAV4(2690)よりも75ミリ長い

 パワートレインはバリエーションが非常に多い。ガソリンエンジンは、2.4リッターのGDi(188ps/24.6kgfm)と2.4MPi(172ps/22.9kgfm)、3.5リッターのMPi(280ps/34.3kgfm)、そしてディーゼルエンジンは、2.2リッターのCRDi(200ps/45.0kgfm)だ。これらに、6速もしくは8速ATと、6速MTが選べる。

リアスタイルは引き締まっており、なかなかカッコよく見える

 ただし、国ごとに投入モデルは変えており、たとえば北米市場には、2.4リッターガソリン仕様と、2.0リッターのターボモデルも用意している。価格は、2万6275ドル(SE:日本円で約275万円)~3万7875ドル(Limited 2.0T:約396万円)だ。

 なお、ヒュンダイによると、今後登場する2021モデルでは、1.6リッターのハイブリッドモデルの登場が予定されており、将来的には、PHVモデルも追加する計画だという。

次ページは : 2021モデルではフロントフェイスが進化!!

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ