日本上陸も!? ヒュンダイの本命SUV「サンタフェ」の魅力とは??

 韓国の自動車メーカー最大手であるヒュンダイ(現代自動車)。日本市場へは、2001年に参入し「ヒュンダイを知らないのは日本だけかもしれない」というコピーで話題となったが、わずか10年で撤退となってしまっていた。

 しかし、2019年の世界新車販売台数では、VWグループ、トヨタグループ、ルノー・日産・三菱アライアンス、GMグループに続き、グループ全体で第5位にランクインしており、昨今は優秀なクルマが多く輩出されている。

 そのヒュンダイが日本市場へ再進出するのではないか、というニュースが先日報道され、いまにわかに注目を集めている。

 数あるヒュンダイのラインナップの中でも、ミドルクラスSUVの「サンタフェ」は、世界戦略車として、広く世界中で販売されているクルマだ。ヒュンダイが日本市場へ再参入するとなれば、このモデルは必ず導入されると思われる。

 今回はこの「サンタフェ」とは、どういったクルマなのか、ご紹介していく。

文:吉川賢一
写真:HYUNDAI

【画像ギャラリー】こんなにたくさん!! ヒュンダイのSUVラインナップをギャラリーでチェック!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ